bunto_book_badgeセンター世界史を効率よく勉強したい人へ

世界史の学習が一通り終わった頃がオススメの使用時期です。センター試験ならこの参考書だけで90点以上を十分に狙うことができます。二次試験で論述が重点的に出題される人はこれだけでは対応できないので、別途論述の対策を行うことをおすすめします。

bunto_book_badge世界史の最低限を押さえる

世界史は分厚い教科書が多く、覚えるところが多すぎてどこを覚えれば良いか分からないという事態に陥りがちです。しかし本書は、最小限の内容を箇条書きであっさりとまとめてくれているのが特徴です。「一通り世界史を学習したけれど、知識が整頓できていない」という人は、テーマや時系列にそって最低限必要な世界史の骨格的な身につけることができます。

烏丸学び舎
少人数制、個別指導。あなたのための”医学部・難関大専門”予備校が、四条烏丸にあります。
PR

bunto_book_badge出題されやすいテーマ分けで覚える

出題されるテーマや時代区分に分けて、非常にわかりやすくまとまっているのが参考書の特徴。世界史と一口いっても古代から現代まで幅広いので、ポイントごとに整理しながら覚える必要があります。受験で頻出のテーマや時代区分に分けて学習することで、入試で得点する力をスムーズにつけることができるでしょう。

bunto_book_badgeこれだけは!というところはゴロ合わせ

歴史上の重要なイベントの年号のゴロ合わせ「ちゃっかり暗記術」がとても便利。入試で直接年号を聞いてくる問題が出題されることは、そう多くはありません。しかし、節目となる出来事があった年号を押さえておくことは、記憶を整理する上で大きなキーポイントとなるのです。このゴロ合わせで取り上げられている出来事の年号を押さえて、得点力を身につけましょう。

bunto_book_badgeあくまでも「歴史の大きな流れ」を意識して

通学時間などスキマ時間でコツコツすすめるのが基本。全体的な歴史の流れを理解しつつ、赤文字になっているところは一問一答で問われても解答できるように覚えておきましょう。時折、章末の穴埋め問題で記憶の定着を確認していくと安心ですね。


京都大学法学部4回生。私立神戸女学院高等部卒業。合氣道同好会と美術部に所属。京都大学のiCeMsやカラスマ大学の活動にも参加。オンライン塾講師も経験。