bunto_app_badge一流のスピーチが教材に!

いま何かと話題のTED。世界中の有識者やビジネスリーダーなど一流の人たちが、渾身のスピーチをしてくれる極上のカンファレンスです。「TEDICT―TEDで英語を習おう」はそのTEDのスピーチを教材に英語を勉強してしまおうという贅沢なアプリ。世界の英知から学びつつ、英語を身に着けていくことができます。

「将来世界を舞台に活躍したい」「外国の大学で勉強したい」「かっこよく英語でプレゼンをしてみたい」など、骨太の英語力が必要な人におすすめです!

TEDICT_1

bunto_app_badge他に類を見ない良質なスピーチ

本物のTEDのプレゼンテーションをダウンロードして学習をすすめることができます。プレゼンテーションの技術も、そこで語られる内容も、他に類を見ない超一級品。素材の良さで他の類似するアプリを圧倒しています。

TEDICT_2  TEDICT_3  TEDICT_4

烏丸学び舎
少人数制、個別指導。あなたのための”医学部・難関大専門”予備校が、四条烏丸にあります。
PR

bunto_app_badgeダウンロードでいつでもどこでも!

「ダウンロードして視聴することができる」というのもかゆいところに手が届くうれしい機能。TEDのサイトではカンファレンスのプレゼンテーションをストリーミングで視聴することはできるが、思い立った時にいつでもどこでも学習を始められるのは、やっぱりとても便利です!

TEDICT_5

bunto_app_badgeポイントはディクテーション!

ただ聞いているだけではなかなかスキルはあがりません。そこで有効なトレーニングが、この「ディクテーション」と呼ばれる方法。簡単に言うと、「聞こえてきた英語を文章に起こす」というものですね。学校などでやったことがある人も多いのではないでしょうか。一部大学入試でも採用されています。

なんとなく聞いて、なんとなく理解する(つもりになる)ことを繰り返すより、聞けているかどうかがはっきりとわかる形で学習を進める方が効果はぐっと高まりますよ!正確に聞き取れることは会話のスタート地点。まずはスタートにしっかり立てるように!

bunto_app_badgeひとつのスピーチをやり込もう!

一つのスピーチを覚えるくらいやり込むことがポイント。興味のあるトピックについてのスピーチを選んで、「日本語字幕付きで聞いて内容を理解する」「英語字幕付きで聞いてディクテーションに備える」「ディクテーションをする」という3ステップで進むのが上達への近道。ディクテーションは音のつながりや脱落など英語ならではの音の細かな変化に敏感に、しつこくしつこく聞きこんで、体に覚えさせましょう!


京都大学大学院農学研究科応用動物化学専攻。大阪府立豊中高校卒業。iGEM Kyoto では発表資料のデザイン・プレゼンテーションを担当、2012年のアジア大会では金賞を受賞し MIT での世界大会に出場した。大学院では、細胞を扱った代謝の研究を行っている。