bunto_app_badge世界史の用語の理解に役立つ

対象としてはセンター試験や二次試験で世界史を選択している受験生が主に挙げられます。全くの初学者だと歯が立たなさすぎて意味がないので、とりあえず一通り世界史の大体を勉強したあとに取り組む方が良いでしょう。

bunto_app_badge問題+解説+弱点補強の3ステップ

このアプリは3つのモードがあり、1つめは実際の試験を想定した「問題を解く」モード、2つめは各単元についてまとめた「要点を読む」モード、最後は問題を解いている時に後回しにした問題を集中的に振り返る「『後で』問題をチェック」モードです。この3つのモードを場面に応じて使うことによって基本的な知識を身に付けることができるはずです。

Zkai_sekaishi_1

tonaki-mjtp-ec
受験にこそパーソナルトレーナーを。4年間、一次試験すら通過できなかった僕が『医学部合格』を勝ち取れた理由
人気記事

bunto_app_badge問題は実際の入試と同じものを!

「問題を解く」モードで出題される問題は、私立大学の入試過去問から作られています。いくら一問一答で答えを覚えていったとしても実際の入試ではストレートな質問がされるとは限りません、少し変化球の質問がきたときでも対応できるようにしておくことで、本当の意味で対策ができているという状態になるはずなのです。

Zkai_sekaishi_3  Zkai_sekaishi_4

bunto_app_badge解説も実際の参考書と同じものを収録!

「要点を読む」モードでは、「入試に出る 世界史用語&問題2000」(Z会)にも掲載されているまとめを読むことができます。実際の参考書と同じクオリティのものが利用できるという点は安心できるでしょう。
ただしアプリ用に編集されているものではないので、少し見づらいところがあるのが難点です。

Zkai_sekaishi_2

bunto_app_badgeスキマ時間の問題演習用に!
先ほども言った通り、スマホ用にきちんとカスタマイズされきっていないコンテンツも多いのでこのアプリだけで勉強するのは難しいでしょう。ある程度紙媒体での勉強をしたうえで、通学時間などのスキマ時間に問題に取り組み、間違えたりあやふやなところは解説を読んで補強するというプラスアルファの勉強として利用すれば十分な効果が望めると思われます。

Zkai_sekaishi_5  Zkai_sekaishi_6


京都大学法学部OB。大阪府大阪市出身。大阪府立高津高校卒業。中学高校時代は陸上部で活躍し大学でも持久走同好会に所属する一方、4歳からピアノを習い大学入学後はオーケストラでバイオリンを担当するなどマルチな才能を発揮している。