bunto_app_badge物理電磁気の基礎はこのアプリにおまかせ

電磁気の基礎を固めるならこれ。どうしても紙の参考書で勉強したい!というのでなければ、手軽に持ち運べるアプリで勉強するのがおすすめです。

写真 2014-04-10 0 04 07

bunto_app_badgeシンプルに一問一答形式で

このアプリでは物理電磁気の基本問題を一問一答形式で解いていくことで電磁気の基礎を確認していくことができます。良くも悪くも内容は参考書と同じですが、アプリなら荷物にならず常に持ち歩けるのが良いところです。

tonaki-mjtp-ec
受験にこそパーソナルトレーナーを。4年間、一次試験すら通過できなかった僕が『医学部合格』を勝ち取れた理由
人気記事

bunto_app_badge 一問一答に答えていくだけで自分の苦手分野がわかる

「問題を解く」では、電磁気の基本問題が順番に一問一答で出題されます。紙の問題集ならひと通り解いても自分がどこが苦手なのかは見えにくいものですが、このアプリは正解率の計算を自動的にしてくれるので、解いていくだけで自分の苦手な分野がどこなのかがひと目でわかります。また、ランダムな順番での出題や範囲を指定しての出題もできるので、自分の好みの方法で学習ができるのも便利です。

写真 2014-04-10 0 04 12  写真 2014-04-10 0 04 16  写真 2014-04-10 0 04 23

bunto_app_badge思い出したい公式もすぐに確認できる

「公式チェック」では、調べたい公式を確認することができます。公式を忘れて調べたいときには紙の本で調べるよりもアプリの方がずっと手間をかけずに確認できるのが便利です。多少見づらいところもあるのですが、機能としては十分ですし、今後のアップデートでの改善に期待したいですね。

写真 2014-04-10 0 04 26

bunto_app_badge紙の問題集と同じような使い方で

一問一答には計算問題もあるので移動中などのスキマ時間に利用するのはちょっと厳しいかもしれません。紙の問題集と同じように、机に向かってじっくり取り組むのが良いでしょう。問題を解いて正解不正解を入力しておけば、あとから見た時に苦手な分野がすぐにわかりますので、正答率の低い分野を重点的に勉強していきましょう。必要ならば詳しく説明されている参考書を併用しながら学習を進めていくことをおすすめします。

写真 2014-04-10 0 04 45  写真 2014-04-10 0 04 48


京都大学工学部情報学科。香川県立高松高校出身。13年夏、インターンシップでシリコンバレーにある IT 系企業へ派遣され、フィルタリング技術に関するアプリ開発に携わる。