bunto_book_badge日本史の大まかな復習に!

この本を使うのにおすすめなのは、日本史の細かい用語をなかなか覚えられず苦手意識を持っている人です。日本史の範囲が広すぎて、それぞれの時代の大まかな流れを忘れてしまっている人。教科書の難しい文面に拒否反応が起こる人などに有効でしょう。使用時期は、高1などの日本史学習のはじめや、高2,3などの通史を習い終えて復習を始めたい時期におすすめします。知識としては最低限のことしか載っていないので、基礎固めとして使いたいですね。

bunto_book_badge教科書の100倍優しい!

久々に日本史の勉強するか…そう思ってしぶしぶ教科書を開いてみると、おカタイ用語がずらずらと並んでいて、ちっとも頭に入らない。やっぱやってらんねーよ、と本をポイ。そういった経験はありませんか。そんな日本史ギライのあなたにオススメなのが、この本です。
優しく語りかける口調は、まるで脳内で先生が日本史の授業をしてくれているかのよう。流れが図式化されてたり、イラストがあったりするので、すらすら頭に入って来ます。特に近代史編がおすすめです。

bunto_book_badge細かい用語を覚える前に、読んでおきたい!

この本は、細かい知識はあまり載っておらず、「歴史のストーリーの流れ」と、「事件の因果関係」について述べられています。大枠を理解するための本です。なので、内容は最小限の重要な事項だけにとどまるので、これ一冊でセンター・論述OKというわけではありません。基礎固めや復習に最適な本となっています。

uemura965-ec
3ヶ月でTOEIC965点到達! "第二言語習得研究 × パーソナルトレーナー" なら英語力は伸ばせる!
PR

bunto_book_badge詰め込みなんて意味がない!納得しながら覚えよう!

人間の脳は、時期に応じた使い方があります。小さい頃はただただそのままの情報を暗記するのに向いていますが(小学生がすぐ九九を覚えられるのもこのためだ)、高校生くらいになると、「納得しないと覚えない」ようになるのだそうです。ただただ理解せずに知識を詰め込む方法は、もう高校生のあなたには向いてないのかもしれません。
この本で、「なぜ」「どういった流れで」歴史的事件が起こったのかをしっかり理解しながら覚えてゆきましょう。

bunto_book_badge自分でも説明できるようになれば完璧!

まずはこの本でおおまかに流れを理解してから、山川教科書で細かい用語を補充するのが理想的な活用法です。この本は、さらに詳しい教科書や資料集とセットで一番力を発揮します。
また、応用編として、「授業ごっこ」というものも。この本を読んでから、「はい、今日は◯◯時代を解説しまーす」とか言って先生になりきって、歴史の流れや「なぜこの事件が起きたのか」などを友達に対して説明してみるのもよいでしょう。これは本当に、驚くほど頭に残ります。ただ無言で読むだけでなく、自分で喋ってみることで、何倍も記憶に残りやすくなります。友達がいなかったらペットやぬいぐるみ相手に説明してもよいです!


京都大学教育学部。和歌山県和歌山市出身。県立向陽高校卒業。教員を支える Web 事典「EDUPEDIA」の関西リーダーとして、日々学校現場を駆け回り、面白い授業を全国に発信している。