目次

  1. はじめに
  2. 概要
    1. 試験日
    2. 試験範囲・試験時間・解答形式
    3. 配点
    4. 出題の傾向と特徴(概要)
  3. 出題の傾向と特徴(詳細)
    1. 長文読解問題
    2. 英文法・語彙
  4. 試験対策・勉強法とおすすめ参考書紹介
    1. 基本単語、文法の定着
    2. 標準レベルの単語、文法問題に取り組む
    3. 長文問題に取り組む
    4. 英文和訳問題に取り組む
    5. 過去問・模擬問題を用いた演習に取り組む

admin-ajax
看護学部を卒業後、医学部受験に挑戦。卒業後わずか1年で合格を勝ち取った「教科書レベル」からの挑戦
人気記事

1. はじめに

近畿大学医学部は、大阪府大阪狭山市にある私立医学部です。難易度は私立医学部の中では中間くらいに位置していますが問題の難易度は私立医学部の中でもやや高めとなっており、合格するためにはかなり準備をしておかなければならないでしょう。また、2016年度の入試から形式がかなり変わると発表されており、今後の動向には要注意です。

医学部の教育システムでは、「テュートリアルシステム」と「クリニカルクラークシップ」という制度を設けており、少人数での教育に重点を置いているのが特徴です。また、医学部のホームページには、患者が中心となる医療を先取りし、「温かい心」と「優れた医療技術」を身につけた医師・医学者の育成を目指している旨が記載されています。

2. 概要

2.1. 試験日
一般入試
1次試験:2017年1月22日(日)
2次試験:2017年2月5日(日)

2.2. 試験範囲・試験時間・解答形式
(試験範囲)
・英語:コミュニケーション英語I・コミュニケーション英語II・コミュニケーション英語III・英語表現I・英語表現II
・数学:数学I・数学II・数学III・数学A・数学B(数式、ベクトル)
・理科:『物理基礎・物理』、『化学基礎・化学』、『生物基礎・生物』の3科目から2科目選択。
・小論文
・面接

(試験時間)
1次試験
・数学(60分)
・英語(60分)
・理科(120分)※2科目選択

2次試験
・小論文(40分)※段階評価
・面接(10分程度)

2.3. 配点
1次試験
・英語(100点)
・数学(100点)
・理科(200点)

2次試験
・小論文(与えられた主題について論述する。)
・面接

2.4.出題の特徴(概要)
近畿大学医学部の入試問題は、ほとんど変化がなかったのですが、2016年度の入試問題が大きく変更すると発表されました。従来、英語の試験時間は90分で200点でしたが、60分で100点になり、従来よりも数学の得点比率が増大しました。そのため、試験傾向は大きく変更する可能性があります。2015年度までの入試は大問1に文法・語法の4択空所補充問題、大問2に日本文の英訳として正しいものを選ぶ問題、大問3に整序問題、大問4に長文の空所補充問題、大問5に長文読解問題となっており、その傾向を基本として対策を記載していきます。難易度は私立医学部の中でもやや高めとなっており、基本知識だけでは合格点を取ることが困難だと言えるでしょう。

試験時間は2015年度までは90分あったため、分量は適量でした。試験時間が60分に短縮された結果、どのようになるのかが注目されます。当然のことながら、試験の分量があまり変わらないのであれば、かなり時間が厳しくなるでしょう。

全体を通して、基本事項の習得は必要とされますが、それにとどまらない応用力、典型問題を超えた文法、語法の力を身につける必要があります。

3. 出題の傾向と特徴(詳細)

3.1 英文読解
・内容真偽問題
近畿大学医学部の内容真偽問題は、指定された段落の内容と合致する(しない)ものを選ぶ形式と漠然と本文の内容と合致する(しない)ものを選択する形式に分かれています。段落が指定されている問題はすぐに該当箇所を特定することができますが、指定されていない問題は探すのに時間がかかるでしょう。

・空所補充問題
例年、大問4および大問5の一部の問題は空所補充問題となっており、他の大学に比べても長文の空所補充問題はかなり多くなっています。難易度はかなり高く、特に語彙レベルが高いので、一般の大学入試レベルを超える単語帳を用いて対策を立てておかなければ対応が難しいでしょう。

3.2 英文法
・空所補充問題
空所補充問題は通常の文法知識が必要とされる典型問題はほとんど無く、あまり見かけない英語フレーズや難易度の高い英単語が出題される傾向があり、全体的に難易度が高くなっています。若干ではありますが、典型的な問題も出題されるので、そこは絶対に落とさないようにしましょう。全問正解しなければならないのではなく、合格点を取ることを考え、解ける問題を確実に解いていくことが大切です。

・和文英訳選択問題
例年大問2で出題される形式の問題です。与えられた和文に対する英訳として適切なものを選ぶ問題です。選択肢の英文はいずれも似通っており、熟読しなければ正答を選ぶことが困難です。したがって、英文和訳問題などを通じて、正確に一文を理解する力を養う必要があります。また、口語表現も出題されるので、そちらの対策も怠らないようにしましょう。

・整序問題
整序問題は6択となっており、それほど選択肢の数は多くありません。しかし、慣用表現が使われているケースがあり、それを知らないと解答が困難な問題があります。また、前置詞を使う場所をひっかける問題がよく出題されるので、注意しておきましょう。

4. 試験対策・勉強法とおすすめ参考書紹介

Step.1:基本単語・文法の定着

近畿大学医学部で出題される問題の一部は、基本単語のレベルを超えていますが、長文を読むためなど基本単語は知っておかなければなりません。難易度の高い入試を受ける場合、つい難しい方へ意識が向いてしまいがちですが、取れるところでしっかり取ることが重要だということを考えると、基本の知識を完全に定着させることがポイントになるでしょう。少しでも基本単語の定着度に自信が無いようであれば、迷わず以下のレベルの基本単語から始めましょう。

