目次

  1. はじめに
  2. 概要
    1. 試験日
    2. 試験範囲・試験時間・解答形式
    3. 配点
    4. 出題の傾向と特徴(概要)
  3. 出題の傾向と特徴(詳細)
    1. 英文読解
    2. 英文法・語彙
  4. 試験対策・勉強法とおすすめ参考書紹介
    1. 基本単語・文法の定着
    2. 標準レベルの単語、文法問題に取り組む
    3. 長文問題に取り組む
    4. 過去問・模擬問題集を用いた演習に取り組む

烏丸学び舎
少人数制、個別指導。あなたのための”医学部・難関大専門”予備校が、四条烏丸にあります。
PR

1. はじめに

愛知医科大学は、愛知県愛知郡長久手町にある私立医科大学です。同県には藤田保健衛生大学もあり、両者ともに私立医学部の中では比較的入りやすい大学ではありますが、近年難易度が上昇しつつあり、合格を勝ち取るのは容易ではないでしょう。

愛知医科大学ではホームページのあちこちに「ヒューマニズム」というキーワードが見られます。教育目標にも、以下の記載があります。

愛知医科大学教育目標より引用:

医学教育は,ヒューマニズムに徹し,医学に関連した社会的使命を進んで果たす医師を養成することを目標としています。現代社会は,医学の研究に豊かな思考力と創造性を発揮し,常に医学の進歩に対応しつつ,高度の知識・技術を身につけることのできる医師又は医学者を求めています。愛知医科大学では,これらの要請に的確に対応するため,3つの教育目標を掲げています。
将来の医学・医療の様々な分野に共通して必要な基本的知識,技術及び態度・習慣を身につけ,生涯にわたる学習の基礎をつくります。
自主性・創造性を身につけ,問題解決能力を高めます。そして,医学の進歩と,医療をめぐる社会情勢の変化に対応できる能力を養います。
医療を,予防・診断・治療からリハビリテーションまでの総合的なものとしてとらえ,自然科学のみならず,その背景にある精神的・社会的諸問題と関係づけ考える力を伸ばします。

2. 概要

2.1. 試験日
一般入試
1次試験:2017年1月24日(火)
2次試験:2017年2月2日(木) / 2月3日(金)  ※いずれか希望する日

2.2. 試験範囲・試験時間・解答形式
(試験範囲)
・英語:コミュニケーション英語I・コミュニケーション英語II・コミュニケーション英語III・英語表現I・英語表現II
・数学:数学I・数学II・数学III・数学A・数学B(数式、ベクトル)
・理科:『物理基礎・物理』、『化学基礎・化学』、『生物基礎・生物』の3科目から2科目選択。
・面接
・小論文

(試験時間)
1次試験
・数学(80分)
・英語(80分)
・理科(120分)※2科目選択

2次試験
・面接
・小論文(60分)

2.3. 配点
1次試験
・英語(150点)
・数学(150点)
・理科(200点)

2次試験
・小論文(5段階評価)
・面接(5段階評価)

2.4.出題の傾向と特徴(概要)
愛知医科大学の入試問題は、近年大きな変更がありました。まず、時間に関して、それまで100分だった試験が80分に短縮され、大問数も2014年までが8つ、2015年が7つ、2016年が6つといったように減少傾向にあります。難易度、時間に対する問題量大きく変わっておらず、医学部の中ではやや解きやすい部類に入ると思いますが、傾向が新しい問題もあったため2016年の入試を受験した人は動揺してしまったかもしれません。

2016年の問題は、長文の空所補充問題の大問が消滅し、大問7題の形式から大問6題の形式に変化し、それに伴い、試験時間が100分から80分になりました。また、大問1の文法空所補充問題の傾向が変化し、二つの文の空所補充の正しい組み合わせを答える形式になりました。そのため、仮に片方の答えがわかっていても、もう一方の答えがわからないと、誤った組み合わせの選択肢を選んでしまう可能性があり、難易度が上昇しました。この選択肢の傾向は、以前から長文の内容真偽問題で出題されています。従来、内容真偽問題では、本文に該当する(該当しない)選択肢を選ぶ形式となっていることが多く、明らかに異なっている選択肢から消去していくことができるのですが、本学の場合、選択肢の全ての正誤の組み合わせになっている選択肢から一つ選ばならないため、一つでも間違えると異なった選択肢を選んでしまうことになります。このわずかなミスが合否を分けると言っても過言ではなく、慎重に問題を解くことが求められます。

