目次

  1. はじめに
  2. 概要
    1. 試験日
    2. 試験範囲・試験時間・解答形式
    3. 配点
    4. 出題の傾向と特徴(概要)
  3. 出題の傾向と特徴(詳細)
  4. 試験対策・勉強法とおすすめ参考書紹介
    1. 用語・定義の確認
    2. 実験、考察問題への取り組み
    3. 計算問題への取り組み
    4. 過去問・模擬問題を用いた演習

1. はじめに

愛知医科大学は、愛知県愛知郡長久手町にある私立医科大学である。同県には藤田保健衛生大学もあり、両者ともに私立医学部の中では比較的入りやすい大学であるが、近年難易度が上昇しつつあり、合格を勝ち取るのは容易ではないだろう。

愛知医科大学ではホームページのあちこちに「ヒューマニズム」というキーワードが見られる。教育目標にも、以下の記載がある。

愛知医科大学教育目標より引用:

医学教育は,ヒューマニズムに徹し,医学に関連した社会的使命を進んで果たす医師を養成することを目標としています。現代社会は,医学の研究に豊かな思考力と創造性を発揮し,常に医学の進歩に対応しつつ,高度の知識・技術を身につけることのできる医師又は医学者を求めています。愛知医科大学では,これらの要請に的確に対応するため,3つの教育目標を掲げています。
将来の医学・医療の様々な分野に共通して必要な基本的知識,技術及び態度・習慣を身につけ,生涯にわたる学習の基礎をつくります。
自主性・創造性を身につけ,問題解決能力を高めます。そして,医学の進歩と,医療をめぐる社会情勢の変化に対応できる能力を養います。
医療を,予防・診断・治療からリハビリテーションまでの総合的なものとしてとらえ,自然科学のみならず,その背景にある精神的・社会的諸問題と関係づけ考える力を伸ばします。

(引用:愛知医科大学|教育目標

tonaki-mjtp-ec
受験にこそパーソナルトレーナーを。4年間、一次試験すら通過できなかった僕が『医学部合格』を勝ち取れた理由
人気記事

2. 概要

2.1. 試験日
一般入試
1次試験:2017年1月24日(火)
2次試験:2017年2月2日(木) / 2月3日(金)  ※いずれか希望する日

2.2. 試験範囲・試験時間・解答形式
(試験範囲)
・英語:コミュニケーション英語I・コミュニケーション英語II・コミュニケーション英語III・英語表現I・英語表現II
・数学:数学I・数学II・数学III・数学A・数学B(数式、ベクトル)
・理科:『物理基礎・物理』、『化学基礎・化学』、『生物基礎・生物』の3科目から2科目選択。
・面接
・小論文

(試験時間)
1次試験
・数学(80分)
・英語(80分)
・理科(120分)※2科目選択

2次試験
・面接
・小論文(60分)

2.3. 配点
1次試験
・英語(150点)
・数学(150点)
・理科(200点)

2次試験
・小論文(5段階評価)
・面接(5段階評価)

2.4 出題の傾向と特徴(概要)
理科は2科目で120分、200点の配点となっている。大問は1~4つあり、各大問は5~7問の問題から構成されており、記述がメインの出題形式となっている。また、理科の中で化学、物理は基礎レベルであるが、生物は標準レベルである。傾向としては、空所補充問題、計算問題、論述問題、描図問題が満遍なく出題されている。計算問題は、途中計算を要求されることは少なく、解答のみを解答欄に書き込むだけとなっている。論述問題は字数制限がないことが多いので解答欄に収まるようにポイントをしっかり絞って書く練習をしておこう。

年度によっては問題数にばらつきがあるが、体内環境や動物の反応の分野からは毎年出題されている。全体的に考察問題と知識問題の両方が問われるが、教科書レベルを超えた知識や応用力を求める問題はごく稀である。また、考察問題のリード文はそれほど長くはなく、結果も典型問題のものと大差ないので予測もしやすい。計算問題も含まれるため、総合力、応用力をに加えて、素早い情報処理能力も試されているような印象を受ける。

教科書レベルの問題は、コラムなどの細かいところまで出題されているので、基礎事項の徹底した理解が必要である。教科書では図や表、脚注にも注意を払って勉強しておきたい。教科書に加えて図説などをしっかり読んでおくことも有効である。また、医学と関連が深い代謝、体内環境、動物の反応は念入りに学習しておこう。全体としての難易度は標準的であるが、基本問題の取りこぼしができないこと、数問含まれる難度の高い問題でどの程度得点できるかがカギといえるだろう。

3. 出題の傾向と特徴(詳細)

3.1 細胞と分子
DNA複製や細胞周期に関する問が多く、グラフや図を用いた問題が多い。プライマーの方向性や、ヌクレオチドの重合など、根本の理解が問われるところなので教科書の定義をしっかりマスターする必要がある。

3.2 代謝
これまでの出題はかなり限定的であり、動物の代謝経路がほとんどである。内容は教科書レベルであり、複雑な計算問題は出題されていない。しかし、計算が多い分野でもあるため、ATPの生成量やグルコースの生成量などの計算には慣れておこう。

3.3 遺伝情報の発現
DNAやRNAにちなんだ問題が多く、計算問題も多い。PCR法や形質転換、塩基の置換,伴保存的複製などが出題されている。標準問題のみの出題なので標準的なテキストをこなしておけば十分対応できるだろう。新課程になってから、他の単元と比較して理解が難しくなっているため、十分な学習が必要となるだろう。

