adobestock_103623428

mtp-ec
苦手だった英語でほぼ満点を取って国立千葉大学医学部に現役合格した話。
人気記事

1. スピーキングの試験概要

GTEC CBTのスピーキングテストは、ヘッドフォンを装着し、自分の音声を録音する形式となっています。試験時間は20分間で、Part 1が2分、Part 2が6分、Part 3が12分です。

気をつけなければいけないのが、解答の準備時間が与えられている問題と与えられていない問題があることです。うっかり間違えて解答の準備時間に音声を吹き込むことがないようにしましょう。

なお、解答の準備時間にはメモを取ってもかまいません。各パートの特徴と対策は以下の通りです。

2. Part 1の問題

Part 1は、質問に対して即座に応答する問題です。名前や趣味など受験者の個人的な情報に対する質問となっており、英検の2次面接で最初に聞かれそうなものです。このパートはそれほど難しくはないといえるでしょう。もちろん、個人的な趣味は本当のことを言う必要はありません。自分の言いやすいものを答えれば十分です。

3. Part 2の問題

Part 2は、留守番電話にメッセージを残すというシチュエーションです。問題文に表示された内容を説明したり、質問をしたりします。30秒間の準備時間のあと、1分以内に録音しなければなりません。言いよどみなどがあるとあっという間に1分間が過ぎてしまいますので、準備時間のうちにしっかりと内容を練っておきましょう。

慣れていない人は、話の始まりと終わりがスムーズに言えない傾向があります。始まりは Hi, 〇〇(相手の名前). This is 〇〇(自分の名前). 程度で大丈夫です。また終わりは Please call me any time. Thanks. など、決まり表現をあらかじめ用意をしておけば、言いよどみを防げます。

対面形式の面接とは異なり、時間が過ぎると問答無用で録音が終了してしまいます。言いよどんで時間を浪費し、途中で録音が切れてしまうことのないよう、注意が必要です。

adobestock_81885950

4. Part 3の問題

Part 3は講義を聞いて質問に答える形式で、3つの小問に分かれます。

1つめの小問は、講義の内容に関する質問に答える形式です。90秒で準備をして120秒以内に話します。2つの理由を言わなければなりませんので、準備時間内に考えておく必要があります。

2つめの小問も同様の形式ですが、解答時間が1問目より長くなります。180秒の準備時間のあと、180秒で答えます。こちらは、最低でも2つの理由をつけなければいけないと指示されています。

最後の3つめの小問では、クラスメイトから質問を受けたという想定で返答します。準備時間はなく、60秒で答えます。

Part 2、Part 3ともに、実際に留学をした想定のスピーキングテストとなっています。そのため、学校の授業などできちんと対応した学習を積めている人はほとんどいないのではないかと思います。

しかしこれらは、ある程度独学で対策できます。というのも、ライティングとは異なり、スピーキングはメッセージが伝わるかどうかが最も大きなポイントとなるため、語彙レベルや文のバリエーションなど、ライティングほど細かくチェックされることはないからです。しっかり練習する時間と辞書さえあれば、ほとんどの人が高得点を取れるのではないでしょうか。

そこで、まず練習として試験本番と同じ条件で解答した音声を録音し、聞いてみましょう。おそらく初めのうちは聞くのも恥ずかしいくらいだと思いますが、客観的に聞くことで、改善点が見えてくるはずです。

次に時間をかけて解答を書いてみます。その解答を何度も音読し、また録音をするというプロセスを繰り返しましょう。十分な長さの解答になっているか、発音やイントネーションはわかりやすいか、一つ一つチェックしていきます。

最後に解答そのものを見なくても、解答の要点を一言でまとめたメモを見て話す練習をします。それも毎回録音して、成果を確認していきましょう。

5. まとめ

大学入試の4技能化が進み、これまで以上にスピーキングの重要性が出てきました。スピーキングはネイティブスピーカーと話さなければ上達しないと信じている人もいるようですが、そんなことはありません。

適切な方法で練習を積めば上達しますし、スコアアップも狙えます。多くの人が苦手とするパートだからこそ、高得点を取るチャンスです。1日10分からでも良いので、練習を始めてみましょう。