目次

  1. はじめに
  2. 概要
    1. 試験日
    2. 試験範囲・試験時間・解答形式
    3. 配点
    4. 出題の傾向と特徴(概要)
  3. 出題の傾向と特徴(詳細)
    1. 細胞と分子
    2. 代謝
    3. 遺伝情報の発現
    4. 生殖と発生
    5. 遺伝
    6. 生物の体内環境、動物の反応と行動
    7. 植物の環境応答
    8. 生物の多様性と生態系
    9. 生命の起源と進化、生物の系統
  4. 試験対策・勉強法とおすすめ参考書紹介
    1. 用語・定義の確認
    2. 実験、考察問題への取り組み
    3. 計算問題への取り組み
    4. 過去問・模擬問題を用いた演習

1. はじめに

金沢医科大学は、1972年に日本海側では唯一の私立医科大学として開校しました。医学部の中で比較的入りやすい部類に入りますが、それでも早慶の理工学部に匹敵する偏差値が要求されるため、決して簡単に入れる大学ではありません。本学の教育理念はアドミッションポリシーにおいて、下記のように記されています。

「生命への畏敬-Reverentia Vitae」を基本とし、「倫理に徹した人間性豊かな良医の育成」を建学の精神に掲げ、豊かな知識や技術と思いやりの心とを兼ね備えた臨床医を社会へ送り出すことに努めています。

(引用元:金沢医科大学|医学部|医学部メッセージ

生物の試験は標準的な良問が多く出題されているものの、制限時間に対して問題量がかなり多く、瞬発力と正確性が試される出題となっている。相当トレーニングを行い、基礎用語の正確な定着を心がけたい。

tonaki-mjtp-ec
受験にこそパーソナルトレーナーを。4年間、一次試験すら通過できなかった僕が『医学部合格』を勝ち取れた理由
人気記事

2. 概要

2.1 試験日
一般入試
1次試験:2017年 1月19日(木)
2次試験:2017年 1月30日(月)/1月31日(火) ※希望日を選択
※2017年度の入学試験は終了しました。

2.2 試験範囲・試験時間・解答形式
(試験範囲)
・英語:コミュニケーション英語I・コミュニケーション英語II・コミュニケーション英語III・英語表現I・英語表現II
・数学:数学I・数学II・数学III・数学A・数学B(数式、ベクトル)
・理科:『物理基礎・物理』、『化学基礎・化学』、『生物基礎・生物』の3科目から2科目選択。
・グループ面接
・小論文

(試験時間)
1次試験
・数学(60分)
・英語(60分)
・理科(120分)※2科目選択

2次試験
・グループ面接(1グループ約20分)
・小論文(60分)

2.3 配点
1次試験
・英語(100点)
・数学(100点)
・理科(200点)

2次試験
・小論文(60点)
・面接(重視)

2.4 出題の傾向と特徴(概要)
全問マークシート方式で、ここ数年は大問3題、総小問数20数題程度の構成である。問題難易度は標準的であり、小問数20数題程度に対して試験時間60分と時間的にも厳しくないので、合格点も自ずと高くなってくる。
大問1は例年10数題程度の小問集合であり、正誤問題、計算問題、適語選択などを中心に出題されている。正誤問題は解答方式が、正しいものを選べ、誤っているものを選べ、適するものを2つ選べ、全て選べなど非常に多彩である。合格点を考えるとこの正誤問題は合否を分ける可能性が高い。小問集合を構成する問題は、どの分野からもまんべんなく出題されている。大問を構成する問題は、他の医学部同様に代謝・遺伝情報の発現・生殖と発生・体内環境・動物の反応と行動などから出題が多く、問題の難易度としては入試定番問題が多い。このことを考えても正誤問題で確実に得点を取る正確な知識が合否を分けるだろう。

3. 出題の傾向と特徴(詳細)

