bunto_book_badge基本を学ぶ

日本史の基礎的な知識をつけたい高校1年生と高校2年生を対象にしています。高校3年生であっても、教科書以外に基本書が欲しいという場合に適しています。

bunto_book_badgeキーワードのつながりを意識して

本書は教科書よりも詳しく、加えて読み易く書かれているので、日本史の受験対策のとっかかりとしてピッタリです。一問一答のようなキーワードは覚えているけれど、それぞれのキーワードがどのように繋がっているかが心もとないという人は、本書を読むことによってその繋がりが理解できるはずです。

学び舎東京PLUS
「受験のパーソナルトレーナー」と二人三脚で合格を目指す特別なコース 無料体験はこちら
PR

bunto_book_badge臨場感たっぷりの解説

あたかも日本史の講義のその場で受けているかのような細かい解説が特長です。やみくもに細かい説明を加えているわけではなく、できるだけシンプルに解説してくれているところが人気の理由でしょう。重要な箇所は赤字や太字で表示されているので、文章が多いにも関わらずサクサクと読み進めることができます。

bunto_book_badge別冊でチェックしよう

別冊に「ポイント・チェック」という穴埋め問題が付いているので、自分の理解度を確認しながら読み進めることができます。ただ読むだけでは頭に入らないという人も、穴埋め問題があると思えばしっかりと取り組めるのではないでしょうか。一周したら、赤ペンで書いて赤シートで隠せるようにしても使いやすいでしょう。

bunto_book_badgeしっかり読んで取り組む

未習の人の場合は、①通し読み②しっかりと理解しながらに注意して読む③用語を覚えるつもりで読む、という順序で学習しましょう。マーカーなどで線を引きながら読むと、読み易くなるはずです。既習の人は②か③のステップから始めましょう。試験前には別冊のポイント・チェックに取り組むとよいでしょう。


京都大学法学部4回生。私立神戸女学院高等部卒業。合氣道同好会と美術部に所属。京都大学のiCeMsやカラスマ大学の活動にも参加。オンライン塾講師も経験。