bunto_app_badgeあなたの英語、評価されます
App Store の「BEST OF 2014」にも選出されたアプリ。”自分の発音を評価できる”という今までの英語アプリにない機能が最大の特徴。スマートフォンのマイクに向かって話すだけで、あなたの英語に点数がつきます。英語を聞き、その後を追って話し、評価されたところを修正する、という実践的な方法で英語を上達が図れます。日本人が苦手な発音も、動画でその方法をカバー!頭で考えずに日常生活の表現が出てくるようになるでしょう。

 bunto_app_badge日常生活で使える英語を学ぶ

実際にネイティブが使うようなフレーズを収録。フレーズごとに短い会話が登録されていて、ネイティブスピーカーの発音を再生できます。音声を聞いた後に、シャドーイング。インプットとアウトプットの両方を同時にこなせます。挨拶や食べ物に関する会話など、日常生活で気軽に使える英語が沢山あり、実用性を重視したアプリになっています。さらに多くのフレーズを聞くには課金が必要ですが、無料でも46のフレーズとそれを使った会話を聞くことができます。

tonaki-mjtp-ec
受験にこそパーソナルトレーナーを。4年間、一次試験すら通過できなかった僕が『医学部合格』を勝ち取れた理由
人気記事

 bunto_app_badge音声認識で発音を鍛える

このアプリでは音声認識システムを採用しています。マイクに向かって発音すれば、その発音を判定してくれます。どうせ適当に判定しているんでしょと侮ることなかれ。’’みそ汁イングリッシュ’’では「try again」と言われてしまいます。「good」目指して頑張りましょう。

 bunto_app_badgeゲーム感覚で勉強

デザインがとてもかわいらしい。アイコンにいるパンダや登場人物はもちろん、全体の作りもおしゃれで勉強というよりゲームをしている感覚になります。画面が切り替わる時の音も軽やかで、楽しく操作できます。参考書などとは違う、アプリならではの利点です。

 bunto_app_badge自分に合ったレベルで始められる

表示を初心者向け、中級者向け、上級者向けに変えることができます。それぞれのレベルに合わせたフレーズのみが表示されるようになります。初心者向けから順番に始めていくのもよし、高度なフレーズから覚えようと上級者向けから始めていくのもよいでしょう。自分が楽しめる方法で取り組んでいってください。また、気に入ったものはお気に入りに登録できます。積極的に使っていきたいものはぜひ登録してみてください。


京都大学工学部電気電子工学科一回生。カリタス女子高等学校卒業。宇宙開発に興味あり。高校では演劇部に所属。文化祭執行部に入り、文化祭に積極的に参加。大学では硬式女子テニス部に所属。