bunto_book_badge最短距離で全体図を把握

本書の対象は、日本史の全体図を大まかに掴みたい受験生です。未習の人はもちろん、既習の人も全体の流れを整理することができます。特に日本史の学習に割ける時間があまりなく、最低限の知識を最短で詰め込みたいという人にはうってつけ。

bunto_book_badge試験直前に流れを頭に入れる

日本史の各分野についての重要知識を短期で確認することを目標につくられた参考書。コンパクトにまとめられているので、一気に日本史の流れを頭に入れておけます。
試験直前にこれだけ覚えておけば失敗はしない、という内容なので定期試験や模試の前に読み返しましょう。

mtp-ec
苦手だった英語でほぼ満点を取って国立千葉大学医学部に現役合格した話。
人気記事

bunto_book_badge情報をぎゅっと濃縮、骨組みが固まる。

見開き1ページで教科書の1分野を解説。次の見開き1ページに短文の穴埋め問題集「スピード・チェック」が載っている構成。
ページ数としてはかなり少ないですが、必要な情報量がぎゅっと詰まっています。本書をしっかりと学習すれば、日本史の骨組みが固まり、その後の学習がスムーズに進むはずです。

bunto_book_badge実戦的な得点力養成

一問一答は全体の流れが見えにくいため、覚えたはずの知識でもいざ試験で出題されると「知っているけど、解答できない」という事態に陥りがち。
本書であれば全体を俯瞰しながら、細かい用語を追っていけるので、実戦的な得点力が身に付きます。言い換えれば、マクロな視点とミクロな視点両方から学習が可能であるところが本書の強みです。

bunto_book_badge穴埋め以外も大切に!

ページ数が少ないので、未習の人も既習の人も解説をしっかりと読み込みましょう。未習の人は本書だけでは少し分かりづらいところもあるので、教科書や講義系の参考書で補足しながら進めると良いと思います。
しっかりと内容を追えたら、「スピード・チェック」に取り掛かりましょう。また、「スピード・チェック」では穴埋め以外のところでも重要な語句が度々登場するのでマーカーなどを引いておけば、より充実した参考書になります。