目次

  1. はじめに
  2. 入試の概要
    1. 試験日
    2. 試験範囲・試験時間・解答形式
    3. 配点
    4. 出題の傾向
  3. 出題の傾向と特徴(詳細)
    1. 英文読解
    2. 英文法
    3. 英作文
  4. 試験対策・勉強法とおすすめ参考書紹介
    1. Step.1:基本単語・文法の定着
    2. Step.2:標準レベルの単語、文法問題に取り組む
    3. Step.3:長文問題に取り組む
    4. Step.4:英文和訳問題に取り組む
    5. Step.5:和文英訳問題に取り組む
    6. Step.6:過去問・模擬問題集を用いた演習に取り組む

mtp-ec
苦手だった英語でほぼ満点を取って国立千葉大学医学部に現役合格した話。
人気記事

1. はじめに

兵庫医科大学は、兵庫県西宮市にある私立医科大学です。チュートリアル教育をはじめとした少人数制での自学自習形式の授業が行われるなど、学習効果の高い授業形態が採用されています。学科の特色についての詳細は、兵庫医科大学ホームページを参照してください。

兵庫医科大学は建学の精神である「社会の福祉への奉仕」「人間への深い愛」「人間への幅の広い科学的理解」を基本的な理念とし、人間への深い愛情を持ち、かつ科学的な観察・理解に基づいて、社会の福祉に奉仕できる医師を育成することを目的としています。

(引用元:兵庫医科大学|入学者の受入れ方針(アドミッション・ポリシー)

2. 概要

2.1. 試験日
一般入試
1次試験:2017年1月25日(水)
2次試験:2017年2月4日(土) / 2月5日(日)  ※希望日を出願時に選択
※2017年度一般入試は終了しました。

2.2. 試験範囲・試験時間・解答形式
(試験範囲)
・英語:コミュニケーション英語I・コミュニケーション英語II・コミュニケーション英語III・英語表現I・英語表現II
・数学:数学I・数学II・数学III・数学A・数学B(数式、ベクトル)
・理科:『物理基礎・物理』、『化学基礎・化学』、『生物基礎・生物』の3科目から2科目選択。
・面接

(試験時間)
1次試験
・英語(90分)
・数学(90分)
・理科(120分)※物理、化学、生物のうちから2科目選択
・小論文(60分)

2次試験
・面接

2.3. 配点
1次試験
・英語(150点)
・数学(150点)
・理科(200点)
・小論文(重視する)

2次試験
・面接

2.4.出題の傾向
2016年度の兵庫医科大学の入試問題では、大問1に語句整序問題(長文の途中にある空所を並び替える)、大問2に長文空所補充問題および記述式の内容説明問題と英文和訳問題、大問3に長文空所補充問題および英文和訳問題、大問4に記述式の内容説明問題と英文和訳問題、大問5に和文英訳問題が出題されました。例年、多少の違いはありますが、概ね同様の試験内容となっています。ただし、2016年からは文法の5択空所補充問題が消滅しました。その代わりに長文の空所補充問題になったため、読解量が増えました。

時間に対する分量は医学部入試問題の中でも多く、難易度も高い部類に入ります。このレベルの問題に対応できるためには、高度な文法、単語力、ならびに難易度の高い長文読解力(出題される長文は医療系だけではない)を要します。

また、兵庫医科大学では、私立大学ではありながらも記述式の問題が出題されます。私立大学の場合、記述問題が出題されたとしても英文和訳が1、2問出題される程度のことが多いのですが、本学の場合、英文和訳だけでなく、内容説明問題や和文英訳(しかもかなり長い)が出題されるため、国公立大学の受験に類似した対策が必要になります。逆に、長文の内容真偽問題が出題されないという特徴もあります。そこからも、長文問題ではやや速読に力を入れるべきでしょう。

3. 出題の傾向と特徴(詳細)

3.1 英文読解

【空所補充問題】
兵庫医科大学では、長文の空所補充問題が大量に出題されるのが特徴の一つです。長文読解がそもそも難しいため、空所補充も容易ではありません。ただし、この傾向の問題はほぼ全ての私立医学部に共通する問題なので、類問をたくさん積むことができるはずです。

ポイントは、速読力と精読力の両方をつけつつ、速読するべき箇所と精読するべき箇所を見極めること。それができずに速読に偏ると問題を間違え、精読に偏ると時間が無くなるというジレンマが生じます。順接、逆接、因果などのディスコースマーカーに注意を払い、文と文の関係、さらには段落と段落の関係を意識した読解を普段から行いましょう。

【内容説明問題】
長文の中に内容説明問題が出題されます。「具体的に説明せよ」と指示がついているところからも推察できますが、一言や二言で済む程度の記述量ではないと心得ておきましょう。しかも、例年3問程度出題されるため、この範囲を捨問にすることはできません。

