目次

  1. はじめに
  2. 概要
    1. 試験日
    2. 試験範囲・試験時間・解答形式
    3. 配点
    4. 出題の傾向と特徴(概要)
  3. 出題の傾向と特徴(詳細)
  4. 試験対策・勉強法とおすすめ参考書紹介
    1. 用語・定義の確認
    2. 実験、考察問題への取り組み
    3. 計算問題への取り組み
    4. 過去問・模擬問題を用いた演習

1. はじめに

岩手医科大学は、岩手県盛岡市にあり、医・歯・薬3学部をもつ医療系総合大学である。現学長の祖父江憲治氏は以下のように述べている:

医学部、歯学部、薬学部とそれぞれの大学院が同一キャンパスにあるのは本学のみです。学部の垣根のない教育・研究・診療の環境の下、患者中心の医療、チーム医療の根幹を学んでおります。さらに、米国ハーバード大学との間で教育及び診療に関し連携関係を構築し、現在、歯学部の学生・教員を中心に留学が実現するなど、世界から注目され、世界に発信してゆく大学を目指しています。

(引用元:岩手医科大学|理念|学長ご挨拶

生物の試験は標準的な良問が多く出題されているものの、制限時間に対して問題量がかなり多く、瞬発力と正確性が試される出題となっている。相当トレーニングを行い、基礎用語の正確な定着を心がけたい。

mtp-ec
苦手だった英語でほぼ満点を取って国立千葉大学医学部に現役合格した話。
人気記事

2. 概要

2.1 試験日
一般入試
1次試験:2017年1月18日(水)
2次試験:2017年1月27日(金)・28日(土)※どちらか1日を選択
※2017年度の一般入試は終了しました。

2.2 試験範囲・試験時間・解答形式
(試験範囲)
・英語:コミュニケーション英語I・コミュニケーション英語II・コミュニケーション英語III・英語表現I・英語表現II
・数学:数学I・数学II・数学III・数学A・数学B(数列とベクトル)
・理科:『物理基礎・物理』、『化学基礎・化学』、『生物基礎・生物』の3科目から2科目選択。
・小論文
・面接

(試験時間)
1次試験
・英語(60分)
・数学(60分)
・理科(90分)※2科目選択
・小論文(50分)

2次試験
・面接(一次試験合格発表時(HP)に面接時間を指定する)

2.3 配点
1次試験
・英語(100点)
・数学(100点)
・理科(150点)

2.4 出題の傾向と特徴(概要)
岩手医科大学では他学部と同じく、医学部も大問3題構成である。用語などの記述、選択問題が中心であるが、正誤問題、計算問題もバランスよく含まれた構成になっている。時間的には2科目で90分であるため、時間的余裕は全くなく、問題文を即座に把握する力と瞬発力が試される試験となる。

レベルは標準問題が中心で良問であり、大学教養程度の実験考察を題材にしたようなものは出題されていない。中でも特に多い出題単元は、遺伝、遺伝情報、タンパク質、動物の反応、細胞からであろう。植物系統の出題は圧倒的に少なく教科書レベルの問題を解ければ十分である。とはいっても、満遍なく出題される年度もあるため、植物分野を捨てて受験するなどのないようにしてほしい。時間的な余裕はなくとも、教科書を土台とした基礎学力が要求されているだけで、難問や答えにくいものはないため、簡単な問題を正確にこなす力が要求される。

出題形式は毎年大問3つから構成されており、時間的に1教科45分は短いように感じるかもしれない。しかし、大問につき小問がわずか5~10個程度なので、それほど時間的に厳しいわけではない。また、出題内容も一問一答形式であり、長い考察問題やリード文があるわけではない。空所補充や選択問題がメインであり、教科書レベルの太字をしっかりマスターしておく必要がある。高得点が予想されるため、基本用語が定着しないうちは絶対に合格水準には到達しないだろう。

