bunto_app_badge基本的な古文単語に加え文学史もしっかりカバー

古文の勉強を始めたら、まず重要になるのが基本となる古文単語。「問題を解こうにも単語の意味がわからなくて何が書いてあるかさっぱりわからない」などということにならないように、基本的な単語はしっかり覚えておきたいですね。「古文単語・常識・文学史」なら500以上の単語が収録されているので、これさえあれば基礎はしっかり押さえられます。さらに、難関私大入試でよく出題される平安時代から江戸時代の文学史も収録されているので、センター試験・私大入試対策にはもってこいのアプリです。

bunto_app_badge暗記も学習効果の確認も、アプリならではの学習のしやすさ

紙の単語帳で勉強していると、覚えたい単語にマーカーを引いて赤シートで隠して・・・とかなり面倒ですよね。せっかくマーカーを引いたのにシートをなくしてしまった、という経験のある人も多いのではないでしょうか? 「古文単語・常識・文学史」だと暗記や学習効果の確認など面倒な作業はアプリがやってくれます。「暗記学習」モードでは10問が出題され、覚えている単語には○、覚えていなかったら☓をつけていきます。ある程度覚えたら「選択問題」モードで学習効果を確認。出題された単語の意味を3つの選択肢から選んでいきます。文学史の問題では、作品名が出題されてその作者を答えるという形になっています。

kobuntago_jousiki_bunpou_1 kobuntago_jousiki_bunpou_2 kobuntago_jousiki_bunpou_3

admin-ajax
看護学部を卒業後、医学部受験に挑戦。卒業後わずか1年で合格を勝ち取った「教科書レベル」からの挑戦
人気記事

bunto_app_badgeどれぐらい覚えられたかひと目で確認できる

「成績」モードでは暗記モードと選択問題モードの進み具合がひと目でチェックできるようになっていてとても便利です。暗記モードの「覚えた」「まだ覚えていない」、選択問題モードの「正解」「不正解」が一覧で見られ、さらに簡単な意味も載っているので、その場で簡単に復習することもできます。

kobuntago_jousiki_bunpou_4 kobuntago_jousiki_bunpou_5

bunto_app_badge自信がついてきたらサバイバルモード

ある程度覚えたら自分の力を試してみたくなりますよね。そんな時にぴったりなのが「サバイバル」モード。サバイバルモードは次々と出題される問題に答え続け、間違えてしまったらそこでアウトというスリル満点のモードです。1問100点で、全国ランクもあるので単調になりがちな暗記学習にも俄然やる気が出てきます。

kobuntago_jousiki_bunpou_6 kobuntago_jousiki_bunpou_7

bunto_app_badgeスキマ学習にもしっかり勉強したい人にも

通学中や電車の待ち時間など、少しの時間でもできるのでスキマ学習にもぴったりです。また、収録数が多いため、暗記から確認まできっちりとやりたいという人、古文の勉強を始めたばかりで基礎をきっちり固めたいという人でも十分にカバーできる内容です。古文単語は英単語に比べるとしっかり覚えるまでに時間がかかりがちです。1日30分、このアプリで勉強しただけで確実に力がついていくので、思い立ったが吉日、すぐに始めてみてはいかがでしょうか?


京都大学大学院農学研究科応用動物化学専攻。大阪府立豊中高校卒業。iGEM Kyoto では発表資料のデザイン・プレゼンテーションを担当、2012年のアジア大会では金賞を受賞し MIT での世界大会に出場した。大学院では、細胞を扱った代謝の研究を行っている。