adobestock_165259409

tonaki-mjtp-ec
受験にこそパーソナルトレーナーを。4年間、一次試験すら通過できなかった僕が『医学部合格』を勝ち取れた理由
人気記事

1. はじめに

国連英検B級は、リスニングテスト、客観テスト、課題エッセイの3つで構成されています。客観テストは、大問5~9にあたります。全40問、40点満点です。出題内容は以下の通りです。

・大問5・6 → 英文法
・大問7 → 国連の知識問題
・大問8 → 長文の空所補充と同義語問題
・大問9 → 長文の内容一致問題

ちなみに、リスニングテストは大問1~4で40点満点、課題エッセイは大問10で20点満点となっています。試験時間は全体で120分間です。スピーキングを除いた英語3技能を測定する試験となります。

単語力は試験全般にわたって必要です。特に、リーディングと同義語問題で重要になります。英文法は、大学入試問題に近い形で出題されます。大学受験を目指す人にとっても有益な試験です。

他の試験とは傾向が異なるので比較が難しいところではありますが、難易度としては、英検でいえば2級と準1級の間、大学入試でいえば偏差値60程度の問題に相当します。

2. 英単語

・出題の特徴
英単語は、主にリーディングと同義語問題で問われます。リーディングの長文自体は、英検準1級よりも読みやすいものです。そこまで難しいとは感じないでしょう。

ただし、英字新聞に出てくるような硬い単語が見られます。英検準1級レベルの難易度の高い単語も中にはあります。しかし英検と違い、大問の1番から単語の問題がズラッと数10問出題されることはありません。英検準1級では単語の暗記に時間をかける必要がありますが、国連英検B級ではそこまで時間をかけなくて構いません。

英文のジャンルは必ずしも時事関係の内容に限りません。幅広い英単語にふれておく必要があります。この点も、どのようなジャンルの英文が出題されるかわからない大学入試に通じる部分があります。時事はもちろんのこと、環境、経済、テクノロジー、歴史などのジャンルにも対応できるようにしておきましょう。

同義語問題には、かなり難易度の高い単語が出題されます。ただ、単語の知識よりもむしろ、前後の文脈から意味を推測する力が求められています。もちろん、難しい単語を知っておくのに越したことはありません。

・効果的な対策法
単語帳を使って英単語を覚えたい人は、『国連英検A・B級必修単語1000』がおすすめです。

単語を勉強する際は、類語も併せて覚えておきましょう。出題される言い回しや表現が硬いため、似た単語なら知っているケースが多いのです。例えば、「~を統合する」というときは、通常はunifyが使われます。一方、国連英検B級では代わりにconsolidateという語が使われることがあります。

unifyを覚えるときに同時にconsolidateも覚えてしまえば、他の4技能英語試験や大学入試問題にも、国連英検B級にも役立ちます。効率が良い覚え方ができるようになりますよ。

3. 熟語

・出題の特徴
英字新聞などでよく見られる言い回しが多く出題されます。例えば、rising sea level「海水面の上昇」などです。知っていれば即答できます。その反面、知らなければどの選択肢も正解に見えてしまいます。

・効果的な対策法
様々なジャンルの英文が満載の、英字新聞を定期的に読むことを勧めます。知らない言い回しを見つけたら、ノートにまとめておきましょう。

adobestock_122176290

4. 文法

・出題の特徴
文法問題は主に大問5と6で出題されます。大問5は4択の短文空所補充問題、大問6は誤文訂正問題です。試験の傾向は品詞が絡んだ問題が圧倒的に多くなっています。以下の項目を重点的に対策しておきましょう。

・形容詞と副詞の違い
・紛らわしい形容詞(literalとliterary, economicとeconomicalなど)
・文型(特に第5文型)
・分数(などの間違えやすい表記)
・名詞の単複(名詞と動詞の単複の一致)
・可算名詞と不可算名詞の違い
・現在分詞と過去分詞の違い
・不定詞(副詞的用法や、動詞+目的語+to Vなど)
・関係詞

4択のすべてが語順が違うだけ、という問題もあります。正しい語順がわかっているか否かが問われます。

・効果的な対策法
一般的な大学入試の英文法対策が有効です。4択の文法問題集などを活用し、上記の文法項目を優先して対策してください。

5. まとめ

国連英検B級は参考書や問題集の数が少なく、対策をするのが難しいと感じるかもしれません。しかし、小手先のテクニックではなく、しっかりとした英語力をつけられれば、恐れることはありません。

文法のセクションでは、浅く広く出題されます。文法問題集を一通り解き、全文法項目を網羅しておきましょう。国連英検を受験で活用できる大学は今の時点ではそれほど多くはありませんが、大学入試問題と共通している点が多いので、その勉強が無駄になることは決してありません。

スピーキング試験はありませんが、その他の分野はバランスよく出題されている試験です。リスニングが40%も占めているので、リスニング軽視の従来の英語試験とは異なります。国連英検B級の対策を通して、総合的な英語力を高められるでしょう。

ちなみに、大問7の国連の知識問題は、『わかりやすい国連の活動と世界』という参考書の中から出題されます。試験前に目を通しておきましょう。