目次

  1. はじめに
  2. 概要
    1. 試験日
    2. 試験範囲・試験時間・解答形式
    3. 配点
    4. 出題の傾向と特徴(概要)
  3. 出題の傾向と特徴(詳細)
    1. 長文読解問題
    2. 英文法
  4. 試験対策・勉強法とおすすめ参考書紹介
    1. 基本単語、文法の定着
    2. 標準レベルの単語、文法問題に取り組む
    3. 長文問題に取り組む
    4. 英文解釈に取り組む
    5. 過去問・模擬問題を用いた演習に取り組む

mtp-ec
苦手だった英語でほぼ満点を取って国立千葉大学医学部に現役合格した話。
人気記事

1. はじめに

関西医科大学は、大阪府枚方市の私立大学です。慈仁心鏡、すなわち慈しみ、めぐみ、愛を心の規範として生きる医人を育成することを建学の精神としており、以下の3点を3つのポリシーとして挙げています。

関西医科大学アドミッションポリシーより引用:

学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)
社会的役割を自覚し、心豊かで、しかも十分な臨床能力を備え、将来、保健医療、医学研究、臨床医学、医学教育のいかなる分野に進んでも立派に活躍できる医師としての資質と能力を獲得したものに学士号の学位を授与する。

教育課程の編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)
国際化時代を迎えて個々の学生が水準以上の知識と技術を身につけて、人間性豊かな良医として医療と福祉に貢献できるよう、自由・自律・自学の精神を踏まえながら教育改革を行う。具体的には、6年一貫カリキュラムの中で、教養教育、基礎・社会医学教育、問題解決型チュートリアル教育、態度・人間性教育、参加型臨床実習を実施する。

入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)
建学の精神に則り、自由・自律・自学の学風のもと、学問的探究心を備え、幅広い教養と国際的視野をもつ人間性豊かな良医を育成することを教育の理念とし、医療に、医学研究に生きがいを求める意欲的な若者の入学を期待している。

日々、入試問題や問題集を解いているうちに、壁にぶつかることもあると思いますが、そのような時こそ、志望校の理念を読み、将来の自分を想像してモチベーションを上げることが重要です。関西医科大学の2015年度前期一般入試の倍率は15倍で、私立医学部の中では標準~やや高めといったところでしょうか。また、授業料も私立医学部の中では比較的安いのが特徴です。以下、対策の詳細について解説を加えていきます。

2. 概要

2.1. 試験日
一般入試
1次試験:2017年1月28日(土)
2次試験:2017年2月12日(日)

2.2. 試験範囲・試験時間・解答形式
(試験範囲)
・英語:コミュニケーション英語I・コミュニケーション英語II・コミュニケーション英語III・英語表現I・英語表現II
・数学:数学I・数学II・数学III・数学A・数学B(数列・ベクトルのみ)
・理科:『物理基礎・物理』、『化学基礎・化学』、『生物基礎・生物』の3科目から2科目選択。(試験場で問題配布後、選択)
・小論文
・面接

(試験時間)
1次試験
・数学(90分)
・英語(80分)
・理科(120分)※2科目選択
・小論文(45分)

2次試験
・面接

2.3. 配点
1次試験
・英語(100点)
・数学(100点)
・理科(200点)
・小論文(段階評価)

2次試験
・面接(段階評価)

2.4.出題の特徴(概要)
関西医科大学の英語入試問題は、分量、難易度ともに標準的ですが、傾向が毎年のように変化するため、少々の変更には対応できる幅広い知識と実力を兼ね備えていなければなりません。様々な傾向の他大学を併願し、対策することによって、前年と傾向が変わっても本番で動じないようにしておきましょう。

2015年の変更点として、大問1が文法・語法の4択問題に変わり、大問2が短文空所の単語完成問題に変わりました。大問1はセンターレベルですが、大問2は医療系の単語を入れる問題もあり、少々難易度が高くなっています。長文問題は、500語~700語程度の長文が2題出題されます。英文、設問ともに難易度は標準的ですが、年度によっては英文和訳問題が出題されることがあるので、記述の対策も立てておく必要があります。

