目次

  1. はじめに
  2. 入試の概要
    1. 試験日
    2. 試験範囲・試験時間・解答形式
    3. 配点
    4. 出題の特徴
  3. 出題の特徴(詳細)
    1. 理論化学
    2. 無機化学
    3. 有機化学
    4. 高分子
  4. 試験対策・勉強法とおすすめ参考書紹介
    1. 教科書内容の振り返り
    2. 知識の補強
    3. 解法パターンの習得と計算力の増強
    4. 定番問題の習得
    5. 過去問演習

tonaki-mjtp-ec
受験にこそパーソナルトレーナーを。4年間、一次試験すら通過できなかった僕が『医学部合格』を勝ち取れた理由
人気記事

1. はじめに

福岡大学医学部は、福岡市の私立大学である。入試の難易度は、医学部の中では比較的入りやすいが、学費は高めに設定されている。「人間性豊かな臨床医の育成」、「地域社会への医療奉仕」、「重点的総合研究体系の確立」という3点を教育理念として掲げており、特に地元九州からの受験生が多いようである。教育目標には下記の5点が記載されている。

将来、どの分野の医療活動にも対応できるだけの幅広い基本的医学知識ならびに技術を修得する(総合的な臨床能力)
生涯にわたって積極的に医学を自学自習できる能力を涵養する(自習性)
研究的態度で問題解決に当たる能力と習慣を身につける(問題解決能力)
患者や医療従事者などと心から理解し合える豊かな人間性を涵養する(人間性)
医療・福祉チームの中心になりうる指導力・協調性を修得する(指導力・協調性)が教育の目標です。

2. 概要

2.1. 試験日
一般入試
1次試験:2017年2月2日(木)
2次試験:2017年2月14日(火)
※2017年度の一般入試は終了しました。

2.2. 試験範囲・試験時間・解答形式
(試験範囲)
・英語:コミュニケーション英語I・コミュニケーション英語II・コミュニケーション英語III・英語表現I・英語表現II
・数学:数学I・数学II・数学III・数学A・数学B(数式、ベクトル)
・理科:『物理基礎・物理』、『化学基礎・化学』、『生物基礎・生物』の3科目から2科目選択。
・面接
・小論文

(試験時間)
1次試験
・数学(90分)
・英語(70分)
・理科(120分)※2科目選択

2次試験
・面接
・小論文(60分)

2.3. 配点
1次試験
・英語(100点)
・数学(100点)
・理科(200点)

2次試験
・小論文、調査書、面接(50点)

2.4. 出題の傾向と特徴
例年大問4つからなる。[1]は小問3つで構成されており、センターレベルの知識問題なので、必ず取りたい。[2], [3]は理論、無機で、理論の出題が多く、[4]は有機と高分子のいずれかのパターンが多い。無機、有機、高分子での出題の際は、その分野での計算問題も出題されている。無機であれば沈殿生成条件とその色、有機であれば実験手順の意味やその溶液の状態は確実に押さえておこう。

3. 出題の傾向と特徴(詳細)

3.1 理論化学
例年2問程度出題されている。近年では、溶解度積、酸化還元滴定、反応速度、化学平衡、中和滴定、電池、電気分解、凝固点降下、気体と満遍なく出題されている。もちろん計算問題が主であるが、それに伴う知識も問われることが多い。計算問題はそれほど難しいわけではないが、教科書発展内容まで含めて確実に解けるようにしておこう。

3.2 無機化学
大問1つ出題されるか、他分野の知識問題として出題されている。近年では、金属イオンの分離が出題されている。無機の王道ではあるが、それぞれの沈殿生成条件とその色は確実に押さえておこう。

3.3 有機化学
例年有機と高分子のどちらかが大問1つ出題されている。近年では、アニリンの合成、脂質の分析が出題されている。いずれも教科書レベルの内容である。実験手順が示され、その系(反応溶液)の状態を問われる問題が多い。その手順は何のためにしているのか、その際は溶液はどうなっているのかを理解しておこう。

3.4 高分子
例年有機と高分子のどちらかが大問1つ出題されている。近年では、イオン交換樹脂、高分子の特性、核酸について出題されている。天然高分子、合成高分子のいずれも教科書内容をしっかりと押さえておこう。

4. 試験対策・勉強法とおすすめ参考書紹介

■Step.1 教科書内容の振り返り
教科書を用意し、一章ずつ読み込む。入試問題は、原則として教科書から出題される。特に各教科書の参考・発展・コラム・実験などは、入試問題の題材となりやすいので教科書内容はしっかりと理解して欲しい。福岡大学では、ほとんどの問題が標準的な難易度で構成されており、計算問題と知識問題がバランスよく出題されている。試験時間もちょうど良く、足りなくなることはあまりないだろう。医学部の受験生が受けるので当然ながら高得点争いになる。教科書内容さえしっかりと理解しておけば高得点が取れる構成である。
 ただし、教科書の表現は初学者には少し難しいこともあるので、Step.1では全てを理解する必要はない。この段階では、各教科書の発展やコラムには触れなくても良い。ざっとどんなことが書かれているか整理していくと良い。読んでもすぐには理解出来ないという人は、下記の紹介されている参考書などを教科書の対応する箇所を合わせて読み込むと良い。また、実験装置や沈殿の色など目で見た方が記憶に残りやすいので、資料集も一冊用意しておくと良い。得た知識をどう使っていくのかについては下記の問題集を利用して、確認していくと良い。

