押さえておくべき政治経済の1冊

センター試験で政治・経済、もしくは倫理・政治経済を受験する受験生が主な対象です。
分かりやすく書かれているので予備知識は一切必要ありません。政治経済の勉強をしようと思い立ったその日から使い始めることができます。最低でも高校3年生の夏休み中には一通りしていることが望ましいです。センター直前にも重要なところや苦手なところを復習するために使えるので使用時期はかなり幅広いものとなるでしょう。

政治経済の知識の土台固めに最適

センター政治経済の全範囲を丁寧に解説しています。政治経済の網羅的な参考書は少ない上に難しめのものも多いので、この1冊は覚えておくべきです。

tonaki-mjtp-ec
受験にこそパーソナルトレーナーを。4年間、一次試験すら通過できなかった僕が『医学部合格』を勝ち取れた理由
人気記事

読みやすい、だから勉強しやすい

とにかくこのシリーズの参考書は読みやすいことが大きな特徴です、それゆえ範囲が広い政治経済のような科目を勉強するとき、スラスラと読めることで知識が頭に入ってきやすいのです。また重要な単語は赤字になっており赤シートで隠せたり、それ以外にも黄色マーカーで重要な箇所は強調されているので、学校の教科書よりメリハリをつけて読み進めることができるところも魅力のひとつでしょう。

ノートやコラムは必見!

本編以外のところでも、文章だけでは分かりづらい範囲に関しては、改めてノートのようにまとめられていて大まかな内容を理解できるようにされています。試験前などはここをさらっておくと良いでしょう。また面白コラムも載っており、政治経済の少し深堀りした内容から、全く勉強に関係ない話までさまざまなので、理解を深めるために読んだり、息抜きにしたりして活用していきましょう。おススメのコラムは9浪した弁護士の友人の話です。

流れを理解→ピンポイントで単語を覚える!

勉強方法としては1周目は全体のおおまかな内容を把握するべく、さらっと全体を読みましょう。その上で2周目に重要な箇所や単語を覚えることを意識してもう一度読みましょう。
また2周目には各章ごとにセンター試験の問題が載っているので力試しとして解いてみて、間違えたところがあればそこをすぐに復習しましょう。
「蔭山のセンター政治・経済 ポイント&キーワード」と並行して学習するとより効果的です。