bunto_app_badgeTOEIC®のリスニングで悩むすべての人に

TOIECのリスニングパートが苦手なすべての人におすすめです。 大学入試も多様化し、推薦入試やAO入試などTOEICのスコアを求められることも少なくありません。しかしその一方で、ビジネスシーンを主に想定したTOEICの問題は、受験向けの勉強だけをしていてはなかなか得点するのは難しいですよね。「人事課」とか「補助金」とか高校の教科書にはあまりでてきませんからね……。ここはやっぱりTOEICに特化したアプリで集中的にトレーニングした方が効果的です。 また、社会人・大学生でTOEICを受験する方もリスニングパートでなかなか得点できないという方が多いと思います。これまでの英語教育では訳読が中心でした。聴くこと(話すこともですが)がほとんと重視されてきませんでしたから、ある意味仕方のないことです。でも、TOEICではその半分がリスニングパート。もう逃れることはできません。このアプリで一気に壁を越えてきましょう!

    

bunto_app_badgeリスニングのトレーニングなら絶対にアプリで!

これまで、リスニングといえば「音源+本」という形が一般的でした。でもこの方法、めんどくさいですよね。PCやプレイヤーで音源を止めたり、少しだけ戻したり、そうかと思えば本で正解や解説を確認したり……。これがいやでリスニングは後回し、ということもあったのではないでしょうか。 リスニングは、アプリの方が圧倒的に使いやすいことは明らかです。正解の確認も一目でわかるし、聴き直しもタップ1つ。解説も詳しく表示されます。すべて一画面で。 これまでアプリでリスニングを勉強したことがないという人は一度試してみてください。圧倒的な効率に驚くと思いますよ。

admin-ajax
看護学部を卒業後、医学部受験に挑戦。卒業後わずか1年で合格を勝ち取った「教科書レベル」からの挑戦
人気記事

bunto_app_badge徹底的に分析された360問でレベルアップ!

TOEICの傾向を徹底分析して制作された360問が周力されています。実際のリスニングパートで言うと約9回分。これだけの量があれば、確実に前進できるでしょう。一つずつ、丁寧な解説がなされていて復習もバッチリです。ボタン一つで選択肢ごとにリピート再生できるのもうれしい点です。 間違ってしまった問題は、自動的に「復習 間違えた問題」に記録され復習もカンタン。さらに、「いつも間違える問題」「最後に解いたとき間違えた問題」「一度でも間違えたことがある問題」と細かく分類してくれるので弱点の把握もとてもスムーズです。弱点の把握をして、その後その部分を集中的なトレーニングという設計で上達が見込めます。

  

bunto_app_badgeレベル別の問題編成が超便利!

「600点対策」「730点対策」「860点対策」と問題レベルを分けてくれているので、自分に合ったレベルからステップアップしていくことができます。600点レベルもそんなに簡単というわけではないので、初めての人は600点対策から初めてみることをオススメしますよ。 音声を聞きながら、自分でもしっかり音読するのが上達の近道です。スクリプト(音声を文字に起こしたもの)を見ながらでもいいのでしっかり音読していきましょう。「自分で言える音」は「聴き取れる音」でもあります。

bunto_app_badgeコツコツ根気よく!現時点でトップクラスのリスニングアプリ!

毎日計画的に、根気よく進めていきましょう。正しい音を知り、それを聞き分ける能力を身につけるためには、継続的なトレーニングが不可欠。リスニングは知識ではなくてスキルです。トレーニングを疎かにしてスキルが身に付くことはありえませんよね。がんばりましょう。 復習フォルダや、丁寧な解説、とても使いやすい操作性など、現時点ではトップクラスのリスニングアプリです。これで一気に英語耳を作りましょう!


京都大学理学部2回生。三重県立伊勢高等学校卒業。現在3回生での系登録を目前に、化学、地学など幅広い理系分野を学んでいる。小学生への指導も行っている。