その他、短文の空所補充問題では、英単語を書かなければならないため、英単語の意味を答えられるだけでなく、正確なスペリングができるようにしておくことも重要です。

3. 出題の傾向と特徴(詳細)

3.1 英文読解
・内容一致問題
内容一致問題は例年、選択肢が本文に一致しているかどうかを吟味して、それぞれに○×をつける問題が出題されます。「正しい選択肢を○○個選べ」のような形式であれば、誤っているものを消去して絞り込んでいくことができますが、正解の選択肢がいくつあるのかわからないので、一つ一つ確認していかなければなりません。

実際に解くときは、誤っているものを探していく方針で解いていきましょう。内容一致問題は、正解の選択肢を選ぶよりも不正解の選択肢を選ぶ方が簡単だからです。そして、誤りが確認できない選択肢を○としていけば正答率が上がるのではないかと思います。

選択肢の確認をする際には、時制が合っているか、主語と動詞が一致しているか、onlyやneverなどが入っている場合、本当に100%(0%)なのかといったことを中心にミスなく確認を進めていきましょう。

・説明問題
「下線部の意味を○○字以内の日本語で答えなさい」、「○○の内容を明らかにして日本語で答えなさい」といった形式で出題されます。下線部の前後に答えとなる根拠が書かれていることが多いので、まずは前後をよく読み、根拠となる部分が無いかどうかを探しましょう。また、「○○の内容を明らかにして」と指定がある場合は、具体例などを加えて解答を作ってください。

・英文和訳問題
数年前までは省略されているものを補うなど国公立大学の英文和訳のような問題が出題されていましたが、近年はあまり構造が複雑であったり和訳が難しい問題は出ず、和訳部分も短くなってきており、構造把握というよりもむしろ文脈を読み取るタイプの問題になっています。難しい単語は一つも使われていないのに何となく意味がよくわからないという状態だと、このような問題には対応できません。

・空所補充問題
関西医科大学の空所補充問題は、大きく分けて①単語を選択する形式と②空所の語句を記入する形式の2種類に分かれます。選択肢のヒントが無い②の形式の方が難しいと思うかもしれませんが、実際は、難問奇問が出題されることはないので、基本的な知識だけで十分に解答することができます。

①の形式は、選択肢が与えられている分楽に感じるかもしれませんが、単に選べば良いというものではなく、語形を適切な形に変化させなければならないため、ケアレスミスが起こりやすいという特徴があります。誤文訂正問題にも共通して言えますが、時制や動詞の形(3単現のsなど)には、十分に気を付けましょう。

また、同義語を抜き出したり、共通する単語を書かせる問題が出題されます。単語帳を覚えるときには、必ず同義語のチェックも忘れないようにしましょう。このように、文章の前後を読んで適切な単語を選ぶ(記入する)だけでは十分とは言えず、派生語や熟語、正確な文法力、文章構造の把握力など総合的な力が無いと正解に辿り着くことが難しい問題が出題されるということを覚えておきましょう。

この形式の問題は閃きが必要になるため、少し考えて思いつかなかったら後に回すことも大切です。特に、「(ア)と(イ)に共通する単語を記しなさい」のような問題は、なぞなぞのように考え込んでしまい、気がついたら何分も経っていたということになってしまいがちです。試験時間は限られていますし、何も満点を取らなければならないわけではないので、その一問に時間を取られて10点分を落としてしまうことのないように気を付けてください。

3.2 英文法
・空所補充問題(大問1)
平成27年に出題された傾向です。オーソドックスな4択問題で、難易度も標準的です(ちなみに、それ以前は、大問1は単語の記述問題でした。)。

まずは、センターレベルの文法問題集がほぼ100%正解できるようにすることです。難問に手を出すよりも基本を固める方針で進めてください。センターレベルが完成したら、GMARCHの過去問を利用して、文法単元に分かれていない状態でも正解できるようにしましょう。

・整序問題
平成26年までは、大問一つ分整序問題が出題されていたのですが、27年は、長文問題の中に組み込まれる形式に変化しました。選択肢は、25年が7択、26年が6択、27年が7択でした。選択肢、難易度ともに、医学部の中では標準~やや簡単な部類に入ると思います。