予備校や学校では記述対策の授業を積極的に受講し、実際に書いて添削を受けるといった本格的な国公立対策を立てなければ、到底太刀打ちできるものではありません。また、私立医学部の中でも記述式問題を出題する大学はあるので、試験時までにそれらの過去問も解いておきましょう。

【英文和訳問題】
兵庫医科大学は英文和訳問題が数多く出題されます(例年5問以上出題され、うち数問は指定語を明確にした上で和訳しなければならない。)。医学部の場合、私立大学であっても英文和訳問題が出題されること自体、珍しいことではありません。しかし、これほど多く出題される大学はかなり珍しい傾向だと言えます。

出題される難易度ですが、英文の構造自体は難しくなく、センターレベルの文法知識があれば十分対応できます。多少の接続詞や分詞構文などが含まれているとはいえ、少し英文和訳の学習を積めば、主語、述語動詞、修飾関係の処理に戸惑うことはほとんどないのではないかと思います。また、単語の語彙レベルもセンター対策の単語帳で十分カバーできるレベル(カバーできないものがあっても、簡単に推測できる。)なので、その点も医学部受験生としての実力がついていれば、特別な対策は不要でしょう。

しかし、一見簡単そうに思える単語であっても、実際に訳してみると簡単でない問題が多い印象があります。英文和訳の問題だけにとどまらず、普段、長文読解問題集を解いた後に、和訳をきちんと見る習慣をつけておくことが重要です。

3.2 英文法

【語句整序問題】
語句整序問題は、大問1で例年出題されます。普通の整序問題とは異なり、長文の一部分を並び替える形式となっているので、速読をしながら素早く並び替える必要があります。難易度はセンターレベルで、選択肢の数も5つなので、全問正解を狙いたいところです。ただし、この後に和訳問題や英作文が控えているので、あまり時間をかけることができません。語句整序問題を数多く解くことで、解答速度を上げましょう。

【空所補充問題】
短文の空所補充問題は、5択形式で以前出題されていましたが、2016年に消滅しました。ただし、今後復活する可能性はあるので、対策はしておくに越したことはありません。
難易度は少し難しい問題もありますが、センター向けの文法問題集の知識が漏れなく身についていれば、8割程度は狙える問題となっています。文法問題以外にも、英単語、慣用表現などが問われる問題も出題されていました。私立医学部の中でも難関大学で、このような問題が出題されることがありますが、優先順位は低いと言えます。満点を取らなくても合格はできるので、基礎をしっかりと固める方を優先してください。

3.3 英作文

例年、最後の大問に英作文が出題されます。私立医学部の中には英作文を課す大学もありますが、本学の場合、3文程度の少し長い日本文を英訳しなければなりません。そのため、必然的に書く英語の分量も多くなり、ケアレスミスをしがちな人は、減点が積み重なってほとんど得点がつかない可能性があります。
題材は新聞などからの抜粋で、英訳しやすいものばかりではありません。国公立大学の入試問題や国公立対策の英作文を利用して、対策を立てておきましょう。

4. 試験対策・勉強法とおすすめ参考書紹介

■Step.1:基本単語・文法の定着

これまでも見てきたように、兵庫医科大学の問題は、英文和訳問題と英作文が多いため、基本単語の抜けが減点を招きます。もちろん、これらの問題が無くても単語力が重要なことは言うまでもありませんが、マークシート方式の入試問題であれば、多少知らない単語があっても、前後関係から大まかな意味が分かる場合が多いですし、わからなかったとしても、文脈を追えなくなるほどでなければ、何とかなる場合もあるでしょう。しかし、英文和訳では、少しでも単語の意味がわからなければ、即減点になります。その意味で、単語の抜けは致命的と言えます。

ただ、単語が重要と言っても、難易度の高いものに手を出す必要はありません。先ほども述べた通り、単語の難易度自体は、そこまで高いものではありません。むしろ、適切な訳語が出て来るか、それがその文章で使われている用法に合致しているかといった点が重要になります。また、普通の基本単語を訳し間違えないようにすることが減点を減らすポイントになります。

そこで、単語力にはある程度自信を持っている人でも、基本の単語帳から始めることをおすすめします。高校初級レベルで代表的なものには、以下の単語帳が挙げられます。

『キクタンBasic4000』(アルク)

『システム英単語 Basic 改訂新版』(駿台文庫)

単語と並行して文法についても進めておきましょう。基本的なレベルのもので、あまり薄いものから始めると良いと思います。

『英文法・語法 SPEED攻略10日間』(Z会出版)

5択の文法問題は2016年の入試では出題されませんでしたが、英文和訳をするためには、結局のところ単語と文法力がしっかりしていなければなりません。例えば、文法の基礎問題集を無視して英文和訳の練習ばかりしても、あまり効果的な学習とは言えません。