3.4 生殖と発生
主に動物の発生に関する問題が出題されている。考察問題がメインであり、典型的な問題が多い印象を受ける。日々の学習で標準問題に多くあたり、しっかりと実験結果をストックしておこう。

3.5 遺伝
二遺伝子雑種の独立、連鎖型(不完全連鎖)の問題が出題されることがほとんどである。年度によっては家系図を使って、遺伝病の様式を特定させたり、親族の遺伝子型を決定させるような問題も出題されることも予測される。特段難しいわけではなく、セミナーやリードαの問題をこなしておけば十分対応できる。

3.6 動物の反応と行動
筋肉と神経、反射、ホルモン、免疫のうちいずれかは、毎年出題されている。筋肉と神経では、膜電位と伝導速度の計算という受験生に嫌厭されがちな分野が多数出題されている。中では、神経や目や耳に関する問題が多い印象を受ける。前庭や半規管など苦手意識の多いところが出題されているので注意が必要である。

3.7 植物の環境応答
あまり出題頻度の高くない分野であり、学習の優先順位はそれほど高くはない。生体系の分野を一通り終了させた後にもう一度取り組んでみると良いだろう。

3.8 生物の多様性と生態系
植物の環境応答と類似してあまり出題のない分野である。個体群、標識再捕法、生態系の物質収支など計算問題が多い傾向がある。生態系の物質収支は繰り返し出題されており、今後の対策は欠かさないようにしよう。

3.9 生命の起源と進化、生物の系統
非生体系からの分野では、ここからの出題が多い。分子系統樹、突然変異とゲノム分析、動物界の分類からの出題が多く、他と比較して難易度が高く、計算量、記述量も多い。

4. 試験対策・勉強法とおすすめ参考書紹介

■Step.1 用語・定義の確認
愛知医科大学では、高校範囲を逸脱した単語や考察問題が問われることはない。用語も記述問題がメインであり、全体的に取りこぼしはできない。教科書傍用と教科書を用いた学習で十分に合格点に達することができるため、基本の学習を怠らないようにしよう。また、図説を用いてグラフや表になじんでおく必要もある。

参考書
・『チャート式 新生物、生物基礎(数研出版)』
・『大森徹の最強講義(文英堂)』
・『大学入試の得点源(要点) (文英堂)』
・『生物 知識の焦点(Z会)』
・『理解しやすい生物、生物基礎(文英堂)』
・『田部の生物基礎をはじめからていねいに(東進ブックス)』
・『生物基礎が面白いほどわかる本 (中経出版)』

初学者は、いきなり問題を解き始めるよりも参考書や教科書を使って生物現象や用語の定着に努めるほうが効率的である。用語が定着した後は、問題集でアウトプットしていこう。リードやセミナーを使う際の注意点としては、いきなり発展問題などはやらずに、セミナーのプロセスやリードにあるリードBなど基礎問題の反復練習に努めるほうが効率がよい。

問題集
・『基礎問題精講(旺文社)』
・『らくらくマスター 生物・生物基礎(河合出版)』
・『生物用語の完全制覇(河合出版)』
・『セミナー 生物』
・『リードα 生物』
・『リード light 生物 生物基礎』

■Step.2 実験、考察問題への取り組み
ここからは、標準問題を軸に実際の考察問題を解いていくことになる。愛知医科大学では大問4つのうち、2つ程度で考察問題が出されることが多い。標準的な問題を多くこなし、実験結果を暗記しておくようにするとスピードアップにつながるだろう。
また、重要問題集や標準問題集は考察問題がメインであるが、この問題集は難関国立大学の問題を多く掲載しており、愛知医科大学にとってはオーバーワークな側面もあるため、時間がない人は手を出す必要はないだろう。

・『セミナー 生物』
・『リードα 生物』
・『生物の良問問題集 (旺文社)』
・『基礎問題精講 (旺文社)』
・『生物重要問題集(数研出版)』
・『生物標準問題精講(旺文社)』

■Step.3 計算問題への取り組み
計算問題は、個別に対策しておく必要がある。セミナーやリードαなどの網羅系問題集にも計算問題は含まれているが、計算問題に対する網羅性はあまりよくない。

『大森徹の生物 計算・グラフ問題の解法』(旺文社)
『大森徹の生物 遺伝問題の解法』(旺文社)

愛知医科大学は基本的であるが毎年、計算問題が数問出題されるため、必ず個別に対策しよう。特に、遺伝、神経の伝導速度、腎臓、塩基対数の計算、物質収支、系統樹、生体系に関する計算などは頻出である。 公式を暗記することも大切であるが、公式の導出過程を理解し、忘れないように学習をしていくことが重要である。また、計算問題に関する注意点であるが、計算問題が記述であることが多いため、選択肢に頼ることができず自力での完答が求められる点に注意しておこう。

■Step.4 過去問・模擬問題を用いた演習
Step1~3が終了したら、過去問を解き始めよう。過去問は、できれば夏明け辺りから始めたいところである。もちろん、もっと早い段階で実力がついていれば、過去問に着手してもよい。よく直前期になるまで過去問を解かずに取っておくという話を聞くが、Step1を終えたころに一度過去問を解いてみるといいかもしれない。どういった単元が頻出しているのか、難易度はどのくらいか、ということがイメージしやすくなるだろう。60分で記述の含まれる大問が4つのため、しっかりと過去問対策をしておこう。

(参考)
愛知医科大学|教育目標