その他、文章中に指示された語句を挿入する問題が出題されるなど、珍しい傾向の問題が出題されるので、慣れていないと時間が足りなくなる恐れがあります。数年分の過去問を時間を計って解くと共に、時間がかかる単元を克服することが重要です。

このように、近年大きな変更があったため、傾向の変化が今後も出てくる可能性があります。どのような傾向の問題が出題されたとしても、それに動じない実力をつけて入試に臨みましょう。

3. 出題の傾向と特徴(詳細)

3.1 英文読解
・空所補充問題
長文の空所補充問題は、選択肢が多いのが特徴で、2016年の問題では、12択もの選択肢がありました。また、選択肢と同じ数の空所があるため、一つ間違えると、なし崩し的にもう一つ間違えてしまうため、大きな失点を招く可能性があります。そのような間違いを防ぐためには、まず自信のある箇所から解答していくことでしょう。aから順番に答える必要はないので、答えに迷ったり、自信が持てなかったら、次に進むことが重要です。

・内容真偽問題
内容真偽問題は、先ほども述べた通り、全ての選択肢に関して正しく正誤を答えられなければ間違えた選択肢を選ぶことになってしまいます。そのため、消去法を使うことはできず、一つでも正誤を間違えると誤った選択肢を選んでしまうことになります。多少時間をかけてでも、慎重に考えましょう。

・語句補充問題
文章の中のどの箇所に指定された語句を挿入するべきかという問題です。2016年には候補となる箇所が8つにもおよび、要領を得ないと大量に時間を消費してしまいます。意味から選ぶ人も多いと思いますが、文法的に当てはまらない箇所を消していった方がスムーズに解答できるはずです。そのためには、品詞と文型の正しい知識が求められます。

3.2 英文法・語彙
・空所補充問題
2015年までは通常の4択問題だったのですが、2016年は二つの問題が合体されており、正しい組み合わせの選択肢を答える形式になりました。したがって、実質的に二つの問題の両方を正解できなければ正解とならないため、難易度が上昇したと言えます。

文法問題以外に句動詞(動詞+前置詞)の問題もよく出題されるので、重要なものはまとめて覚えておくと良いでしょう。問題の難易度自体はそこまで難しいわけではないので、基本の定着を重視してください。

・整序問題
愛知医科大学では、長文の中と最後の大問で整序問題が出題されます。問題の難易度は基本レベルよりも高く、構文や熟語の知識などが絡んでくる他、最後の大問の問題は8択以上の選択肢を並び替えなければならないため、要注意です。しかし、ベースでになるのはあくまでセンターレベルの知識なので、その知識を4択で正答を得られる程度のうろ覚えではなく、完全に定着させることを目指しましょう。

・単語記述問題
愛知医科大学の問題では、最後から二つ目の大問で単語の記述問題が出題されます。2015年までは単語の説明が英語で書かれており、その答えを書くという形式で、英英辞典を読んで単語を書くような形式でしたが、2016年は、短文の空所に適切な単語を記述する形式に変化しました。また、長文の中にも単語を記述する問題が若干出題されます。

解答する単語はごく基本的なレベルのもので、難易度の高い単語まで正しい綴りを書くことまでは要求されません。基本単語を派生語を含めて正しく書けるようにしておきましょう。

4. 試験対策・勉強法とおすすめ参考書紹介

Step.1:基本単語・文法の定着
愛知医科大学の問題では、英単語の記述問題が特徴的です。記述する単語はいずれも基本英単語と呼ばれるレベルの単語なのですが、中学レベルの単語ではないので、いざ書こうとすると意外と綴りを間違える人が多いものです。入試間近になってこのような事態に気づいたとしても範囲が膨大なので、手の打ちようが無いというケースが見受けられます。このようなことにならないためにも、初めから英単語を見て日本語の意味を答えるだけでなく、日本語を見て、英語を書くという練習もしておきましょう。

ただし、初めから日本語→英語を覚えようとすると暗記の負担が大きいので、初めの1周は英語→日本語を答えるやり方で構いません。1周やり終わったら、日本語→英語の方も取り組んでみましょう。

