『センター試験への道 世界史 問題と解説』

出版社:山川出版社

icon_subject

assocbutt_or_buy._V371070157_

烏丸学び舎
少人数制、個別指導。あなたのための”医学部・難関大専門”予備校が、四条烏丸にあります。
PR

bunto_book_badgeセンター試験そっくりの出題形式

センター試験対策に特化した問題集です。センター試験を受験する高校3年生などにおすすめ。一通りの知識を押さえた上で、出題形式への慣れを含めた本格的なセンター試験受験の準備を始める時に手に取ると良いでしょう。センター試験と同じ形式、傾向で問題がそろっています。

bunto_book_badge知識を整理しながらすすめよう

重要トピックごとにまとめられているので、単なる演習を越えて、知識の整理に役立ちます。問題の横に、解説が併記されています。4択問題はただ答えを覚えるだけではほとんど力はつきません。しっかりと解説にも目を通しましょう。それだけでは足りない場合は、面倒がらずに教科書や資料集に立ち返ることも重要です。

bunto_book_badge知識同士の関連づけにも

単発的な知識を、入試に対応できる知識に変えるためには、知識の関連づけが重要です。模試などでうまく思い出せなかった問題、知識の手薄さを感じた分野については、きちんと復習を行っておくと良いでしょう。本書は、センター試験用の問題集ではありますが、トピックごとに学習しやすい構成になっています。

bunto_book_badge重要事項の総復習に

漫然と学習を進めていると、知識の抜け漏れが出てきたり、重要な部分がすっぽり抜けていたりするものです。世界史などの歴史系の科目は細かい知識で差がついてしまうものです。。実戦的な形式でしっかりと問題演習を行い、実力を把握しながら対策していきましょう。

bunto_book_badge自分の弱点を見つけてから学習

知識は一通り押さえたと思えるようになったら、まず実際のセンター過去問を解いてみて下さい。これは現状の実力を知るため。

本書は、その次のステップとして使用します。過去問で間違った事項や、それを含む時代については特に注意して学習すべきです。これを一冊やり終えたらかなりの実力がついているはず。

そうなれば、センター予想問題や手つかずの過去問などに取り組んで、最後の穴を埋めて下さい。


京都大学法学部4回生。私立神戸女学院高等部卒業。合氣道同好会と美術部に所属。京都大学のiCeMsやカラスマ大学の活動にも参加。オンライン塾講師も経験。