『キクタンBasic4000』(アルク)

『システム英単語 Basic 改訂新版』(駿台文庫)

さらに、文法の基本知識も定着させましょう。多くはありませんが、文法の基本知識で解ける問題も出題され、それらを取りこぼすことはできません。難問を解けるようになることも重要ですが、基本問題を落とさないようにすることも大切です。

『英文法・語法 SPEED攻略10日間』(Z会出版)

また、文法問題を解いていて不明点が出てきた場合は文法の参考書も読んでおきましょう。知識が曖昧な部分を中心に一通り目を通しておくと良いと思います。わかったつもりになっているところでも新たな発見が得られるのではないでしょうか。

『総合英語Forest』(桐原書店)

『チャート式 基礎からの新総合英語』(数研出版)

Step.2:標準レベルの単語、文法問題に取り組む

Step1のレベルが定着したら、標準レベルの単語帳に取り組んでください。標準レベルでは、数が多くなり大変ではありますが、まずは英単語の意味が言えるように覚えていきましょう。下記の単語帳は赤シートがついているので、活用しながら覚えてください。また、2周目以降は、赤字でない意味や派生語なども覚えてください。

『英単語ターゲット1900』(旺文社)

『システム英単語』(駿台文庫)

最終的に近畿大学医学部に合格する単語力をつけるためには、もう一冊上記を超えるレベルのものをこなすのが理想ではあります。下記に1冊紹介しますが、あくまで上記レベルの単語帳が終わった後にしましょう。中途半端な定着度で次のステップに進んではいけません。

『単語王2202』(オー・メソッド出版)

『話題別英単語リンガメタリカ』(Z会出版)

文法も標準レベルの問題集に取り組んでください。まずは、下記に挙げるレベルの標準的なものをミス無く解けるようにすることです。それでも、一度に全部を完璧にできるようにするにはかなり大変ではないかと思います。まず1周目にミスがどのくらいあるのかチェック(勘で正解したものは不正解とする)し、2周目はミスした問題を解くといった要領で、何周かするとだんだん1周にかかる時間が少なくなり、定着度も高まるでしょう。また、1冊全体を1周すると時間がかかってしまうので、章に区切って第1章を3周、次に第2章を3周といった要領で行うのも良い方法だと思います。とにかく、短期間で1周するのがポイントで、1周に時間がかかってはじめの方をすっかり忘れてしまい、また一から覚えなおすということにならないようにすることが重要です。

『改訂版 アップグレード 英文法・語法問題』(数研出版)

『NEXT STAGE 英文法・語法問題 3rd Edition』(桐原書店)

『即戦ゼミ3英語頻出問題総演習』(桐原書店)

文法問題集に関しても、できれば上記のレベルを超えたものまでできれば理想的です。ただし、単語の場合と同様に、上記のレベルの問題集が十分定着しないまま難問に手を出し、大は小を兼ねるような学習をするのは非効率なので、気を付けてください。

『英文法・語法のトレーニング 2 演習編』(Z会出版)

その他、整序問題が苦手な人は整序に特化した問題集もあります。

『3ステップで解く!英語整序問題の必勝テクニック』(旺文社)

Step.3:長文問題に取り組む

近畿大学医学部で出題される長文は、医療系の英文が出題される傾向があり、難易度もやや高いことから、読み慣れていない人には難しく感じると思われます。専門用語は注釈がついていますが、普段からこの分野の英文を読んでおくことが重要です。

とは言え、いきなりそのような難しい英文に取り掛かっても1行読むのに四苦八苦し、時間がかかる割に全然進まず挫折してしまうことが目に見えているので、焦らず自分の実力に合ったものから取り組んでいきましょう。以下の長文問題集はレベル別に分かれているので、自分に合ったものを選ぶことができます。

『英語長文レベル別問題集 (3) 標準編』(東進出版)

『やっておきたい英語長文500』(河合出版)

Step.4:英文和訳問題に取り組む

大問2で従来出題されていた和文英訳として適切な選択肢を選ぶ問題、さらに、長文の空所補充問題などでは一文を正確に読み解く力が必要不可欠です。そういう意味で、今のところ英文和訳問題が直接出題されることはありませんが、英文和訳問題も一通りやっておきたいところです。

英文和訳問題というと、英文の構造が複雑なものを思い浮かべる人も多いかと思いますが、本学の入試問題では、そのような力は必要ありません。その代わり、大体訳が合っているといった状態は危険だと思ってください。自己採点をするときも、日本語表現をそこまでこだわる必要はありませんが(もちろん、英文和訳をする大学を併願する場合はきっちりとしなければなりません)、以下に挙げるもの1冊でも構わないので、句と節の役割など誤訳が無いかどうかを丁寧に確認してください。

『ポレポレ英文読解プロセス50』(代々木ライブラリー)

『大学受験のための英文熟考 上・下』(旺文社)

『英文解釈の技術100』(桐原書店)

Step.5:過去問・模擬問題集を用いた演習に取り組む

以上のように一通り対策が済んだら、一度過去問に取り組んでみましょう。もちろん合格点が取れれば問題ありませんが、そう簡単にうまくいくことは少ないと思います。10年分の過去問を解いて傾向を知り、さらに医学部に関する英文の経験値を積むために他の私立医学部の過去問も解いてみましょう。過去問を解きながら、どこで躓いたのか傾向を知ることが大切です。自分の弱点がわかったら、そこを重点的に復習し、克服してください。過去問を解いて敵を知り、自分の弱点を分析して己を知ることが合格の近道となるはずです。

医療系の問題が集まった問題集としては、下記のものがあるので、一度解いておくことをお薦めします。

『私大医学部への英語』(学研教育出版)