日常学習から受験まで、私大入試の必需品!

普段の授業で疑問に思った用語を調べる用語辞典として、また主に早慶、MARCH、関関同立などの難関私大を志望する受験生が、日本史用語を覚え込むためのツールとして活用できます。日常学習から入試直前まで利用できるでしょう。

優先順位を決めてメリハリある学習を

日本史の主要11教科書に掲載されている用語を、時代別に整理しまとめています。理解するために必要な解説が簡素に添えられているのが特徴。さらに嬉しいのは、教科書に登場する頻出度が①~⑪で明示されていることです。日本史では「どこまで覚えればいいの?」というのが常に悩みのタネになりますよね。この頻出度を参考にしながら、どの用語まで覚えておけばよいかの目安にするとよいでしょう。

mtp-ec
苦手だった英語でほぼ満点を取って国立千葉大学医学部に現役合格した話。
人気記事

そのまま入試問題になることも?

特に近現代史では、出来事が起こった年を1年単位で覚えておく必要があります。教科書を参考にして年号を探そうと思うと、本文をくまなく読まなくてはならないので手間がかかるもの。しかし用語集を活用すれば、一目瞭然で何がいつ起こったのかが分かりますよね。また難関私大でよく出題される正誤問題なども、この用語集を読めば正誤判断の基準がよくわかります。実際に、この用語集の説明がそのまま入試問題に使われている、なんてケースもあるくらいなんです!

用語を関連させて覚えれば、難関私大も恐れることなし!

早慶をはじめとする難関私大では「こんな言葉、教科書のどこに出ていたの?」というような、細かい用語が出題されることがあります。実際に、自分が使っている教科書には載っていないけど、他の教科書には載っているという用語もあったりしますから、これは悩ましい問題です。そんなときにこの用語集を使えば、教科書に登場する頻度が低い用語も掲載されていて、しかもきちんと説明されていますから、その周辺にある教科書によく出ている重要な用語と関連させて覚えることができます。こうして他の用語と結びつけて覚えておけば、マニアックな難関私大の問題と言えど、恐れるには足りません!

気になる用語に出会ったらこまめに引いてみよう!

まずは学校の授業で聞いた日本史用語の意味を確認するために、辞書として活用してみるとよいでしょう。特に近現代史では、教科書の説明を読むだけでなく、その背景をしっかりとつかんでおかねばならないものが多くあります。そういうときに、この用語集でそれぞれの用語の概要を理解しておくとよいでしょう。入試対策としては、まず赤字で掲載されている用語をすべて覚え、その上で黒字の用語も覚えていきましょう。特に難関私大志望者は頻出度が⑤をきるものまでしっかりと押さえておきましょう。