bunto_app_badge定期テスト対策も受験勉強も、世界史なら山川!

世界史といえばやはり山川。このアプリは定期テスト対策から大学受験対策まで、世界史を勉強する高校生なら誰でも便利に使うことができます。

bunto_app_badge収録数はなんと4000問、使いやすさもピカイチ

このアプリは山川出版社が発行している「一問一答世界史B 用語問題集」をアプリにしたものです。みなさんの中にも山川出版社の教科書を使っている人は多いと思いますが、山川の教科書は多くの高校で採用されているポピュラーなものです。それを元に一問一答が作られていますので安心ですね。また、特筆すべきはその収録集。4000問もの問題が収録されていて、同系統のアプリの中ではダントツの多さです。ただ収録数が多いというだけではなく、使いやすさ、覚えやすさにもこだわったおすすめアプリです。

yamakawa_sekaishi_itimonittou_1  yamakawa_sekaishi_itimonittou_2

kanekon-930
3ヶ月でTOEIC615点から930点に! 商社マンがトレーナーと二人三脚でつかんだ900点の大台。
PR

bunto_app_badge「章から選択」「成績から選択」の好きな方法で問題を選べる

問題を選ぶ方法は2通り。「章から選択」では、章選択画面の右端部分を上下にスワイプすれば章の一覧を高速スクロールすることができますので、まるで本の目次を眺めながら選んでいるように解きたい章を見つけ出すことができます。また、目次画面の上に付いている検索機能からキーワードで検索して選ぶこともできます。紙の問題集の場合は自分の解きたいキーワードがわかっていてもそれが載っている章がどこなのかを見つけ出すには時間がかかりますが、キーワード検索なら一瞬で目当ての部分にたどり着くことができるので時間短縮になります。
章から選ぶ以外に、成績から選ぶモードもあります。このアプリでは問題を解いたら正答率が自動的に蓄積されていき、アプリ下部の「成績から選択」で簡単に見ることができるようになっています。自分の苦手な章がどこなのかが一目でわかるので、苦手な章を重点的に解いていくと良いですね。紙の問題集で勉強する場合は自分で成績の集計をしようと思ったら手間がかかりますが、アプリなら何もしなくても集計してくれるのでとても便利ですね。

yamakawa_sekaishi_itimonittou_3  yamakawa_sekaishi_itimonittou_4

bunto_app_badge多彩なモードと充実の機能

問題を解くモードも2種類用意されています。「四択モード」は4つの選択肢から答えを選んでいく方法です。記憶があやふやな段階でもクイズ感覚で答えを選んでいくことで覚えていくことができます。センター世界史などでは4択問題が多いので、こちらのモードで対策を練るのも良いでしょう。

「一問一答モード」では、編み目で答えがカバーされていて、横にスライドすると答えがわかるようになっています。単答問題や記述問題対策のために用語を完璧に覚えたい人は、こちらのモードで練習して完璧に覚えられるようにしましょう。
さらに、設定で出題に条件をつけることもできます。四択モードでは問題ごとに☆マーク、一問一答モードでは☆に加えて○✕をつけることができ、特定のマークをつけた問題だけ抽出して出題させることができます。また、問題ごとに「最重要用語」「重要用語」「その他必要語句」にレベル分けされていて、難易度ごとの出題も可能になっています。さらに、ランダムな順番で出題することもできますので「何度も繰り返して解くうちに出題順で答えを覚えてしまい、問題の順番が変わると用語を思い出せない」というありがちな事態を防ぐことができます。

yamakawa_sekaishi_itimonittou_5

bunto_app_badge快適に使用する工夫や暗記を助ける工夫が満載

アプリを中断しても次回起動時には最後に解いていた問題から始まるので時間のロスなく勉強を再開することができます。スマートフォンと一緒にいつでも持ち歩けるので通学中などのスキマ時間に手軽に活用することができます。紙の問題集の場合は満員電車の中で広げるのは大変ですが、これだとかさばらないので快適に使うことができます。
まずは問題を順番に解いていき、マーキング機能を使って間違えた問題をマークしていきましょう。2周目は間違えた問題のみ抽出して解き、正解した問題は✕のマークを外していきます。これを繰り返すうちにいつの間にか全部覚えることができるでしょう。また、自分の志望校の入試で頻出の用語には☆をつけておき、それを入試前に繰り返すという使い方もできます。
また、難易度選択機能を使って、定期テスト前に「最重要用語」だけ復習する、志望校の出題傾向に合わせて「最重要用語」「重要用語」だけ重点的に覚えるなど、自分に合った使い方ができます。

yamakawa_sekaishi_itimonittou_6  yamakawa_sekaishi_itimonittou_7  yamakawa_sekaishi_itimonittou_8


京都大学経済学部。大阪府吹田市出身。私立大阪星光学院高校卒業。大学ではアカペラサークルCrazy Clefに所属し、コーラスとリードボーカルを担当。音楽理論を取り入れながら、本格的に活動に打ち込む。