計算問題に関してはあまり出題がなく、年度によっては全く計算問題が登場しないこともある。出題頻度は30問中2,3問程度で出題構成に関しても題問1つが計算問題のみで構成されることは少なく、ほとんどが小問として独立して出題されている(2012年だけは遺伝が大問一つとして独立した出題になっている)。したがって、計算問題があまり得意ではない、という受験生にとっては取り組みやすい問題構成であるといえる。一つ注意点があるとすれば、計算が記述である年度もあるため、選択肢に頼った解答ができないというところである。考察問題と計算問題の比率は9:1程度である。

考察問題はほとんど出題されず、ほぼ毎年が知識問題で構成されている。教科書傍用の参考書を数週すれば、過去問を見ても理解できない問題はなくなるだろう。合格水準は8割程度になるため、1つ1つの小問を落とさないような正確さが求められるだろう。

3. 出題の傾向と特徴(詳細)

3.1 細胞と分子
新課程にでてくるような細胞接着や細胞骨格の問題が出題されることが多い。また、動物細胞の組織やミクロメーターの計算、細胞分画法が出題されている年もある。実験系の話題が多いので、標準レベルのテキストを用いて考察問題中心の対策をしておく必要がある。最近、他大学でも出題の多い体細胞分裂や分裂の阻害剤、同位体による標識に関する出題も増加していくだろう。

3.2 代謝
2、3年の間隔で定期的に出題がある。いずれも酵素(タンパク質)からの出題が多く、次いで代謝経路に関する問が多い。いずれも難易度的には標準レベル~易であり、取りこぼしはできない。テキストや問題集に載っているような実験考察問題が多いのでしっかり対策をしていれば問題なく完答できるだろう。

3.3 遺伝情報の発現
岩手医科大学では最も頻出する単元である。ほぼ毎年、必ず1題は出題されたいるため、しっかりとした対策が必要となる。DNA 複製や転写、翻訳に関する問いやバイオテクノロジー、遺伝子の転写調節の分野が毎年のように出題される。スプライシングの過程や遺伝子の組換え実験は頻出である。複数の制限酵素を用いて遺伝子を切り離して遺伝子組み換えする題材は新課程以降のブームとなっているため、しっかりと実験の流れを掴んでおこう。

3.4 生殖と発生
旧課程同様、考察問題が出しやすい分野であるが、考察実験そのものの数は少なく、対策しておくと実験結果と解答が容易に想像できることが多いので対策はしやすい。発生は新課程から新出単語がかなり増えた単元でもある。母性効果因子やBMP、中胚葉誘導と誘導タンパク質の関係、間充織と上皮の分化などを重点的に再確認しておこう。

3.5 遺伝
岩手医科大学の遺伝はここ7年間で1年分の出題しかなく、特に頻出しているわけでもない。内容も旧課程の補足遺伝子であるため、それほど難易度が高いわけでもなかった。新課程に移行してからは遺伝の分野が縮小されたので、今後も出題頻度としてはそれほど高くならないと思われる。

3.6 動物の反応と行動
筋肉や神経からの出題も侮れないが、一般的な傾向からいって心臓血管系や腎臓、消化器系、ホルモン、免疫など医学部らしい出題が続いている。

3.7 植物の環境応答
光条件の考察実験や植物ホルモンの作用、光周性は試験前にしっかり確認しておく必要がある。発生の単元同様、青色光受容タンパク質やオーキシン輸送タンパクなど新出単語が多く、注意すべき単元である。

3.8 生物の多様性と生態系
あまり出題のない単元であるが、受験日程のギリギリになって対策するなどはしないようにしよう。資料集などで細かい知識を補強しておくとよい。年度によっては、生態ピラミッドが出題されたことがある。学習の優先順位としてはあまり高くないといえる。

3.9 生命の起源と進化、生物の系統
生物の系統の中では、圧倒的に動物界が多いため、時間に余裕のない人は短期集中でこの単元を攻略してほしい。時間に余裕があるヒトは5界をすべて攻略して万全な体制を整えよう。

