目次

  1. はじめに
  2. 概要
    1. 試験科目
    2. 試験時間
    3. 配点
    4. 出題の傾向と特徴(概要)
  3. 出題の傾向と特徴(詳細)
    1. 理論化学
    2. 無機化学
    3. 有機化学
    4. 高分子
  4. 試験対策・勉強法とおすすめ参考書紹介
    1. 教科書内容の振り返り
    2. 知識の補強
    3. 解法パターンの習得と計算力の増強
    4. 定番問題の習得
    5. 過去問の演習

1. はじめに

tonaki-mjtp-ec
受験にこそパーソナルトレーナーを。4年間、一次試験すら通過できなかった僕が『医学部合格』を勝ち取れた理由
人気記事

2. 概要

2.1 試験科目
1次試験
・英語
・数学
・理科(物理・化学・生物から2科目選択)

2次試験
・面接

2.2 試験時間
1次試験
・英語(80分)
・数学(80分)
・理科(120分)※2科目選択

2次試験
・面接

2.3 配点
1次試験
・英語(200点)
・数学(200点)
・理科(200点[100×2])

2次試験
・面接(非公表)

2.4 出題の傾向と特徴(概要)
全問記述式で、だいたい大問5〜6題の構成となっている。小問数20数題ぐらいを60分で解答するため、他の医学部と比べると時間的な厳しさはない。問題の構成内容は毎年異なっており、決まった形はないが、理論2題・有機1題は毎年出題されている。年度によって無機・高分子・小問集合などが出題されている。計算問題に関しては問題数も少なく、難易度も標準的なものが多い。知識問題が中心で、問われる知識の幅が広い。そのため、計算問題よりは知識の多さ、正確さで差が付くような問題構成となっている。また、理論と比べると有機の構造決定問題では、分子量が大きくやや複雑な構造に問題が及ぶため難易度が少し高い。本学の理科の特徴として、生物・物理の難易度が高く、化学は比較的易しいことが挙げられる。化学・生物、物理・化学どちらの受験者も、自身の実力と相談し、2科目合計でより高得点が取れるような時間配分を心がけたい。

3. 出題の傾向と特徴(詳細)

3.1 理論化学
電池と電気分解、中和滴定、電離平衡、化学平衡、酸化還元などの範囲からの出題比率が高い。難易度としては、標準的な問題が多い。1題当たりの設問数が少ないので、計算分量としてはそれほど多くはない。化学現象に関する記述問題も出題されているので、記述問題の対策もしっかりと行って欲しい。

3.2 無機化学
気体の製法・各物質の性質・元素の各論・系統分離など幅広く出題されている。正誤問題などでやや細かい知識が問われることもあったり、ホウケイ酸ガラスや鉛ガラスなどのガラスの分類が出題されるなど、出題される知識の幅が広いことが特徴である。イオン系統分離、気体の性質や製法、各論も出題されるなど傾向に関しても幅広いと言える。

3.3 有機化学
有機の問題に関しては、毎年1題構造決定の問題が出題されている。典型的な問題が多いが、難度の高い問題が出題されることもある。典型的な問題も分子量も大きく、時間のかかる問題を出題しており、全体としてはやや難度が高いと言える。IUPAC命名法に基づく名称のつけ方が聞かれることもあるので、普段から問われていなくても化合物の名称についても意識を向けて学習しておきたい。やや複雑な構造、反応が問われるので国立向けの応用的な問題にも取り組んでおきたい。

3.4 高分子
天然有機に関しては、ほぼ毎年大問1題ぐらい出題されている。一方で、合成高分子に関しては、例年あまり出題されていない。アミノ酸・糖類の問題が頻出であるが、穴埋め問題などの知識問題だけでなく、糖類の構造に関する問題や鏡像異性体を含む異性体の数え上げなども出題されている。

4. 試験対策・勉強法とおすすめ参考書紹介

■Step.1 教科書内容の振り返り

教科書を用意し、一章ずつ読み込む。入試問題は、原則として教科書から出題される。特に各教科書の参考・発展・コラム・実験などは、入試問題の格好の材料になり、出題頻度されやすい。藤田保健衛生大では、標準的難易度の問題からの出題が多いので、教科書通りの流れをしっかりと理解しておけば十分得点が取れる内容である。無機・有機・高分子に関しては教科書レベルを逸脱しないものの、やや細かい知識問題が出題されているので、しっかりと知識の整理を行って欲しい。

ただし、教科書の表現は初学者には少し難しいこともあるので、Step.1では全てを理解する必要はない。この段階では、各教科書の発展やコラムには触れなくても良い。ざっとどんなことが書かれているか整理していくと良い。読んでもすぐには理解出来ないという人は、下記の紹介されている参考書などを教科書の対応する箇所を合わせて読み込むと良い。また、実験装置や沈殿の色など目で見た方が記憶に残りやすいので、資料集も一冊用意しておくと良い。得た知識をどう使っていくのかについては下記の問題集を利用して、確認していくと良い。