『キクタンBasic4000』(アルク)

『システム英単語 Basic 改訂新版』(駿台文庫)

また、単語と並行して文法の学習も進めましょう。典型的な文法問題も数多く出題される上、読解をする上でも文法の知識は重要です。まずは、下記のような基本レベルの問題集を1周し、これを何度か繰り返して定着させましょう。

『英文法・語法 SPEED攻略10日間』(Z会出版)

文法問題を解きながら、不明点が浮上したときは、質問をするか、文法の参考書で調べ、不明点を解消しておきましょう。代表的な参考書には以下の通りです。

『総合英語Forest』(桐原書店)

『チャート式 基礎からの新総合英語』(数研出版)

Step.2:標準レベルの単語、文法問題に取り組む
単語は、続いて受験レベルの単語帳へ移りましょう。このレベルになると、単語のレベルが徐々に高くなり、覚えるのが大変になってくるかもしれませんが、長文の中には出てくる単語ばかりなので、粘り強く覚えていきましょう。

『英単語ターゲット1900』(旺文社)
『システム英単語』(駿台文庫)

これらの単語もまずは英語→日本語を定着させ、その後日本語→英語を覚えていきましょう。ただし、愛知医科大学に限った話をすると、後半の1500番以降の単語に関して記述しなければならないケースは非常に低いと言えます。

次に、文法の問題集もStep1よりもさらに上のレベルの問題を解いておきましょう。下記の問題集を完璧にしておけば、本番の入試でも十分に対応することが可能です。問題はただ正解、不正解を答えるだけでなく、解説までよく読み、しっかりと納得することが大切です。何度か繰り返すと答えを覚えてしまうので意味がないのではないかと言う人もいますが、そのような場合はなぜ他の選択肢が不正解なのか、このように変化するとこの選択肢も正解になるのではないかなどという点まで踏み込んで問題を解いてみましょう。自然と論理的に解く方法が分かりますし、類問が出題された場合も対応することができます。

『改訂版 アップグレード 英文法・語法問題』(数研出版)
『NEXT STAGE 英文法・語法問題 3rd Edition』(桐原書店)
『即戦ゼミ3英語頻出問題総演習』(桐原書店)

Step.3:長文問題に取り組む
次に長文問題に取り組みましょう。愛知医科大学の場合、長文問題で厄介なのは内容真偽問題ではないかと思います。というのも、普通、内容真偽問題では消去法が使えたり、正しい選択肢(間違った選択肢)を3つ選ぶような場合、全て正解しなくても部分点がもらえるケースもあるのに対して、愛知医科大学の問題は全て完全に正解しなければ得点にならないからです。このような形式の問題では、数字や時制、主語、動詞、目的語、態などが間違えていないか、表現が本文よりも誇張し過ぎていないかなど慎重に検証した上で、テキパキと解答したいものです。初めのうちは、ダミーの選択肢に引っかかってしまうことが多いと思いますが、単に正解、不正解で一喜一憂するのではなく、解答の根拠や言い換えられている表現に注意することが大切です。

長文問題集では、残念ながらこの形式の問題はほとんどありませんが、普通の内容真偽問題の正答率を上げることによって、自然と解けるようになるので心配する必要はありません。まずはオーソドックスな長文問題集に取り組み、徐々にレベルを上げていきましょう。

『英語長文レベル別問題集 (3) 標準編』(東進ブックス)
『やっておきたい 英語長文500』(河合出版)

上記の2冊はレベル別に分かれているので、自分のレベルに合ったものを選ぶことができます。

Step.4:過去問・模擬問題集を用いた演習に取り組む
Step3まで終了したら、過去問に取り組んでください。愛知医科大学は他の私立医学部と比べると比較的時間的余裕がありますが、単語の記述問題や長文読解の内容真偽など、あまり考えすぎると堂々巡りに陥りがちな問題が多いので、少し考えても結論が出ない場合は、飛ばして最後にやるというのも良いかと思います。

しかし、問題全体を見ると、大半の問題は一般的な問題なので、他大学の過去問を解くことも十分に対策になり得ます。私立医学部の長文が掲載された問題集には、下記のものがあるので、一度取り組んでみてください。

『私大医学部への英語』(学研教育出版)

(参考)
愛知医科大学|愛知医科大学 教育目標