目次

  1. はじめに
  2. 概要
    1. 試験日
    2. 試験範囲・試験時間・解答形式
    3. 配点
    4. 出題の傾向と特徴(概要)
  3. 出題の傾向と特徴(詳細)
    1. 長文読解問題
    2. 英文法
  4. 試験対策・勉強法とおすすめ参考書紹介
    1. 基本単語、文法の定着
    2. 標準レベルの単語、文法問題に取り組む
    3. 長文問題に取り組む
    4. 過去問・模擬問題を用いた演習に取り組む

ENGLISH COMPANY
3ヵ月でTOEICが400点上がった「英語のジム」ENGLISH COMPANY 無料体験はこちら
PR

1. はじめに

自治医科大学は、へき地や地域における医療を充実させる目的で設立された栃木県の私立大学です。私立大学という区分ではありますが、その名の通り自治省(現在の総務省)によって設立された大学です。また、自治医科大学は医師国家試験の合格率が非常に高いことでも知られています。

教育理念には、以下の3点が記載されています。

人間性豊かな人格の形成に力を注ぎ、真に医の倫理を会得し、ヒューマニズムに徹した医師を育てる。
ますます複雑化する疾病構造に常に対応しうる高度な医学知識と臨床的実力を身につけた医師を育てる。
医療に恵まれない過疎地域の医療に進んで挺身する気概をもった医師を育てる。

(引用元:自治医科大学|医学部|医学部の紹介|教育理念

合格最低点などは非公表になっています。というのも、自治医科大学は入学定員を各都道府県に振り分けて合格者を決定するため、成績上位者が必ずしも合格するとは限らないのです。進学校が多く存在する都道府県では合格が難しいと言えるでしょう。

6年間の学費は2200万円程度で、私立医学部の中ではかなり安い部類に入るでしょう。また、在学中は貸与され、卒業後9年間指定公立病院等に勤務した場合その返還は免除されます。

2. 概要

2.1. 試験日
一般入試(2017年度)
1次試験:1月23日(月)学力試験、1月24日(火)面接試験
2次試験:2月2日(木)

※1次試験の面接試験は学力試験及第者にのみ実施

2.2. 試験範囲・試験時間・解答形式
(試験範囲)
・英語:コミュニケーション英語I・コミュニケーション英語II・コミュニケーション英語III・英語表現I・英語表現II
・数学:数学I・数学II・数学III・数学A・数学B(数列・ベクトルのみ)
・理科:『物理基礎・物理』、『化学基礎・化学』、『生物基礎・生物』の3科目から2科目選択。(試験場で問題配布後、選択)
・小論文
・面接

(試験時間)
1次試験
・英語(60分)
・数学(80分)
・理科(80分)※2科目選択

2次試験
・小論文(90分)
・集団面接(約40分)
・個人面接(約10~15分)

2.3. 配点
1次試験
・英語(25点)
・数学(25点)
・理科(50点)※1科目25点
・小論文

2次試験
・面接

2.4.出題の特徴(概要)
自治医科大学の英語入試問題は、ここ数年一貫して500~800字程度の長文が3題出題されています。時間が60分しかないことを考えると、時間に対する問題量が多く、一文を精読しながら解く余裕はありません。速読力を上げることも必要なのですが、問題の中には内容一致問題も出題されることから、いい加減に読んでしまうと間違えてしまいます。正確に読めるスピードを上げ、効率よく設問を解くこと力が求められます。

文法の単独問題は出題されませんが、長文問題の中に文法知識を問う問題があるので、疎かにしてはいけません。また、単語力は基本単語に抜けがあると読解スピードが低下するので、難単語を覚えるよりも、基本を固めるように心がけましょう。

3. 出題の傾向と特徴(詳細)

3.1 英文読解
3.1 英文読解
・空所補充問題
空所補充問題は、文脈の読み取りで解く問題がほとんどで、文法的に解く問題や、句動詞の知識が問われる問題はほとんどありません。したがって、どれだけ素早く論理関係を理解できるかが鍵を握ります。基本的には長文を読みながら、空所を含む段落を読み終わった段階で解答すると良いでしょう。空所の前だけを読んで解答しようとする人がいますが、後ろまで読まなければ解答を導くことができない場合が多いので気を付けましょう。

・発音、アクセント問題
最も強いアクセントと同じ発音の単語を選ぶ問題です。つまり、各単語のアクセントの位置とその発音を両方とも正確に知らなければ正解にたどりつかないため、少し難易度が難しくなっています。

・内容一致問題
2014年および2015年の問題は、大問1には内容一致問題が出題されず、大問2、3で出題されました。そのため、大問1は速読を重視して解くのが効率的だと考えられます。内容一致問題は、ほとんどがシンプルな問題となっており、正確に読むことができれば正答を選ぶことができます。数問は、巧妙に言い換えられている問題があったり、2つ正解なのではないかと思うような問題があります。時間にあまり余裕が無い試験なので、そのような問題にあまり時間を使い過ぎないように気を付けましょう。

・同義語問題
本学で出題される同義語問題は、単語力だけで解くことができる問題もありますが、文脈から確認することを怠らないようにしましょう。最も効率よく解くためには、長文を読みながら解くことです。また、この際に必ず単語の後ろの文も読み、つながりに問題が無いか確かめることも重要です。

中には、文脈的には複数の正答があり得る問題がありますが、そのような場合は、単語力で解くしかありません。つまり、下線部の単語の意味がわからなければ正解を導くことができないので、いくら考えても時間の無駄ということになります。