○参考書
『岡野の化学が初歩から身につく-理論化学1-』(東進ブックス)
『岡野の化学が初歩から身につく-無機化学+有機化学1-』(東進ブックス)
『岡野の化学が初歩から身につく-理論化学2+有機化学2-』(東進ブックス)
『フォトサイエンス化学図録』(数研出版)

○問題集
『セミナー化学』(第一学習社)
『リードα』(数研出版)

■Step.2 知識の補強

藤田保健衛生大では、計算問題よりも知識問題の方が差が付きやすいので、知識問題の対策を万全にしておきたい。記述問題も毎年出題されているので、どこの大学でも良く出る問題は書けるように訓練しておこう。以下に各単元の注意すべきポイントとオススメの参考書について記載する。

◯理論化学
標準的難易度で典型的な問題が多いので、教科書のストーリーを自分の言葉説明できるぐらい理解しておけば安定して得点が取れるだろう。正誤問題や記述問題で手際良く解答出来るように、化学用語の定義はしっかりと押さえておこう。

『鎌田の理論化学の講義(大学受験Doシリーズ)』(旺文社)

◯無機化学
イオン系統分離、気体の性質や製法、元素ごとの各論なども出題されるなど、無機の王道的な出題形式である。全体として計算よりも知識で差がつく事が多いので、教科書に載っている事は隈なく身に付けておきたい。無機に関しては問題集を解く事と平行して、知識を使える形に整理しておくような学習が必要である。化学反応式を書くこともあるので、書けるように練習しておこう。

『福間の無機化学の講義(大学受験Doシリーズ)』(旺文社)

◯有機化学
藤田保健衛生大では、有機化学の分野でやや難易度の高い問題が出題されている。知識や解法パターンの暗記だけに頼った学習だと問題を解くことは難しいだろう。ただ知識を身に付けるだけでなく、問題を解くためにアウトプットできる形で整理しながら習得していく必要がある。問題演習と並行して、知識の整理をしていくと使える知識として身に付いていくだろう。

◯高分子
アミノ酸や糖類は頻繁に出題されている。糖類では、原料、構造、性質に加え、構造式が書けるにしておこう。特に糖類の還元性はヘミアセタールの構造の有無によって決まってくるが、構造を見て見抜けるようにしたい。その他、グルコースの構造はもちろん、フルクトースも書けるようにして欲しい。アミノ酸ではペプチドの検出方法や等電点などは頻出事項なのでしっかりと押さえておこう。合成高分子に関する問題は近年出題していないが、高分子の原料や構造、性質などの基本知識を中心に知識を整理しておこう。

『鎌田の有機化学の講義 三訂版 (大学受験Doシリーズ)』(旺文社)

■Step.3 解法パターンの習得と計算力の増強

Step.3では、計算問題の解法の習得に向けて学習を進めていく。藤田保健衛生大の入試問題は、計算問題の分量が少ない。標準的な難易度の問題が多いので、合格者は確実に点を取ってくるだろう。そのため、計算問題をいかに正確に解いていくかが大事である。一つ一つの計算問題は、それほど難易度が高くないため、難しい問題よりは一行問題レベルでも数をこなし、正確に計算を行う力を身に付けたが良い。下記の問題集や参考書を使い、標準的な計算問題の解法を身に付けていく。

『鎌田の理論化学の講義(大学受験Doシリーズ)』(旺文社)

『化学(化学基礎・化学)基礎問題精講 三訂版』(旺文社)

『ゼロから始める化学計算問題』(中経出版)・・・ドリル形式になっているので、苦手な人はこちらを使って練習すると良い。

『化学計算問題の徹底整理』(数研出版)・・・入試レベルの計算問題が良いという場合は、こちらの問題集で練習すると良い。

■Step.4 定番問題の習得

ここからは実際の大学入試問題を使って、定番の問題の解法を押さえていく。藤田保健衛生大では、理論分野においては典型的で標準的な難易度の問題が多いので、基本問題をしっかりと押さえて欲しい。一方で有機化学に関しては、標準的な難易度の問題よりは若干難易度の高い問題が出題されているので、応用問題までしっかりと目を通して欲しい。

○問題集

『化学重要問題集』(数研出版)

『化学の良問問題集』(旺文社)

○参考書

『化学の新研究』(三省堂)

■Step.5 過去問演習

Step.1-3をクリアしたら過去問演習に入りましょう。

『藤田保健衛生大学(医学部)』(教学社)

本Stepでは下記のように過去問演習を進め、現時点での自分の学力を自己分析することを忘れないで下さい。時間を計って解き、解き切れなかった問題は時間を計らずに最後まで解く。採点後、解説を読み、解き方を理解する。自分には何が足らなかったのか自己分析を行う。自己分析を元に基礎の補強(Step.4)を行い、次年度に進む。

過去問をある程度進めたら、Step.4の自己分析を元に、同時並行で弱点補強を進めましょう。この時期に赤本や難しい問題ばかりに手を出したくなりますが、大事なことは難しい問題が理解できることではなく、合格点を取ることです。忘れていた知識を整理したり、計算のスピードや正確性を磨くことが意外と合格への近道だったりします。ちょっとした問題に足元をすくわれないようにしっかりと足場を固めましょう。