4. 試験対策・勉強法とおすすめ参考書紹介

■Step.1 用語・定義の確認
難しい単語を詰め込むよりも、徹底した教科書学習が何よりも大切である。インプット用の参考書としては以下に挙げるものを使用してほしい:

参考書
・『チャート式 新生物、生物基礎』(数研出版)
・『大森徹の最強講義』(文英堂)
・『大学入試の得点源(要点)』(文英堂)
・『生物 知識の焦点』(Z会出版)
・『理解しやすい生物、生物基礎』(文英堂)
・『田部の生物基礎をはじめからていねいに』(東進ブックス)
・『生物基礎が面白いほどわかる本』(中経出版)

初学者は、いきなり問題を解き始めるよりも参考書や教科書を使って生物現象や用語の定着に努めるほうが効率的である。用語が定着した後は、問題集でアウトプットしていこう。リードやセミナーを使う際の注意点としては、いきなり発展問題などはやらずに、セミナーのプロセスやリードにあるリードBなど基礎問題の反復練習に努めるほうが効率がよい。

問題集
・『基礎問題精講』(旺文社)
・『らくらくマスター 生物・生物基礎』(河合出版)
・『生物用語の完全制覇』(河合出版)
・『セミナー 生物』
・『リードα 生物』
・『リード light 生物 生物基礎』

■Step.2 実験、考察問題への取り組み
ここからは、標準問題を軸に実際の考察問題を解いていくことになる。岩手医科大学の入試問題では、難しい考察問題が登場することはない。したがって、対策としては難しい考察問題を闇雲に解くのではなく、標準的な問題を数多くこなし、実験概要と結果をしっかり記憶しておくことである。時間の短縮につながるだけでなく、予測しながら解答をしていくことができるようになるため、精神的にも安定する。ニワトリの真皮の誘導や、中胚葉誘導の実験結果など、普段から考察問題をこなしていく上で、ノートなどに実験結果をストックしていくとよいだろう。1周目の取り組み方としては、しっかりリード文を読んで自分で考えて答えを導き出しで見ることである。この時点で完璧な答案を作る必要は全くなく、わからなかった問題は解答解説を理解することを心がけよう。

また、重要問題集や標準問題集は考察問題がメインであるため、オーバーワークになってしまう可能性もある。それよりは、教科書傍用の問題集を一冊こなしたほうが良い結果につながるだろう。

・『セミナー 生物』
・『リードα 生物』
・『生物の良問問題集』(旺文社)
・『基礎問題精講』(旺文社)
・『生物重要問題集』(数研出版)
・『生物標準問題精講』(旺文社)

■Step.3 計算問題への取り組み
『大森徹の生物 計算・グラフ問題の解法』(旺文社)
『大森徹の生物 遺伝問題の解法』(旺文社)

岩手医科大学は基本的に、計算問題があまり出題されておらず、難易度も標準的なので特に個別に対策が必要というわけでもない。上記二つの参考書を提案しているが、セミナーやリードにある典型的な計算問題を網羅できれば、本番や過去問演習で困ることはまずないであろう。

■Step.4 過去問・模擬問題を用いた演習
Step1~3が終了したら、過去問を解き始めよう。過去問は、できれば夏明け辺りから始めたいところである。もちろん、もっと早い段階で実力がついていれば、過去問に着手してもよい。よく直前期になるまで過去問を解かずに取っておくという話を聞くが、Step1を終えたころに一度過去問を解いてみるといいかもしれない。どういった単元が頻出しているのか、難易度はどのくらいか、ということがイメージしやすくなるだろう。
また、過去問を解くときには時間を計るようにしよう。いくら正答率が高くても時間内に解ききれなければ意味がないからである。
過去問を解いてみて8割以下であれば、基礎が抜けている可能性が高い。生物の用語は膨大であるため、忘れてしまった知識を復讐するため、step1に戻り知識の定着につとめよう。