adobestock_85793698

首都圏の有名私立大学である、日本大学、東洋大学、駒澤大学、専修大学。今から出願が間に合う、英語4技能試験を利用できるこの4校の一般入試制度をまとめました(2017年10月現在)。

国際バカロレア認定校出身でなくても応募できる、一般の受験生にも利用しやすい制度を厳選しています。

なんと、全学部の一般入試で英語4技能試験が優遇される大学が大半を占めています。英語4技能試験を効果的に利用して、他の受験生に差をつけましょう!

mtp-ec
苦手だった英語でほぼ満点を取って国立千葉大学医学部に現役合格した話。
人気記事

1. 日本大学

日本大学には今のところ、英語4技能試験を利用できる入試制度はありません。

2. 東洋大学

東洋大学では、全学部の一般入試・3学部4学科のセンター利用入試・1学部の総合問題入試で英語4技能試験を利用できます。

◾️全学部

○一般入試 前期(英語外部試験利用入試)【4技能成績選択必須】

英語4技能試験のスコアを出願時に登録しておくと、英語科目の得点に換算されます。試験当日に英語以外の2科目(国語と選択科目)を必ず受験します。英語試験については免除になりますが、受験することもできます。

英語4技能試験のスコアを提出済みで且つ試験当日に英語試験を受験した場合、どちらか高得点のものが合否判定に採用されます。利用できる英語4技能試験と基準となるスコア、換算得点については以下の通りです。

【100点換算】
・GTEC CBT:1063点
・TEAP(4技能):253点
・ILETS:5.5
・英検(4技能):2150点※

【90点換算】
・GTEC CBT:999点
・TEAP(4技能):225点
・ILETS:5.0
・英検(4技能):1980点※

【80点換算】
・GTEC CBT:880点
・TEAP(4技能):195点
・ILETS:4.5
・英検(4技能):1800点〜

※1級・準1級・2級のいずれかの一次試験でのスコア。合格・不合格、二次試験の受験有無は問わない。

(参考:英語外部試験の利用|東洋大学 入試情報サイト
(参考:東洋大学 2018(平成30)年度 センター利用入試・一般入試・ 総合問題入試・実技入試 入学試験要項

◾️国際学部(グローバル・イノベーション学科)

○センター利用入試(前期)4教科・英語重視(外部試験利用可能)【4技能成績選択必須】

センター試験の英語または英語4技能試験のどちらかを選択できます。募集人員は5名です。必要な英語4技能試験のスコアは以下の通りです。

・GTEC CBT:1063点〜
・TEAP(4技能):253点〜
・IELTS:5.5〜
・英検:2150点〜(一次試験)※合格・不合格、二次試験受験有無は問わない

○センター利用入試(前期)3教科(外部試験利用可能)【4技能成績選択必須】

センター試験の英語または英語4技能試験のどちらかを選択できます。募集人員は13名です。必要な英語4技能試験のスコアは以下の通りです。

・GTEC CBT:1063点〜
・TEAP(4技能):253点〜
・IELTS:5.5〜
・英検:2150点〜(一次試験)※合格・不合格、二次試験受験有無は問わない

○センター利用入試(前期)2教科(外部試験利用入試)【4技能成績必須】

英語4技能試験の結果が出願資格として必要になります。センター試験の英語の受験は不要です。募集人員は3名です。必要な英語4技能試験のスコアは以下の通りです。

・GTEC CBT:1063点〜
・TEAP(4技能):253点〜
・IELTS:5.5〜
・英検:2150点〜(一次試験)※合格・不合格、二次試験受験有無は問わない

○一般入試(前期)2教科【4技能成績必須】

英語4技能試験の結果が出願資格として必要になります。募集人員は3名です。必要な英語4技能試験のスコアは以下の通りです。

・GTEC CBT:999点〜
・TEAP(4技能):225点〜
・IELTS:5.0〜
・英検:1980点〜(一次試験)※合格・不合格、二次試験受験有無は問わない

◾️国際学部(国際地域学科 国際地域選考)

○センター利用入試(前期)2教科(外部試験利用入試)【4技能成績必須】

英語4技能試験の結果が出願資格として必要になります。センター試験の英語の受験は不要です。募集人員は5名です。必要な英語4技能試験のスコアは以下の通りです。

・GTEC CBT:999点〜
・TEAP(4技能):225点〜
・IELTS:5.0〜
・英検:1980点〜(一次試験)※合格・不合格、二次試験受験有無は問わない

◾️国際観光学部

○センター利用入試(前期)3教科ベスト2(外部試験利用可能)【4技能成績選択必須】

センター試験の英語または英語4技能試験のどちらかを選択できます。以下の英語4技能試験の基準以上のスコアがある場合、センター試験の英語が満点として扱われます 。募集人員は10名です。必要な英語4技能試験のスコアは以下の通りです。