3.1 細胞と分子
出題頻度はそれほど高くなくが、浸透圧に関する問題などが大問で出題されたことがある。浸透圧に関する問題は、近年は出題が減っているが、当時は入試定番問題であった。全体として入試定番問題が多く出題されているので「生物基礎・生物 重要問題集」(数研出版)など標準的な問題集を用いて十分に対策しておいて欲しい。細胞の構成成分、細胞小器官、細胞間結合、顕微鏡に関する問題などが正誤問題などで出題されていたので、用語の定義を中心に知識を習得していこう。

3.2 代謝
代謝は、再頻出の単元の一つである。知識問題、計算問題ともに出題されている。正誤問題などで間違えやすいので、呼吸・光合成共にしくみの説明はできるようにしておく必要がある。計算問題としては、酵母菌の発酵や呼吸商など受験定番問題が良く出題されている。小問集合で一行計算問題などとして出題されるので、対策は万全にしておこう。

3.3 遺伝情報の発現
生物全体として再頻出の単元なので、出題される割合は非常に高い。小問集合まで含めれば毎年出題されているといって良いだろう。転写・翻訳・複製のしくみは絶対に押さえておかなければならない。プラスミドを使った遺伝子組み換えは、遺伝子発現の調節や突然変異などと組み合わせて出題されやすく、近年のトレンドとなっている。

3.4 生殖と発生
生殖と発生も頻出単元であるが、他の私大医学部と比べると出題頻度は低めと言える。教科書に登場してこないような実験はほとんど出題されていない。一般的なカエルやウニの発生、その他発生全般に言えるような内容からの出題がほとんどである。正誤問題や発生の順番の並び替え、卵割様式、誘導などの問題が出題されているので、教科書を中心に知識の整理をしておこう。

3.5 遺伝
遺伝の計算問題は、例年小問集合で出題が1問ある程度である。一行計算問題のような形で出題されているので、対策は立てやすいといえる。ハーディーワインベルグの法則による集団遺伝の問題として大問で出題されたことはある。ハーディーワインベルグの法則は出題が増えている分野でもあるので、要注意である。

3.6 生物の体内環境、動物の反応と行動
再頻出の単元の一つである。筋肉・神経系・受容器と効果器のはたらき・腎臓肝臓のはたらき、免疫に関する知識問題が多い。正誤問題や適語選択の問題が解けるように整理しながら知識力を身に付けていこう。また、筋肉の張力とサルコメア長の関係などの入試定番の計算問題が出題されているので、入試定番問題には慣れておこう。

3.7 植物の環境応答
植物の環境応答に関しては出題頻度がそれほど高くはないが、大問で出題されている年度もある。難易度としては知識問題が中心である。植物ホルモンや光受容体のはたらきについては必ず整理しておこう。

3.8 生物の多様性と生態系
出題頻度は低く、小問集合で出題がほとんである。知識問題が主であるが、他の単元と比べると対策が手薄になりやすい単元であり、思った以上に差が付く単元である。過去の出題では、種間関係、生存曲線、物質収支に関する問題などが出題されていた。グラフが登場しやすい分野でもあるので、良く出るグラフに関してはしっかりと確認しておこう。また、種間競争などの具体例についても知識を押さえておいて欲しい。

3.9 生命の起源と進化、生物の系統
出題頻度は低く、小問集合で出題される程度である。遺伝の項でも紹介した通り、ハーディーワインベルグの法則に関してはしっかりと理解しておこう。その他知識問題の出題頻度が高いため、地質時代や生物の系統に関する知識は押さえておこう。

4. 試験対策・勉強法とおすすめ参考書紹介

■Step.1 用語・定義の確認
金沢医科大の場合、問われる知識のランクとしては教科書レベルの問題がほとんである。ただし、正誤問題の出題パターンが多岐に渡っており、見た目ほど侮れないだろう。受験生のレベルを考えると高得点争いのなることも加味するとかなり細かいところまで知識を持っていないと合格することは難しい。相同染色体・ニ価染色体・核相・ゲノムなどの用語は、意味を丸暗記するだけでは問題を解くことは出来ない。用語は定義をしっかりと理解することが重要である。また、生物には図がたくさん登場するので、視覚的な理解もしておかないといけない。

