adobestock_114766486

mtp-ec
苦手だった英語でほぼ満点を取って国立千葉大学医学部に現役合格した話。
人気記事

1. ケンブリッジ英検とは

ケンブリッジ英検とは、ケンブリッジのメイン・スイート試験のことです。ケンブリッジ大学の一部門であるCAMBRIDGE ENGLISH Language Assessment(ケンブリッジ大学英語検定機構)が開発・実施しています。

世界で最も信頼されている英語検定として名高く、2013年に100周年を迎えました。英語を母国語としない受験者を対象とした試験としては、最も長い歴史があります。

2. 5種類の試験

ケンブリッジ英検は、5種類の試験に分かれています。難易度が低いものからレベル順に並べると、以下の通りになります。

1. KET(初級)
Key English Test

2. PET(中級)
Preliminary English Test

3. FCE(上中級)
First Certificate in English

4. CAE(上級)
Certificate in Advanced English

5. CPE(特上級)
Certificate of Proficiency in English

TOEICやTOEFLのような点数制ではなく、英検のように合否で結果が出ます。

3. 試験時間

試験のレベルが上がるにつれ、試験時間も長くなります。かなりの長時間にわたるので、集中力を維持できるか否かも重要な要素です。

1. KET(初級)
試験時間:約1時間50分

2. PET(中級)
試験時間:約2時間12分

3. FCE(上中級)
試験時間:約3時間29分

4. CAE(上級)
試験時間:約3時間55分

5. CPE(特上級)
試験時間:約3時間56分

adobestock_63309507

4. FCE

最も受験者数が多いのは、FCEです。ケンブリッジ英検の5つのレベルの中で、ちょうど真ん中に位置します。FCEは、英検準1級、TOEIC 650~750点、IELTS 5.5~6.5などに相当します。近年入試で、英検準1級の代わりにケンブリッジ英検FCEを活用できる大学も増えてきました。

5. CAE

CAEは、ケンブリッジ英検の中では2番目に難しい試験です。多くの外部民間英語検定試験の最高レベルに匹敵します。例えば、英検では1級、TOEICでは900~950点、IELTSでは7.0~7.5に相当します。ケンブリッジ英検CAEはFCEと同様、大学入試で利用できます。

まとめ

ケンブリッジ英検は、イギリスの大学に応募する際にも有効な、難易度の高い試験です。そのため、バランスよく英語力を鍛え、試験の傾向に合わせた対策をすることが求められます。

大学入試で主に優遇されるのは、ケンブリッジ英検FCE、CAE、PETです。特に受験者が多いケンブリッジ英検FCE、CAEの技能別対策法については、別記事でご紹介しています。入念に準備をした上で、試験本番に臨みましょう。

(参考:ケンブリッジ英検とは|ケンブリッジ英検のルナインターナショナル
(参考:一般英語と中高生対象|株式会社基礎学力総合研究所