・GTEC CBT:1063点〜
・TEAP(4技能):253点〜
・IELTS:5.5〜
・英検:2150点〜(一次試験)※合格・不合格、二次試験受験有無は問わない

◾️経済学部(経済学科)

○センター利用入試(前期)3科目(外部試験利用入試)【4技能成績必須】

英語4技能試験の結果が出願資格として必要になります。センター試験の英語の受験は不要です。募集人員は5名です。必要な英語4技能試験のスコアは以下の通りです。

・英検:準2級〜
・TOEIC(公開・IP):420点〜
・TOEIC bridge(公開・IP):145点〜
・TOEFL iBT:40点〜
・GTEC CBT:700点〜
・GTEC for STUDENTS(検定受験):485点〜

◾️情報連携学部(情報連携学科)

○総合問題入試(前期・後期)(外部試験利用入試)【4技能成績必須】

英語4技能試験の結果が出願資格として必要になります。センター試験の英語の受験は不要です。

国語・経済・物理・数学・美術・情報のうち、いくつかを組み合わせた複合的な問題で判定されます。総合問題の内容は、志望するコースにより異なります。

募集人員は前期 10名、後期 5名です。必要な英語4技能試験のスコアは以下の通りです。

・GTEC CBT:880点〜
・TEAP(4技能):195点〜
・IELTS:4.5〜
・英検:1800点〜(一次試験)※合格・不合格、二次試験受験有無は問わない

(参考:東洋大学 2018(平成30)年度 センター利用入試・一般入試・ 総合問題入試・実技入試 入学試験要項

3. 駒澤大学

駒澤大学では、全学部の一般入試で英語4技能試験を利用できます。

◾️全学部(医療健康科学部以外)

○一般入試(全学部統一日程)【4技能成績選択必須】

以下の英語4技能試験のスコアがある場合、英語試験を75点に換算します。試験当日の英語試験は免除になりますが、受験することもできます。

試験当日に英語試験を受験しない場合や、受験して74点以下であった場合でも、75点として換算します。英語試験を受験し、その得点が76点以上の場合は、より高得点となる試験の点数が採用されます。

・英検:2級(1980点)〜
・TOEFL iBT:42点〜
・TOEIC(L&R):500点〜
・TOEIC(L&R,S&W):700点〜
・IELTS(アカデミック・モジュール):4.0〜
・TEAP(2技能):98点〜
・TEAP(4技能):185点〜
・GTEC CBT:800点〜
・GTEC for STUDENTS(Advanced):550点〜

(参考:一般入学試験/大学入試センター試験利用入学試験要項 平成30(2018)年度 駒澤大学

adobestock_54871972

4. 専修大学

専修大学でも、全学部の一般入試で英語4技能試験を利用できます。

◾️全学部

○一般前期 全学部統一入試【4技能成績選択必須】

○一般前期 学部個別入試(A・AS・D・E・F方式)【4技能成績選択必須】

英語4技能試験のスコアに応じて、英語試験の得点が80点、または100点に換算されます。英語4技能試験のスコアを提出した場合、英語試験の受験は免除になりますが、受験することもできます。

英語4技能試験のスコアを提出し、且つ英語試験を受けた場合は、どちらか得点の高いほうが合否判定に採用されます。

【80点換算】
・英検:2級
・英検(CSE2.0):1980点〜
・ケンブリッジ英検:PET
・TEAP:226〜333点
・TEAP CBT:420点〜
・GTEC CBT:1000〜1249点
・IELTS(アカデミック・モジュール):4.0〜5.0
・TOEFL iBT:42〜71点
・TOEFL Junior Comprehensive:322〜340点
・TOEIC(L&R, S&W):730〜995点

【100点換算】
・英検:準1級〜
・英検(CSE2.0):2304点〜
・ケンブリッジ英検:FCE〜
・TEAP:334点〜
・TEAP CBT:600点〜
・GTEC CBT:1250点〜
・IELTS(アカデミック・モジュール):5.5〜
・TOEFL iBT:72点〜
・TOEFL Junior Comprehensive:341点〜
・TOEIC(L&R, S&W):1000点〜

※英検とケンブリッジ英検の受験時期は問わない

(参考:英語外部試験で試験科目「英語」の受験を免除!|専修大学
(参考:平成30年度 入学試験要項 専修大学

5. まとめ

東洋大学、駒澤大学、専修大学の3校では、全学部の一般入試で英語4技能試験を利用できます! 一部の学部では、センター利用入試でも優遇されています。

一般入試は募集人員も比較的多く、受験しやすいもの。また、他の入試制度と英語4技能試験を利用した入試は併願ができることが多いので、合格のチャンスを増やすことができます。

英語4技能試験を効果的に活用して、志望校に確実に合格できるよう準備を進めましょう。