adobestock_92533989

tonaki-mjtp-ec
受験にこそパーソナルトレーナーを。4年間、一次試験すら通過できなかった僕が『医学部合格』を勝ち取れた理由
人気記事

1. スピーキングの試験概要

TOEFL iBT®のスピーキングセクションは、ライティングと同様、Integrated形式とIndependent形式に分かれます。

Integrated形式では、課題文を読み、リスニングを聞いて解答します。Task 1と2にあたります。

Independent形式では、そのまま課題に答えます。Task 3から6にあたります。

各タスクの詳細は以下の通りです。

Task 1: 個人的な質問に対して、自分の意見を答える。
準備時間は15秒で解答時間は45秒。

Task 2: 2択のうち、自分の意見はどちらかを解答する。
準備時間は15秒で解答時間は45秒。

Task 3: 課題文を読み、それに関連した会話を聞いた後、設問に答える。
準備時間は30秒で解答時間は60秒。

Task 4: 課題文を読み、それに関連した講義を聞いた後、設問に答える。
準備時間は30秒で解答時間は60秒。

Task 5:トラブルと解決策について話し合っている会話を聞いた後、設問に答える。
準備時間は20秒で解答時間は60秒。

Task 6: 大学での講義を聞き、要点と具体例を解答する。
準備時間は20秒で解答時間は60秒。

2. Task 1, 2

Task 1と2は、個人的な内容について答える問題です。英検の2次試験でも、同様の問題が出題されます。そのため、なじみがあると感じる人が多いのではないでしょうか。

しかし、CBT形式の本試験では、英検と異なり、きっちりと制限時間内に答えなければなりません。

例えば英検2級でも、個人的な意見を尋ねる問題があります。しかし、解答時間を計られるわけではありません。質問が聞き取れなかったふりをして聞き返し、その間に答えを考えることもできます。

ところが、TOEFL iBT®ではコンピューターでタイマーが計られるので、時間が来たら即終了してしまいます。質問を聞き返すこともできません。また、準備時間は15秒間しかなく、問題文を読んで即答するくらいの気持ちで臨まなければなりません。

その短い準備時間に、意見の理由を即座に思いつく必要があります。英語力以前に、日本語でも理由をすぐに思い浮かべられなかったら、きちんと答えられないというのが難しいところです。

理由が思いつかないという状況を克服するためには、模範解答の内容をしっかりと覚えておくことが重要です。知識が増えるにつれて、次第に自分の意見も出せるようになってきます。

理想的な解答の流れは、以下の通りです。

①自分の意見(賛成もしくは反対)
②自分の意見に対する理由(できれば複数)
③具体例
④結論

解答時間は45秒しかないので、無駄なことを言っている時間はありません。タイマーを使って時間内に答える練習をしておきましょう。

3. Task 3

Task 3では、課題文を45秒で読み、学生同士の会話を聞いた後、その内容について解答します。多くの場合、学生が何らかの問題点について話し合います。会話の途中で、彼らの意見や理由、解決策などが出てきます。漏らすことなくメモを取りましょう。

このタスクでは、課題文よりも会話内容の方が重要な場合がほとんどです。会話で聞き取った内容を中心に、答えを組み立ててください。

解答準備時間は30秒あります。Task 1や2よりは長くなっています。しかし、聞き取る際にわかりづらいメモをとってしまうと、後からメモの意味を考えている間にあっという間に準備時間が終わってしまいます。

聞きながらわかりやすいメモを取り、そのメモを頼りに解答する練習が不可欠です。

4. Task 4

Task 4は、課題文を45秒で読み、それに関する講義を聞いて解答する問題です。このセクションでは、課題文が解答の鍵を握ります。45秒で課題文を読む際に、メモを取らなければなりません。

その上で、講義を補足的に聞きましょう。講義内容でメモを取る際は、課題文で出てこなかった内容を付け加える程度で十分です。課題文と講義を組み合わせたメモに基づいて、解答を組み立てましょう。

adobestock_61637822

5. Task 5

Task 5は学生同士の会話を聞き、その内容について解答する問題です。たいていの場合、片方の学生が何か問題を抱えており、もう一人の学生がその問題について助言します。何が問題になっているのか、そしてどのような助言をしたかをメモしてください。

解答の準備時間は20秒しかありません。話す前にメモの内容を整理するのが精一杯でしょう。会話を聞く際に、いかにキーフレーズを書き取れるかが重要になります。

6. Task 6

Task 6は、講義を聞いてその内容を答える問題です。Task 4に似ていますが、課題文を読まなくて良いぶん、答えやすいと感じるかもしれません。しかし、聞き取りやノートテイキングに失敗すると、他に参照するものが無いので、解答ができなくなるという難しさもあります。

講義の内容は専門的で、聞いたことのない固有名詞が出てくることもあります。専門的な名詞や数字などを具体例として挙げて答えられれば理想ではありますが、それよりも重要なのは、話の大筋をつかむことです。これができないまま、単に聞こえてきた名詞だけメモを取っても、内容を順序立てて答えることはできないでしょう。

7. まとめ

TOEFL iBT®のスピーキングセクションで要求される力は、英語ですらすらと話す力ではありません。最近ではスピーキングを「発表」と「やりとり」に分けて、「4技能5領域」と呼ばれることがあります。この試験では、ネイティブスピーカーとの会話の「やりとり」ではなく、「発表」、すなわちプレゼンテーション的な能力が試されます。

プレゼンテーションの経験がある人はわかるでしょうが、事前の準備が良し悪しを左右します。TOEFL iBT®のスピーキングでも、試験前にどれだけ準備できているかが鍵になります。

本番と同じように時間を計り、できるだけ多くの問題を解いておきましょう。それによって、同じ英語力を持つ受験生の中でも、結果が大きく変わってくることでしょう。