目次

  1. はじめに
  2. 概要
    1. 試験日
    2. 試験範囲・試験時間・解答形式
    3. 配点
    4. 出題の傾向と特徴(概要)
  3. 出題の傾向と特徴(詳細)
  4. 試験対策・勉強法とおすすめ参考書紹介
    1. 用語・定義の確認
    2. 実験、考察問題に取り組む
    3. 計算問題への取り組み
    4. 過去問・模擬問題を用いた演習

1. はじめに

兵庫医科大学は、兵庫県西宮市にある私立医科大学である。大学入学後の授業では、チュートリアル教育をはじめとした少人数制での自学自習形式の授業が行われるなど、学習効果の高い授業形態で行われる。詳しくは、以下のホームページを参照。

兵庫医科大学 医学科の特徴:
http://www.hyo-med.ac.jp/faculty/education/characteristic.html

兵庫医科大学 アドミッションポリシーより引用:

兵庫医科大学は建学の精神である「社会の福祉への奉仕」「人間への深い愛」「人間への幅の広い科学的理解」を基本的な理念とし、人間への深い愛情を持ち、かつ科学的な観察・理解に基づいて、社会の福祉に奉仕できる医師を育成することを目的としています。

tonaki-mjtp-ec
受験にこそパーソナルトレーナーを。4年間、一次試験すら通過できなかった僕が『医学部合格』を勝ち取れた理由
人気記事

2. 概要

2.1 試験日
一般入試
1次試験:2017年1月25日(水)
2次試験:2017年2月4日(土)/2月5日(日)※希望日を出願時に選択
※2017年度の一般入試は終了しました。

2.2 試験範囲・試験時間・解答形式
(試験範囲)
・英語:コミュニケーション英語I・コミュニケーション英語II・コミュニケーション英語III・英語表現I・英語表現II
・数学:数学I・数学II・数学III・数学A・数学B(数式、ベクトル)
・理科:『物理基礎・物理』、『化学基礎・化学』、『生物基礎・生物』の3科目から2科目選択。
・面接

(試験時間)
1次試験
・英語(90分)
・数学(90分)
・理科(120分)※物理、化学、生物のうちから2科目選択
・小論文(60分)

2次試験
・面接

2.3 配点
1次試験
・英語(150点)
・数学(150点)
・理科(200点)
・小論文(重視する)

2次試験
・面接

2.4 出題の傾向と特徴(概要)
大問7題のマークシート・記述の併用式である。生体に関する出題だけで問題が構成されるような年もあれば、植物系統の問題が多く出題されるような年もあり、大問構成も単元ごとの出題比率も年度ごとに異なっている。全体的には、生体に関する問題でほぼ7割を占めている。計算問題は難しくないが、中には解き難い問題も短文ではあるが論述問題も課されるため、これらの要因が正答率が合否に直結していると言える。

出題構成のうち、大問1は小問集合で構成されており、小問1~20まで用意されている。中には植生や生態系、計算問題なども混じっている場合もある。問2以降は短いリード文に対する空所補充であったり、純粋な考察問題であったりと年度によって異なってくる。毎年の特徴としては大問7の考察問題はリード文が長く、難易度が高めに設定してあることが多い。

また、出題傾向のうちで注意してほしい点は、選択問題において『全て選べ』が存在することと、論述問題が60字前後と非常にまとめにくいことの二点である。私立用のみならず、国立用の過去問や問題集を用いて論述対策をしていく必要がある。

3. 出題の傾向と特徴(詳細)

3.1 細胞と分子
近年目立った出題はないが、アポトーシスなどの時事的な分野が問われたことがある。実際、この問題に手を焼いた受験生は多かったように思えるが、実は、この問題にある内容は資料集に掲載されているものだった。教科書だけでなく、図説も有効活用していきたい分野。

3.2 代謝
他大学でも最近では出題数が減少傾向にある代謝であるが、兵庫医科大学でも出題率は少ない。しかし、計算が多い分野でもあるため、手を抜かずしっかりと学習してほしい。

3.3 遺伝情報の発現
考察実験の内容が難しく2017年においては、大問1、5、6、7がこの単元から出題されている。計算や論述、実験考察がメインなのでしっかりとした対策が必要になってくるだろう。考察は難しめで、典型的な問題が少なく結果を論述しにくい点が難易度を上げていると思われる。

3.4 生殖と発生
出題頻度は低い。古典的な発生の問題に関する出題はほとんどなく、核の初期化、などの話題性に溢れた素材を問題文に使用している。遺伝情報の発現と同じような出題傾向にある。

3.5 遺伝
典型的な2遺伝子雑種や伴性遺伝が問われることが多く、標準的である。大問1つでの出題となるため、不得意分野にしていると一気に得点率が下がってしまう分野なので要注意である。リード文も長めであるため、計算力以上に文章を適切に読む日本語力も試される形式になっている。

