eiken2-speaking

mtp-ec
苦手だった英語でほぼ満点を取って国立千葉大学医学部に現役合格した話。
人気記事

1. 英検2級の面接の流れ

英検2級の面接の流れはどのようなものでしょうか。まずは、公式ホームページで紹介されている流れを確認してみましょう。

1:入室

係員の指示に従い、面接室に入ります。

2:「面接カード」を渡す

面接委員に「面接カード」を手渡します。

3:着席

面接委員の指示に従い、着席します。

4:氏名・級の確認、挨拶

面接委員があなたの氏名とこれから受験する級の確認をします。その後、簡単な挨拶をします。

5:「問題カード」を受け取る

面接委員からパッセージ(文章)と3コマのイラストが印刷された「問題カード」が手渡されます。

6:パッセージの黙読(20 秒)

まず、パッセージ(文章)を黙読するように指示されます。黙読時間は20秒です。

7:パッセージの音読

黙読後、面接委員から音読するように指示がありますので、英語のタイトルから読んでください。

8:パッセージについての質問(No. 1)

音読の後、面接委員が質問しますので、答えてください。質問は、No.1からNo.4まで4つあります。「問題カード」のパッセージ(文章)やイラストに関する質問に答える際には、「問題カード」を見てもかまいません。
※質問が聞き取れなかった場合など、自然な流れの中で行われた「聞き返し」なら、減点の対象にはなりません。ただし、不自然に行われたり、くり返し聞き返したりした場合は、減点の対象になります。また、質問に対して答えている途中で、口ごもるなどして応答が滞る場合には、次の質問に進むことがあります。

9:No. 2 の考慮時間(20 秒)

10:イラストの展開説明(No. 2)

イラストの展開説明をする質問では、考える時間が20秒与えられます。 展開説明の言い出し部分は「問題カード」に印刷されています。この質問の後、面接委員から「問題カード」を裏返すように指示されます。これ以降は、「問題カード」を見ずに答えます。

11:「問題カード」を裏返す

12:受験者自身の意見を問う質問 (No. 3, No. 4)

13:「問題カード」を面接委員に返す

試験が終了したら、「問題カード」を必ず面接委員に返してから退室してください。

14:退室

退室後は、すみやかに会場から退場します。控室へ戻ったり、待機中の受験者と会話をしてはいけません。
(参考:英検|試験内容・過去問|2級の試験内容・過去問|2級の試験内容

簡単な挨拶から試験は始まりますが、本格的な試験は6の黙読から始まります。

2. 音読

英語の学習をするときに音読をあまり行わない、という人は少なくありません。

でも、普段音読をしていなければ、突然音読しろと言われてもしどろもどろになってしまいますよね。音読は普段の練習が大切です。学校の教科書で十分ですから、まずは音読をする習慣をつけましょう。音読をすることはスピーキングの練習として有効です。

音読をする際に気をつけたいのが、棒読みにならないようにすること。日本語と比較すると、英語には文全体のアクセントが大きい傾向があります。アクセントをつけずに発音すると、「日本人っぽい英語」になってしまいます。通じればいいと言う人もいますが、伝わりやすさという点から考えると、英語らしく読めた方が良いことは言うまでもありません。過度にこだわりすぎることもありませんが、できるだけネイティブの英語を意識してみると良いでしょう。

同じことは個々の単語にも言えます。最初に単語を覚えるときから、正しい読み方を抑えておくと良いでしょう。

eiken2-speaking02

3. 質疑応答

一つ目の質問が質疑応答です。ただ、この問題は比較的答えやすく、面接官が発する主語や動詞からカードの中の該当する箇所を読めば、正解にたどり着けます。すぐに見つからなかったら聞き返して、時間を稼ぎながら正解となる場所を探しましょう。1度くらい聞き返しても減点の対象にはならないので問題ありません。それよりも、沈黙してしまうことの方が印象が悪くなります。

答えるときに、カードの文章を少し言い変えて答えることができれば完璧ですが、あまり難しいことを言おうとして単語が出てこなくなるくらいなら、素直にカードの文章を読んだ方が、点数が高くなります。

4. 意見を述べる

自分の意見、それも英語で意見を言う経験などない人が多いと思うので、ここは差がつくところです。質問は、ソーラーパネルや防犯カメラを公共の場に設置することの是非など、Yes/Noで答える形式です。YesもしくはNoのどちらかを答えた後に、理由を付け加えましょう。

このように考えると、このテーマは2016年に新しく加わったエッセイライティングと傾向が似ていることがわかります。エッセイライティングもテーマに対して、自分の意見とその理由をまとめなければなりません。もちろん、ライティングほどたくさん言う必要はなく、簡単に一言理由を付け加える程度で十分です。いずれにしても、普段ニュースを見聞きするときに自分はどう思うかを考えることが大切ですね。

5. まとめ

英検2級のスピーキング(面接)について概要を確認しましたが、日常会話から始まり、音読、質疑応答、自分の意見を述べるといった問題など、意外と多岐にわたる形式となっていることがわかります。これらすべての対策をするのは難しいと感じるかもしれませんが、あまり難しく考えて沈黙しないようにすることです。大切なのはうまく話すことよりも、きちんとコミュニケーションを取ることです。多少の間違いや発音などは気にせずに、どんどん積極的に話してみましょう。

(参考)
英検|試験内容・過去問|2級の試験内容・過去問|2級の試験内容


英語4技能特設ページに戻る >>