目次

  1. はじめに
  2. 概要
    1. 試験日
    2. 試験範囲・試験時間・解答形式
    3. 配点
    4. 出題の特徴(概要)
  3. 出題の特徴(詳細)
    1. 長文読解問題
    2. 英文法・語彙
  4. 試験対策・勉強法とおすすめ参考書紹介
    1. 基本単語、文法の定着
    2. 標準レベルの単語、文法問題に取り組む
    3. 長文問題に取り組む
    4. 英文和訳問題に取り組む
    5. 過去問・模擬問題を用いた演習に取り組む

mtp-ec
苦手だった英語でほぼ満点を取って国立千葉大学医学部に現役合格した話。
人気記事

1. はじめに

福岡大学医学部は、福岡市の私立大学です。入試の難易度は、医学部の中では比較的入りやすいのですが、学費は高めに設定されています。「人間性豊かな臨床医の育成」、「地域社会への医療奉仕」、「重点的総合研究体系の確立」という3点を教育理念としてい掲げており、特に地元九州からの受験生が多いようです。教育目標には下記の5点が記載されています。

将来、どの分野の医療活動にも対応できるだけの幅広い基本的医学知識ならびに技術を修得する(総合的な臨床能力)
生涯にわたって積極的に医学を自学自習できる能力を涵養する(自習性)
研究的態度で問題解決に当たる能力と習慣を身につける(問題解決能力)
患者や医療従事者などと心から理解し合える豊かな人間性を涵養する(人間性)
医療・福祉チームの中心になりうる指導力・協調性を修得する(指導力・協調性)が教育の目標です。

2. 概要

2.1. 試験日
一般入試
1次試験:2017年2月2日(木)
2次試験:2017年2月14日(火)
※2017年度の一般入試は終了しました。

2.2. 試験範囲・試験時間・解答形式
(試験範囲)
・英語:コミュニケーション英語I・コミュニケーション英語II・コミュニケーション英語III・英語表現I・英語表現II
・数学:数学I・数学II・数学III・数学A・数学B(数式、ベクトル)
・理科:『物理基礎・物理』、『化学基礎・化学』、『生物基礎・生物』の3科目から2科目選択。
・面接
・小論文

(試験時間)
1次試験
・数学(90分)
・英語(70分)
・理科(120分)※2科目選択

2次試験
・面接
・小論文(60分)

2.3. 配点
1次試験
・英語(100点)
・数学(100点)
・理科(200点)

2次試験
・小論文、調査書、面接(50点)

2.4.出題の特徴(概要)
福岡大学医学部の傾向は、近年安定傾向にあり、大問5題の構成となっています。(大問1:下線部和訳、大問2:長文問題、大問3:英文法、語法問題、大問4:発音問題、大問5:整序問題)問題の難易度は基本知識をベースとした問題が多く、問題もオーソドックスなものが多いので、比較的対策がしやすいでしょう。福岡大学の他学部の問題も類問が出題されるので、本番までに他学部の過去問にも手を付けておきたいところです。

問題量に対する時間配分も普通で、特に急がなければ解き終わらないということもありません。特徴として挙げられるのは大問1の英文和訳問題で、私立大学では比較的珍しいと言えるでしょう。(そうは言っても、私立医学部の中にも英文和訳問題が出題される大学はあるので、特異というほどのことでもありませんが)事前の準備を万端にすることによって、かなりの高得点が狙えるはずです。

3. 出題の特徴(詳細)

3.1 英文読解
・英文和訳問題(大問1)
大問1では英文和訳問題が出題されます。名詞節の中に副詞節が入り込むなど、若干複雑な構文が出題されることもありますが、一部の難関国公立、私立大学で出題されるような複雑さはなく、また下線部の語彙も高くありません。構文集に掲載されているような重要構文や慣用表現が含まれていることが多く、このような知識の漏れは大幅な減点につながるでしょう。文法問題集や構文集を完璧に覚えておく必要があります。

・内容真偽問題(大問2)
大問2の長文問題では内容真偽問題のみとなっており、例年、長文を読み、正しい選択肢を4つ答える形式になっています。長文の難易度はセンターレベルとさほど変わりませんが、医療・健康に関する英文が出題されることが多く、その分野の英文を読みなれておくと共に、内容真偽問題を数多く解いておくことが望ましいでしょう。

3.2 英文法・語彙
・空所補充問題
通常の文法空所補充問題です。以前は誤文訂正問題が出題されたこともありますが、近年は4択の空所補充問題のみとなっています。若干難問が出題されることもありますが、大半は基本レベルなので、センター対策の文法問題集を完璧にしておけば問題ありません。

・整序問題
整序問題も構文や熟語の知識が問われる問題が多く、文法の問題集と共に、構文集の定着が鍵を握ります。選択肢の数は6つと決して多くはないので、使うべき語法や熟語などに気づいてしまえば比較的容易に解答できるでしょう。

3.3 発音問題
発音問題も基本レベルの問題が中心となっているので、センター試験の過去問を中心に演習をしておきましょう。また、発音記号は早めに覚え、正確な発音で単語を覚えるように心がけましょう。単語帳のCDを活用すると効果的です。

4. 勉強法

■Step.1:基本単語・文法の定着
福岡大学の問題は、基本レベルの長文が出題されるので、基本単語の定着度合いで大きな差が出る可能性があります。また、英文和訳問題においても単語の意味が答えられないと減点されてしまうでしょう。前述した通り、一部の難関大学のように和訳箇所に難易度の高い単語が出てくることは今のところないので、基本単語の訳を間違えないようにすることが重要です。その他、整序問題では単語の品詞について正確に理解していることが解法への鍵を握ります。まずは、下記の単語帳を品詞や派生語、太字となっていない意味も含めて完全に身についた状態を目指しましょう。