3.6 動物の反応と行動
この単元は問われる用語のレベルが高いため、図説などを用いて知識を補強しておく必要がある。

3.7 植物の環境応答
小問1で頻繁に登場する。主に、植物ホルモンからの出題が多く難易度も標準的である。

3.8 生物の多様性と生態系
大問1で頻繁に登場する。生態系、植物群落、個体群などの出題がある分野である。受験日程のギリギリになって対策するなどはしないようにしよう。資料集などで細かい知識を補強しておくとよい。

3.9 生命の起源と進化、生物の系統
大問1で頻繁に登場する。また、大問2以降も計算問題がメインで出題されていることも多い。地質時代や動物界の分類、系統樹の計算、ハーディーワインベルグの計算、生存曲線のグラウは頻出である。計算がメインの単元であるため、典型問題はしっかり消化しよう。単元は最後なので、それほど難易度の高い出題はされない傾向にある。

4. 試験対策・勉強法とおすすめ参考書紹介

■Step.1 用語・定義の確認
基本的な用語は教科書を読んでまとめておくとよい。一つの用語に関してまとめるよりも、その内容に関することをまとめておく方が応用力がつきやすいだろう。他の分野との関連性を意識すること以外に、グラフや模式図を書き出したり視覚を用いた学習も心がけよう。定義は単語を見た瞬間、瞬時に頭に思い浮かぶくらいまでにレベルアップしていってほしい。
また、体内環境や生態系に関する語句だけは資料集で細かいところまで学習しておくと差がつけられるようになるだろう。

参考書
・『チャート式 新生物、生物基礎(数研出版)』■Step.2 実験、考察問題に取り組む
兵庫医科大学では典型的な問題が少なく、問題文を読解する力が非常に重要となってくる。したがって、標準的な問題を数多くこなし、早い段階から重要問題集や標準問題集などの問題文の長い考察問題に取り組むようにしたい。1周目の取り組み方としては、しっかりリード文を読んで自分で考えて答えを導き出しで見ることである。この時点で完璧な答案を作る必要は全くなく、わからなかった問題は解答解説を理解することを心がけよう。
また、重要問題集や標準問題集は考察問題がメインであるが、この問題集は国立大学の問題を多く掲載しており、記述対策にもなるため兵庫医科大学の対策としても十分に役立つだろう。15~70字程度の比較的短めの論述を日頃から練習しておくことを念頭に叩き込もう。兵庫医科大学の生物の合否をわけるポイントはこの記述問題にある。
最後に余裕のある受験生は過去問に行く前に、考える生物100選を使ってみるのもよい。考察問題は重要問題集などと重複することもなく、傾向も似ているため良い練習教材になるだろう。難易度は兵庫医科大学よりも高めである。

・『セミナー 生物』
・『リードα 生物』
・『生物の良問問題集 (旺文社)』
・『基礎問題精講 (旺文社)』
・『生物重要問題集(数研出版)』
・『生物標準問題精講(旺文社)』

■Step.3 計算問題への取り組み
計算問題は、個別に対策しておく必要がある。セミナーやリードαなどの網羅系問題集にも計算問題は含まれているが、計算問題に対する網羅性はあまりよくない。

・『大森徹の生物 計算・グラフ問題の解法』(旺文社)
http://studyhacker.net/students/books/category/science/biology/all-biology/oomoritoru_no_seibutu_keisan_graph_mondai_no_kaihou

・『大森徹の生物 遺伝問題の解法』(旺文社)
http://studyhacker.net/students/books/category/science/biology/genetics/oomoritoru_no_seibutu_idenmondai_no_kaihou

兵庫医科大学は標準レベルの計算問題が毎年、数問出題されるため必ず個別に対策しよう。特に、遺伝、神経の伝導速度、ミクロメーター、浸透圧、塩基対数の計算、ハーディー・ワインバベルグの法則、系統樹、生体系に関する計算などは頻出である。 公式を暗記することも大切であるが、公式の導出過程を理解し、忘れないような学習をしていくことが重要である。また、計算問題に関する注意点であるが、計算問題のみが記述であることが多いため、選択肢に頼ることができず、自力での完答が求められる点に注意しておこう。

■Step.4 過去問・模擬問題を用いた演習
Step1~3が終了したら、過去問を解き始めよう。過去問は、できれば夏明け辺りから始めたいところである。もちろん、もっと早い段階で実力がついていれば、過去問に着手してもよい。よく直前期になるまで過去問を解かずに取っておくという話を聞くが、step1を終えたころに一度過去問を解いてみるといいかもしれない。どういった単元が頻出しているのか、難易度はどのくらいか、ということがイメージしやすくなるだろう。
また、過去問を解くときには時間を計るようにしよう。いくら正答率が高くても時間内に解ききれなければ意味がないからである。記述問題はなるべく自分の手を動かして解答してほしい。実際に手を動かすことでしか、記述レベルは上昇しないことを忘れないでほしい。
最後に、年度によって難易度が違うことがあるため、過去問演習の際には、難易度の判断による時間配分の練習まで気を使って、本番と同じ緊張感の中で演習をしていってほしい。

(参考)
兵庫医科大学|医学科の特徴
兵庫医科大学|アドミッションポリシー