4skills-juken-eigo

英語4技能とは?

来る2020年度に行なわれる大学入試改革に伴う英語教育の見直しが注目されており、大学入試の英語が「4技能化」するということを最近よく耳にします。4技能とは、英語のリーディング(読む力)リスニング(聞く力)スピーキング(話す力)ライティング(書く力)という4つのスキルを表しており、2020年度からはセンター試験の代わりに4技能判定ができる外部(民間)英語検定試験を採用する動きとなっています。

今までの大学入試は、ほとんどリーディングに偏った形式でした。センター試験でリスニングが出題されたり、国公立を中心に英作文が出題されたりといったことはありますが、ごくわずかなものです。しかしこれではいくら点数が高くても、はたして本当にバランスのよい英語力が身についているかどうかは判定できません。そのため、日本人は読み書きはできてもしゃべることができないと、しばしば批判されています。

また、このような4技能化は、海外に留学するときに使用する試験、TOEFL ®で、何年も前に行なわれた改革でもあります。以前のTOEFL ®は、文法の4択問題や誤文訂正問題など今の日本の大学入試に近い試験内容でした。しかしその結果、留学先でディスカッションをはじめとする発言中心型の欧米の授業についていくことができない学生が問題となりました。そこで、現在のTOEFL ibt ®では、スピーキングやライティング、リスニングも含まれることとなり、配点は各30点満点で合計120点満点のテストになっています。

2020年度に行われる改革は、まさにこのグローバル化の流れを受けて、今まで行われてきた読解偏重の試験内容を一新しようという動きなのです。

admin-ajax
看護学部を卒業後、医学部受験に挑戦。卒業後わずか1年で合格を勝ち取った「教科書レベル」からの挑戦
人気記事

Reading(リーディング)について

リーディングは、従来の大学入試で広く行なわれてきた技能です。そのため、得意とする人が最も多い技能でしょう。しかし大学入試の4技能化が導入された後は以前に比べて配点が下がりますので、ほかのスキルとのバランスを考えて学習しなければなりません。

また文法問題も、今までのオーソドックスな形式の試験はなくなり、リーディングの中に含まれていると考えてください。したがって、特に私立大学専願の人に見られたように、リーディングだけで試験を乗りきろうとする人は、4分の1しか対策をしていないことになってしまいます。これでは新形式の試験は乗りきるのは難しいでしょう。

Listening(リスニング)について

リスニングは、2006年度のセンター試験で初めて導入されました。そのため、以前に比べるとリスニングに対する関心は上がっていると言えます。それでも筆記の配点が200点に対してはリスニングは50点しかなく、国公立2次試験や私立大学でも採用していない場合が多いので、まだまだバランスが欠けていると言わざるを得ないでしょう。

さらに、リスニングは学校でも対策が充分に行なわれていない場合が多く、多くの人がいまだに独学だけで試験に臨んでいるというのが現状です。その結果、センター試験の結果を見ても、筆記に比べてリスニングの結果が異常に低いという人も珍しくはありません。

english-4skills-ec

Speaking(スピーキング)について

スピーキングは、おそらく日本人が最も苦手としている単元ではないでしょうか。街で外国人に話しかけられても逃げてしまう人が多いことも、日本人のスピーキングコンプレックスが深刻であることを示していると言えるでしょう。

また英検などを受験した人はスピーキングテストを受けたことのある人もいるでしょうが、大学受験では任意とされていることが多く、スピーキングテストを受験したことが一度もない人も少なくないのが現状です。さらに、ネイティブスピーカーの先生の授業はあるでしょうが、先生に対する生徒の人数が多いのが通常ですので、全員が英語を話すという機会はなかなか得られないのではないでしょうか。つまり、英語を話した回数や時間が圧倒的に足りていない人が多いのではないかと思われます。

英語が話せるようになるためには、相手の英語が聞き取れるようになることももちろん大切です。また、自分が言いたいことを英語でどのように表現するのかがわかるようにしなければなりません。すなわち、単語力も重要になってきます。ただし、単語帳の日本語訳を赤シートで隠して丸暗記するだけではいけません。長文読解であれば何とかなるかもしれませんが、スピーキングでは日本語から英語への転換が必要になります。日本語を見て、英単語が瞬時に出てくるように練習を積む必要があります。

入試改革が行なわれると、基本的に4技能を使った外部(民間)の英語検定試験の結果が使われることになります。そのためスピーキングがスコアの4分の1を占めることになりますから、飛躍的に重要性が増加したと言えるでしょう。

Writing(ライティング)について

ライティングは、従来の入試では国公立大学の入試問題を中心に出題されていました。そのため、ゼロだったというわけではありませんが、そもそも私立専願の人は英作文対策がゼロでも問題ないというケースも少なくありません。また、たとえ出題されるとしても、配点は英文和訳などに比べると低いケースが多く、全体的な重要度はそこまで高くありませんでした。

入試改革が行なわれた結果として4技能が必要になると、ライティングの重要性が増加してきます。さらに、国公立大学入試の多くは英作文と言っても和文英訳で、問題として与えられた和文を英訳するような問題が大半でした。しかしながら、英検をはじめ、民間テストの多くはエッセイ形式の問題を課している場合が多く、与えられた問題に対して自分の意見を述べなければなりません。したがって、そもそも対策がゼロだと、日本語ですら何を書いたらいいのか思いつかないということになりかねないのです。

現在、英検2級のライティングは80~100語、準1級では120~150語となっています。またTEAPは200語程度、GTEC CBTでは250語以上となっています。これほどの量の英文を書いたことがない人も多いのではないでしょうか。またエッセイライティングを書く際には、段落構成も考えなければなりません。日記を書くのとは訳が違いますから、きちんと論理的に書かなければ高得点を得ることはできないのです。序論、理由(※語数にもよりますが、たいていは複数です)、具体例(※語数によっては書く必要がない場合もあります)、結論といった形で、段落を構成していきましょう。

まとめ

今まで4技能に向けた対策をしてこなかった人にとっては、大変なことになったと思うかもしれません。もっとも、2020年度以降も数年間はセンター試験が並存する予定となっているので、今の時点で高校生の人はあまり心配しなくてもよいかもしれません。しかし4技能ができるようになっておけば、センター試験や2次試験が免除されたり、得点が加算されたりといったメリットもありますので、挑戦しておくに越したことはないでしょう。

また、これからのグローバル社会を考えると、どのような方面に進んでも、全く英語に関わらない人生を送っていくというほうが珍しいと言えるのではないでしょうか。将来のためにも、リーディングだけではなく、この機会に幅広い英語スキルを身につけてみてはいかがでしょうか。


英語4技能特設ページに戻る >>