『キクタンBasic4000』(アルク)
『システム英単語 Basic 改訂新版』(駿台文庫)

次に、基本的な英文法の力をつけておきます。書店に行くといろいろな種類の文法問題集が揃っていると思いますが、初めはできるだけ薄くて簡単なものから始めた方が良いでしょう。分厚いものは挫折する可能性が高く、また何とか終わらせたとしても1周するのに時間がかかり、最初の頃にやったものは全て忘れているということになりかねません。まずは下記に挙げるような簡単なものを2、3周回し、基本的な内容が定着したら、次のレベルに進みましょう。
『英文法・語法 SPEED攻略10日間』(Z会出版)

問題を解いていて不明点が出てきたら、必ず教師に質問をするか、文法参考書を読むなどして解決しておきましょう。文法参考書は、特に初めのうちは初めから終わりまですべて読む必要はないので、辞書的に活用すれば良いと思います。
『総合英語Forest』(桐原書店)
・『『チャート式 基礎からの新総合英語』(数研出版)

■Step.2:標準レベルの単語、文法問題に取り組む
Step1のレベルが終了したら、標準レベルの単語帳に移りましょう。以下のものが代表的ではありますが、レイアウトなどを見て、気に入ったものを選んでいただいて構いません。こちらも品詞や派生語を含めて最終的には全て覚えることができれば理想的なのですが、初めからそこまでやるのは時間がかかりそうであれば、とりあえず英単語を見て、意味を答えるレベルの定着度で1周するなど何度か繰り返しながら、徐々に覚えていくと良いです。
『英単語ターゲット1900』(旺文社)
『システム英単語』(駿台文庫)

英文法も基本が身についたら、センターレベルのものへ移りましょう。下記に3冊挙げるうちの1冊で構わないので、完璧に仕上げるようにしてください。本番の入試問題でも、これらがしっかりと身についていれば十分に対応できます。何周かして答えを覚えてしまっても構いません。その場合は、不正解の選択肢について、なぜ不正解なのかを考えてください。

下記の3冊は、文法の4択問題に加え、発音や整序問題も掲載されています。そのため、1冊で福岡大入試のかなりの部分をカバーしています。
『改訂版 アップグレード 英文法・語法問題』(数研出版)
『NEXT STAGE 英文法・語法問題 3rd Edition』(桐原書店)
『即戦ゼミ3英語頻出問題総演習』(桐原書店)

上記の問題集は4択の空所補充問題が中心となっていますが、福岡大学では整序問題も毎年出題されます。整序が苦手だという人は、上記の文法問題集を一通り終わらせた後、下記に挙げるような整序の問題集に取り組んでみましょう。
『3ステップで解く!英語整序問題の必勝テクニック』(旺文社)

また、上記の3冊は、発音問題も掲載されています。追加で発音の学習もしたいという人は、発音の問題集をやってみると良いでしょう。
『短期で攻める 最頻出問題 発音・アクセント300』(桐原書店)

■Step.3:長文問題に取り組む
福岡大学医学部の長文は、センターレベルの難易度とそれほど変わりません。しかし、長文の分野が医療に関するものが多いため、英文を読むための基礎力がついたら、福岡大の過去問や他の私立医学部の過去問などを解き、対策をしておきましょう。ただし、他大学の医学部の中には非常に難易度が高いものがあるので、注意が必要です。まず、このStepではセンターレベルの長文が読める基礎力をつけることを目指してください。下記に挙げた長文問題集はレベル別に分かれているので、活用しやすいのではないでしょうか。
『英語長文レベル別問題集 (3) 標準編』(東進ブックス)
『やっておきたい 英語長文シリーズ』(河合出版)

■Step.4:英文和訳問題に取り組む
私立大学では比較的珍しい傾向ですが、福岡大学では英文和訳問題が出題されます。下線部の単語はそこまで難易度が高いことはありませんが、構文や慣用表現などが含まれていることが多く、それらの知識が欠けていると高得点を取ることは難しいでしょう。したがって、対策としては、まず文法問題集や構文集を徹底し、その上で英文和訳問題に取り組むのが良いと思います。文法問題集はStep2で紹介したもので十分対応できるでしょう。代表的な構文集は、以下のものが挙げられます。
『英語の構文150 – upgraded 99 lessons』(美誠社)

構文が一通り身についたら、次は英文和訳に取り掛かりましょう。英文和訳問題集の類は、いろいろとありますが、気をつけたいのは、難関国公立向けの難しいものをやる必要はないということです。下記に挙げる中級レベルまでのもので十分対応できます。
『ポレポレ英文読解プロセス50』(代々木ライブラリー)
『大学受験のための英文熟考 上・下』(旺文社)
『入門英文解釈の技術70』(桐原書店)

■Step.5:過去問・模擬問題集を用いた演習に取り組む
今まで見てきた通り、福岡大学の問題は傾向が安定しており、また、特殊な問題形式でもないので、比較的対策は立てやすいのではないかと思います。Step4まで一通り終了したら、過去問を解いてみましょう。また、他大学の過去問、特に私立医学部の過去問にも積極的に取り組み、実戦力をつけてください。英文和訳問題は国公立大学の問題(旧帝大などあまり高いところは避けて良い)や、MARCHの過去問(学部によっては英文和訳問題が無いので、赤本を購入する場合は、事前に確認すること)などがレベル的にも良いのではないかと思います。

医療系の英文が集まった長文問題集は、以下のものがあるので、確認してみてください。
『私大医学部への英語』(教学社)