前置詞(自動詞と他動詞)に関わる問題がよく出題されます。自動詞であれば、前置詞とセットになる、逆を言えば、他動詞の後ろには前置詞がつかないという、ごく基本的なルールなのですが、たいていの動詞には、自動詞と他動詞の両方の意味があるので、よく使われる用法だけを覚えておくと、ひっかかる可能性が高まります。単語帳だけでなく、時には辞書を引いたときに、様々な用法に目を通す癖をつけておくと、数か月後には大きな差を生むことになるでしょう。

・単語記述問題
短文の空所に適切な単語を記入する形式です。ほとんどの問題は、単語の始めのアルファベットが指定されているので、ノーヒントの問題に比べると解きやすいかもしれません。また、ほぼ100%の単語が基本用語なので、正確に書くこと自体、それほど困難なものではありません。しかし、当然のことですが、普段から正確な綴りを書き慣れていないと、意外と正確に書けないものです。

このセクションだけの対策をするのは、労力に対する見返りが非常に薄いと思われるので、英作文が出題される大学を受ける人は英作文対策、英作文が必要無い人は、整序作文問題を解くときに、一文を書く、単語帳は日→英だけでなく、英→日も行うといった工夫で対策を立てることができます。

4. 試験対策・勉強法とおすすめ参考書紹介

Step.1:基本単語・文法の定着
上述しましたが、関西医科大学では、単語は選択形式だけでなく記述形式も出題されるので、赤シート(多くの単語帳は、日本語訳を赤シートで隠すようになっている)を使うだけでは足りません。必ず、日本語を見て、英語を答える(紙に書いた方が効果的)練習も行いましょう。入試直前になってから始めてもどうしようもないので、普段からの努力が実を結びます。単語力には自信のある人でも、実際書かせてみると、スペリングミスがボロボロ出てくるということがあるので、まずは基本から始めてみることをお勧めします。

『キクタンBasic4000』(アルク)

『システム英単語 Basic 改訂新版』(駿台文庫)

次に文法ですが、こちらもセンターレベルの完成を目指すことから始めましょう。文法力は意外と難しいもので、自分では基本はOKだと思っていても、いざ模試を受けると数問落としてしまうという悩みをよく耳にします。このような人によく見られるのが、問題集の答えを覚えてしまって、できたと錯覚しているケースが多いように思います。

そのような人は、問題を解き終わった後で、なぜ正解以外の選択肢がダメなのか、選択肢がこう変わっていたら正解になり得るのかなど多角的な視点で問題を見つめ、不明な部分は質問をするといった反復で力がついてくるはずです。

『英文法・語法 SPEED攻略10日間』(Z会出版)

文法の基礎力に不安がある人は、上記のような薄いものから始めると良いでしょう。初めから分厚いものに手を出すと、1周するのに時間がかかり過ぎて定着が難しくなってしまうので、要注意です。初めの1周は時間をかけ、2周目、3周目はスピードを上げてください。1周するスピードが上がれば忘れる前に再度解くことになるので、定着率が上がるでしょう。

また、問題集の解説を読んでも意味がわからないという場合は、その文法範囲(あるいは初めから最後まで)下記に挙げるような参考書を読んでみると良いでしょう。下記以外のものでも構いませんが、書店で見たときに、読みやすいと感じるものの方が記憶に残りやすく、読むスピードも上がるので、是非一度手に取って見比べてみてください。

『総合英語Forest』(桐原書店)

『チャート式 基礎からの新総合英語』(数研出版)

Step.2:標準レベルの単語、文法問題に取り組む
単語学習は実際やり始めると、英語→日本語は覚えられても、日本語→英語がなかなか進まないといったこともあるかと思います。そういう場合は、英語→日本語だけ下記に挙げるような先のレベルのものに進みましょう。長文をスラスラと読めるようにするためには、一定以上の単語の意味がわかっていなければなりません。そのような意味で、単語学習に関してはあまり丁寧にやり過ぎると長文の学習の遅れにつながる恐れがあります。