参考書
・『チャート式 新生物、生物基礎(数研出版)』
・『大森徹の最強講義(文英堂)』
・『大学入試の得点源(要点) (文英堂)』
・『生物 知識の焦点(Z会)』
・『理解しやすい生物、生物基礎(文英堂)』
・『田部の生物基礎をはじめからていねいに(東進ブックス)』
・『生物基礎が面白いほどわかる本 (中経出版)』

初学者は、いきなり問題を解き始めるよりも参考書や教科書を使って生物現象や用語の定着に努めるほうが効率的である。用語が定着した後は、問題集でアウトプットしていこう。リードやセミナーを使う際の注意点としては、いきなり発展問題などはやらずに、セミナーのプロセスやリードにあるリードBなど基礎問題の反復練習に努めるほうが効率が良い。覚えていなかった知識は、漏れなくすぐに覚えてしまおう。また、間違えた問題は関連用語についても確認しておこう。例えばゴルジ体の役割が分からなかったとする。分からないのはゴルジ体だけだろうか。中心体やリソソームなどは覚えているのかなと自問自答することが大事である。

問題集
・『基礎問題精講(旺文社)』
・『らくらくマスター 生物・生物基礎(河合出版)』
・『生物用語の完全制覇(河合出版)』
・『セミナー 生物』
・『リードα 生物』
・『リード light 生物 生物基礎』

■Step.2 実験、考察問題への取り組み
ここからは、標準問題を軸に実際の考察問題を解いていくことになる。金沢医科大学では、教科書で見られないような発展的な考察問題の割合は少ない。だいたいどの問題集でも見られるような定番問題で構成されている。生物の入試問題は、一度問題を解いておけば、ある程度実験結果が予測出来るようになる。定番問題中心なので、問題を見て、すぐに結果が見えるぐらい内容理解に努めて欲しい。実験結果については、ノートなどに結果をストックしていくと良いだろう。

・『セミナー 生物』
・『リードα 生物』
・『生物の良問問題集 (旺文社)』
・『基礎問題精講 (旺文社)』
・『生物重要問題集(数研出版)』
・『生物標準問題精講(旺文社)』

■Step.3 計算問題への取り組み
計算問題は、個別に対策しておく必要がある。代謝や遺伝、腎臓の再吸収、浸透圧、塩基対数の計算などの受験定番の計算問題がほとんどの年度で出題されている。一行計算問題のような形で出題されるので、網羅的に数多くの問題に当たって手際良く解答出来るように対策して欲しい。セミナーやリードαなどの教科書某用問題集にも計算問題は含まれているが、網羅性を考えれば様々な問題集に触れておく必要があるだろう。

・『大森徹の生物 計算・グラフ問題の解法(旺文社)』
・『大森徹の生物 遺伝問題の解法(旺文社)』

■Step.4 過去問・模擬問題を用いた演習
Step1~3が終了したら、過去問演習を進めていく。過去問は、できれば夏明け辺りから始めたいところである。もちろん、もっと早い段階で実力がついていれば、過去問に着手しても良い。よく直前期になるまで過去問を解かずに取っておくという話を聞くが、過去問は飽くまで何を理解していなかったのか、覚えていなかったのかを確認するためのものであって、解けたから安心というものではない。特に私大医学部は年度によって難易度が大きく変化するので、本番に合格するのはしっかりとした実力を持っている人である。

過去問を終えた後は、必ず自己分析を行うようにしよう。定番の考察問題や計算問題であれば、Step.2-3に、知識の穴であればStep.1に戻って必ず確認を行うこと。難しい問題に手を出すことだけが、実力を付けることではなく、解ける問題を確実に解くこともとても大事なことである。特に生物は、これは直前に覚えれば良いと後回しにしておいても良いことは何一つない。過去問で見つけた知識の穴は、本番であれば落ちていたかもしれないと肝に命じ、次は絶対に間違えないようにしっかりと覚える時間を割くことが大事である。

(参考)
金沢医科大学|医学部|医学部メッセージ