・主題選択問題
「論旨を答えなさい」、「表題として最も適切なものを選べ」、「主旨として最も適切なものを選べ」などという設問が長文問題の最後の問題として出題されます。これらに関しては、全てテーマを答える問題で、要約力が問われていると考えられます。この手の問題が苦手な人は、長文を読み終わった後で、どのような文章だったのかよくわからない、英文を読んでも、文字を目が滑るばかりで内容が頭に入ってこない、などという悩みを持っているのではないでしょうか。

このような場合に有効な学習法としては、段落ごとの要旨をまとめたり、文章全体の要約を書いてみる勉強をすることです。後で紹介しますが、『やっておきたい英語長文500』には、模範解答に要約が記載されているので、参考にしてみると良いでしょう。

その他、主題を選択する上で注意するべきことは、固有名詞を含む選択肢です。と言うのも、固有名詞を入れてしまうと大幅に範囲が限定されてしまうので、正解の選択肢になりにくいのです。主題というのは、文章全体を表したものなので、一部の段落にしか述べられていないものを選んではいけません。

4. 試験対策・勉強法とおすすめ参考書紹介

Step.1:基本単語・文法の定着
本学の英語は長文がメインとなっており、また時間に対する問題量が多いので、長文を正確に素早く読むことが必要不可欠です。そのための基礎となるのが英単語です。知らない単語があっても推測すれば良いという人もいるかもしれませんが、全てが推測可能という訳ではありませんし、推測するにしても時間がかかってしまいます。従って、長文でよく出てくる基本単語は、できるだけ穴が無いようにしておきましょう。単語帳をする場合でも、焦ってレベルの高いものに手を出すのではなく、基本を固めることを忘れないようにしましょう。

『キクタンBasic4000』(アルク)

『システム英単語 Basic 改訂新版』(駿台文庫)

また、文法の基礎が固まっているかどうかについても確認をしましょう。確かに、文法の単独問題は出題されていませんが、長文を正確に読むためには文法の知識が必要不可欠なので、必ずチェックをしましょう。

『英文法・語法 SPEED攻略10日間』(Z会出版)

Step.2:標準レベルの単語、文法問題に取り組む
Step1の文法、単語に問題が無ければ、次にStep2へ進んでください。このレベルが完全に固まっていれば、長文を読むことに関して、ほとんど問題が無くなるでしょう。自分ではきちんと覚えたつもりということになっていないか、何となく意味はわかるという状態になっていないか、繰り返し解いて確認しましょう。

『英単語ターゲット1900』(旺文社)
『システム英単語』(駿台文庫)

単語の覚え方は、人それぞれ覚えやすい方法があるので、一概には言えませんが、ほとんどの人は一度見たり書いたりしただけで覚えることは不可能だと思いますので、短期間に何度も繰り返すというのが効率良く覚えられるのではないでしょうか。

また、長文問題がメインで出題されるので、単語を覚える際も長文を意識して覚えるというのも非常に有効だと思います。下記の単語帳はレベル別に分かれているので、初級編から全シリーズに取り組めば、単語だけでなく、長文読解にも慣れてくることでしょう。

『速読英単語 1 必修編』(Z会出版)

次に文法問題集ですが、こちらも先ほど述べた通り、センターレベルの文法力はしっかりつけたいので、下記に紹介する問題集を解いておきましょう。ただし、文法の単独問題が出題されるわけではないので、あまり長時間かける必要はありません。どれか1冊をしっかりと解くようにしてください。

『改訂版 アップグレード 英文法・語法問題』(数研出版)
『NEXT STAGE 英文法・語法問題 3rd Edition』(桐原書店)
『即戦ゼミ3英語頻出問題総演習』(桐原書店)

Step.3:長文問題に取り組む
続いて、長文問題集に取り組みましょう。自治医科大学の問題は長文問題3題で構成されているので、長文問題の学習が最も重要になります。長文問題はただ解くだけではなく、時間を計る、見直しをして解答の根拠、選択肢の言い換えを確認し、パターンを覚える、解き終わった文章を音読するといった学習を忘れずにしましょう。解きっ放しの学習は勉強した気分にはなりますが、得点につながりにくいと覚えておいてください。

『英語長文レベル別問題集 (3) 標準編』(東進ブックス)
『やっておきたい 英語長文500』(河合出版)

上記の問題集はレベル別に分かれているので、自分の実力に合わせて選ぶことができます。最終的には『英語長文レベル別問題集 (5) 上級編』、『やっておきたい 英語長文700』までできれば万全と言えます。

Step.4:過去問・模擬問題集を用いた演習に取り組む

Step3まで学習が終えたら、過去問に当たる基礎力はついているので、時間を計って過去問を解いてみましょう。自治医科大学の英語は時間の割に問題量が多いので、時間を計って解いた方が参考になると思います。ただ、まだ速読が全然できず、スピードを意識して読むとボロボロになってしまうという人は、時間をオーバーして解いても構いません。

初めのうちは、時間を意識すると正答率が下がってしまうかもしれませんが、過去問を解いている段階でいくら失敗しても構いません。徐々にスピードアップして正答率が安定してくるまで繰り返し長文問題を解き続けましょう。

自治医科大学の過去問を一通り解き終えたら、他の私立医学部の過去問も解いてみましょう。難易度にはばらつきがありますが、医療系の長文を読んでおくことは、速読を伸ばす上でもとても重要です。

『私大医学部への英語』(学研教育出版)

(参考)
自治医科大学|医学部|医学部の紹介|教育理念