『英単語ターゲット1900』(旺文社)
『システム英単語』(駿台文庫)

Step1で紹介した薄い問題集だけでは量が足りないので、3周くらいしてある程度定着したと感じたら、もう少し集めの問題集に取り組んでみてください。下記に3冊挙げますが、どれでも構わないので、1冊をしっかりと定着させてください。定着させるというのは、問題が正解できるだけでなく、正解の根拠、他の選択肢がなぜ誤りなのかまで説明できるという状態です。中途半端なままいろいろな参考書に手を出すと、中途半端な状態からなかなか抜け出すことができないので、気を付けてください。

『改訂版 アップグレード 英文法・語法問題』(数研出版)
『NEXT STAGE 英文法・語法問題 3rd Edition』(桐原書店)
『即戦ゼミ3英語頻出問題総演習』(桐原書店)

Step.3:長文問題に取り組む
Step1,2を通じて単語と文法の基礎が身について来たら、長文に取り組みましょう。どこの入試問題も長文が最も配点が高いので、できるだけ早めに長文に取りかかり、経験値を増やしておきたいものです。

長文問題を解くに当たり、自分の実力に合ったものに取り組むことが大切です。ノーヒントで9割以上正解でき、長文の中にほとんど知らない単語が無いような場合は、レベルが低すぎると言えます。逆に、一文の中に知らない単語が平均して3語以上あったり、ノーヒントで解いたら4割以下しか正解できなかったら、レベルが高すぎると言えるでしょう。そのような場合は、最後まで解かなくても良いので、別のレベルの問題集に移りましょう。ただし、同じレベルの問題集の中でも難しいものや簡単なものが混在している可能性があるので、一題だけ解いて判断するのは少し早計かと思います。

『英語長文レベル別問題集 (3) 標準編』(東進ブックス)
『やっておきたい 英語長文500』(河合出版)

上記の問題集は、レベル別に分かれているので、書店で少し目を通してみて自分のレベルに合ったものを選べます。

Step.4:英文解釈に取り組む
続いて、英文読解に取り組んでください。英文読解を演習することによって、一文を正確に読む力が養われます。そのため、英文読解の成績にも影響が出てくるでしょう。英文解釈の問題集は、薄めであまり難易度の高くないものを選びましょう。というのも、難易度の高い英文和訳問題は、一文が長く、、英文構造が複雑なものが多いのですが、関西医科大学の英語には、もともと英文構造が複雑な和訳問題は出題されませんし、年を追うごとに和訳箇所も短くなってきています。27年の問題は、文構造というよりも文脈から適訳を考えるような問題で、英文自体は1行にも満たない長さでした。

そのため、英文和訳力を上げるというよりも、構文を覚えて整序問題など文法問題の対策をするというスタンスで取り組んだ方が効率が良いと思います。まずは、下記のような構文集に取り組み、英文和訳と文法力の両面を鍛えてみてください。

『英語の構文150 – upgraded 99 lessons』(美誠社)

構文集が終わって、まだ余裕がある人は英文和訳に取り組んでも良いでしょう。しかし、英文和訳の優先度は高くないので、Step1~3の中で不安な箇所がある人は、そちらを優先させた方が良いと言えます。しかし、上述の通り、英文解釈を通じて一文を正確に読み解く力を養うことは、英文和訳問題以外にも活かすことができるので、決して無駄になることはありません。

『大学受験のための英文熟考 上・下』(旺文社)

Step.5:過去問・模擬問題集を用いた演習に取り組む
Step3までで、一通り必要な基礎知識は身についています。後は、数多くの長文や文法問題に挑戦して、経験値を積み上げていきましょう。過去問はその中でも本番に最も近い内容になっているはずなので、最低でも3回は解き直しましょう。その他の私立医学部の長文問題を通じて、医療系の英文に慣れることも大切ですが、必ずしも医療系の英文が出るわけではないので、理系を中心に幅広いジャンルの英文に触れるようにしてください。医療系の長文問題は、下記の問題集をおすすめします。

『私大医学部への英語』(学研教育出版)

(参考)
関西医科大学|医学部|3つのポリシー