○参考書
『岡野の化学が初歩から身につく-理論化学1-』(東進ブックス)
『岡野の化学が初歩から身につく-無機化学+有機化学1-』(東進ブックス)
『岡野の化学が初歩から身につく-理論化学2+有機化学2-』(東進ブックス)
『フォトサイエンス化学図録』(数研出版)

○問題集
『セミナー化学』(第一学習社)
『リードα』(数研出版)

■Step.2 知識の補強
Step.1で全体像を掴めたら、知識の補充を進めていこう。福岡大では、知識問題と計算問題はバランス良く出題されている。記述式だが、記述問題はほとんどない。瞬時に解答が思いつくぐらいしっかりと知識の整理を行って欲しい。用語問題が頻繁に聞かれるので化学用語に関してはしっかりと整理しておこう。以下に各単元の注意すべきポイントとオススメの参考書について記載する。

◯理論化学
福岡大では理論分野も穴埋め問題が頻繁に出題されている。まずは化学用語の定義をしっかりと抑えていこう。また、化学現象や実験手順などを自分の言葉説明できるように教科書を整理しながら読み進めていって欲しい。

『鎌田の理論化学の講義』(大学受験Doシリーズ)

◯無機化学
無機の王道である気体の発生や系統分析、沈殿生成などが出題されている。教科書を使って、物質ごとの性質や反応をしっかりと整理しながら知識を身に付けていって欲しい。

『福間の無機化学の講義』(大学受験Doシリーズ)

◯有機化学
構造推定の問題が中心であり、構造推定の問題が解くための知識を身に付けることが主な目的となる。まずは有機物質の名称と構造が一致するようになること、次に有機物質ごとの性質と性質に紐づく反応が理解できるようになることといったステップを踏んで学習していきましょう。

◯高分子
天然高分子、合成高分子いずれも知識問題が中心で出題されている。高分子化合物の性質や原料、製法などの知識問題を中心に設問に答えられるように準備しておこう。有機同様に構造式なども聞かれるため、自分で構造をかけるようにしておきたい。

『鎌田の有機化学の講義』(大学受験Doシリーズ)

■Step.3 解法パターンの習得と計算力の増強
Step.3では、福岡大の計算問題は、定番の問題が中心で難しい問題は少ない。一行系の計算問題について対策しておけば十分である。下記の参考書や問題集を利用して定石を確認しておこう。

『鎌田の理論化学の講義』(大学受験Doシリーズ)

『基礎問題精講』(旺文社)

『ゼロから始める化学計算問題』(中経出版)・・・ドリル形式になっているので、苦手な人はこちらを使って練習すると良い。
『化学計算問題の徹底整理』(数研出版)・・・入試レベルの計算問題が良いという場合は、こちらの問題集で練習すると良い。

■Step.4 定番問題の習得
ここからは実際の大学入試問題を使って、定番の問題の解法を押さえていく。福岡大の入試問題は、ほとんどが定番で標準的な問題が多い。化学用語に関する穴埋め問題が結構頻繁に出題されているので、基本問題を中心に繰り返しや方が効果的である。一冊の問題集で良いので、問題の解き方が説明できるようになるようにして欲しい。

◯問題集
『化学重要問題集』(数研出版)

『化学の良問問題集』(旺文社)

◯参考書
『化学の新研究』(三省堂)

■Step.5 過去問演習
Step.1-3をクリアしたら過去問演習に入ろう。
『福岡大学(医学部)』(教学社)

本Stepでは下記のように過去問演習を進め、現時点での自分の学力を自己分析することを忘れないで下さい。時間を計って解き、解き切れなかった問題は時間を計らずに最後まで解く。採点後、解説を読み、解き方を理解する。自分には何が足らなかったのか自己分析を行う。自己分析を元に基礎の補強(Step.4)を行い、次年度に進む。

過去問をある程度進めたら、Step.4の自己分析を元に、同時並行で弱点補強を進めましょう。福岡大で化学受験の場合は例年合格点が非常に高いため、穴のある分野を作らないように心がけましょう。無機の知識問題も比較的よく出題されているので、絶対に落とさないように知識の整理を行って欲しい。忘れていた知識を整理したり、計算のスピードや正確性を磨くことが合格への近道です。ちょっとした問題に足元をすくわれないようにしっかりと足場を固めましょう。

問題の難易度や傾向を考えると川崎医科大学の問題が福岡大の対策として有効である。また、知識重視の傾向にあるので、センター試験なども参考になり、学習に有効活用して欲しい。