■Step.2:標準レベルの単語、文法問題に取り組む

Step.1で紹介した文法、単語について、さらにセンターレベルにまで上げるのがStep.2の目的です。単語帳、文法問題集ともに分量が多くなり、負担も増えますが、その分しっかり身に着けば偏差値もかなり伸びるはずです。一般的な模試で偏差値60程度にするには、このStepで扱う内容をいかに定着させるかにかかっているといっても良いでしょう。

単語は、以下に代表的なものを挙げますが、他のものでも構いません。兵庫医科大学では、英作文が出題されるため、英単語を見て赤シートで隠した日本語訳を答える勉強だけでなく、日本語訳から英単語を答える勉強もしなければなりません。この学習を怠ると、能動的な単語力が伸びず、英作文を書こうにも単語が出てこない、といったことになりかねません。

『英単語ターゲット1900』(旺文社)

『システム英単語』(駿台文庫)

文法の問題集は以下の通りです。他にもレベル別に分かれている問題集は、自分のレベルに適したものから始められるのでおすすめです。文法の難易度は、下記に紹介するレベルの標準的なもので構いません。また、単語と同様に、4択問題である程度正解できるようになったら、次は和訳を見て英文を書く練習をすると英語の発信力を鍛えることができます。

『改訂版 アップグレード 英文法・語法問題』(数研出版)

『NEXT STAGE 英文法・語法問題 3rd Edition』(桐原書店)

『即戦ゼミ3英語頻出問題総演習』(桐原書店)

■Step.3:長文問題に取り組む

兵庫医科大学の入試問題は長文の読解量が多く、速読力をつける必要がありますが、一方で英文和訳問題も数多く出題されるので、精読力が無ければ高得点を取ることができません。以下の長文問題集を解く際にも、時間を意識して解く学習(速読の練習)、意味がわからない文、訳せない文は和訳を見たり、先生に質問するなどして解決する(精読の練習)、問題を解き終わったら、音読を必ず行う(速読、精読の練習)の3つを欠かさずに行いましょう。

『英語長文レベル別問題集 (3) 標準編』(東進出版)

『やっておきたい英語長文500』(河合出版)

■Step.4:英文和訳問題に取り組む

英文和訳問題は出題数が多いので、最も合格を左右する単元と言えるでしょう。この問題で得点を取るためには、英文の構造理解ができるとともに、自然な和訳を作ることができなければなりません。

前者の英文構造の理解は、一般的な英文和訳の問題集を通じて力をつけることができますが、後者は、英単語(医学部入試のレベルになると、太字の意味しか覚えていない状態では対応できない場合がある。)、構文(マニアックなものまで覚える必要はないが、構文集の1冊くらいは頭に入れておきたい。)といったものを活用してください。

『英語の構文150』

『ポレポレ英文読解プロセス50』(代々木ライブラリー)

■Step.5:和文英訳問題に取り組む

兵庫医科大学の和文英訳問題は、他の私立医学部の和文英訳問題と比べてもかなり長く、3行以上からなる日本文を英訳しなければなりません。当たり前のことですが、長くなればなるほど、減点の対象も増えます。単語の綴りや時制、動詞の活用などのケアレスミスをする人は、相対的にミスの数も多くなり、結果的にほとんど得点にならないといったケースを招きかねません。和文英訳の第一歩は、中学レベルの英文をミスなく書けるようにすることなのです。それができるようになったら、下記のような英作文の問題集に当たってみてください。

1冊目の『大矢英作文講義の実況中継』は、文法の解説が中心の構成となっているので、文法の復習にもなります。2冊目の『ドラゴンイングリッシュ基本例文100』は、例文集です。例文集の問題がそのまま出題されるわけではありませんが、これを利用して、表現を覚えたり、別解を自分で書いてみて先生に助言をもらうなど、工夫次第で活用法が増えていきます。3冊目の『減点されない英作文』は一般的な英作文の問題集で、このレベルまで学習が進めば、入試問題を解いてもそれなりの点数が得られるはずです。

『大矢英作文講義の実況中継』

『ドラゴンイングリッシュ基本例文100』

『減点されない英作文』

■Step.6:過去問・模擬問題集を用いた演習に取り組む

兵庫医科大学の問題は私立医学部の中でもかなり難易度が高く、記述が多いので、十分に対策を積んで本番を迎えられるようにしましょう。また、聖マリアンナ医科大学や大阪医科大学など私立医学部の中でも記述式の問題を出題する大学はあります。兵庫医科大学の過去問を解き終わったら、そのような大学の過去問も解き、記述問題の問題数をこなしましょう。過去問は3回は繰り返し、解答パターンを体で覚えてください。

医療系の長文もよく出題されるので、下記の『私大医学部への英語』、さらには国公立版も解いてみると良いと思います。

『私大医学部への英語』

(参考)
兵庫医科大学|学科の特色
兵庫医科大学|入学者の受入れ方針(アドミッション・ポリシー)