目次

  1. はじめに
  2. 概要
    1. 試験日
    2. 試験範囲・試験時間・解答形式
    3. 配点
    4. 出題の傾向と特徴(概要)
  3. 出題の傾向と特徴(詳細)
  4. 試験対策・勉強法とおすすめ参考書紹介
    1. 用語・定義の確認
    2. 実験、考察問題への取り組み
    3. 計算問題への取り組み
    4. 過去問・模擬問題を用いた演習

1. はじめに

近畿大学医学部は、大阪府大阪狭山市にある私立医学部である。その他14学部を有するマンモス大学であり、卒業生は2016年度現在で50万人近くもいるそうで、日本大学、早稲田大学、明治大学に次ぐ規模となっている。

難易度は私立医学部の中では中間くらいに位置しているが、問題の難易度は私立医学部の中でもやや高めとなっており、合格するためにはかなり準備をしておかなければならない。

以前は面接試験が課されていなかったために、再受験に対してはかなり寛容な大学として位置づけられていた。しかし、最近では面接試験の導入が開始され、依然と比較して合格年齢層は下がってきているといえる。また、現役生と一浪生を確保するために推薦制度があり、それによる入学者は全体の2割弱となっている。2016年度以降は、大学側の路線変更もあり多浪生への寛容度は若干ではあるが下がってきている。

医学部の教育システムでは、「テュートリアルシステム」と「クリニカルクラークシップ」という制度を設けており、少人数での教育に重点を置いているのが特徴である。また、医学部のホームページには、患者が中心となる医療を先取りし、「温かい心」と「優れた医療技術」を身につけた医師・医学者の育成を目指している旨が記載されている。

tonaki-mjtp-ec
受験にこそパーソナルトレーナーを。4年間、一次試験すら通過できなかった僕が『医学部合格』を勝ち取れた理由
人気記事

2. 概要

2.1 試験日
一般入試
【前期日程】
1次試験:2017年1月22日(日)
2次試験:2017年2月5日(日)
※2017年度の一般入試前期日程は終了しました。

【後期日程】
1次試験:2017年3月8日(水)
2次試験:2017年3月19日(日)

2.2 試験範囲・試験時間・解答形式
(試験範囲)
・英語:コミュニケーション英語I・コミュニケーション英語II・コミュニケーション英語III・英語表現I・英語表現II
・数学:数学I・数学II・数学III・数学A・数学B(数式、ベクトル)
・理科:『物理基礎・物理』、『化学基礎・化学』、『生物基礎・生物』の3科目から2科目選択。
・小論文
・面接

(試験時間)
1次試験
・数学(60分)
・英語(60分)
・理科(120分)※2科目選択

2次試験
・小論文(40分)※段階評価
・面接(10分程度)

2.3 配点
1次試験
・英語(100点)
・数学(100点)
・理科(200点)

2次試験
・小論文(与えられた主題について論述する。)
・面接

2.4 出題の傾向と特徴(概要)
試験時間は理科2科目で120分(推薦入試は60分)、解答形式は、前期日程は記述式、後期日程はマーク式となっている。大問4題で構成されており、問題の難易度は標準的なものが多く出題されている。各大問に設問が10個程度あり、このような形式では1つのミスがそのあとの設問に影響してくることが多い。2017年度前期日程では、試験制度の変更と英語の難化が重なり、一次試験の合格者が従来と比較して大幅に下がったようである。

生物は大問が4つあり、2014年度までは100字の論述問題が存在していたが、2015年以降は実験考察問題が消え、知識問題が中心となった。現在の論述問題に関しては、50字前後が中心となっている。

高校生物の教科書レベルから逸脱のない範囲での出題となっている。免疫などで一部難しい問題もある。試験時間に余裕がないことや、論述問題、描図問題、計算問題の出題を考えると総合的な難易度はやや高いといえるだろう。医学部ということもあって、動物の反応、遺伝情報からの出題が多い。これらの範囲に関しては図説を使ってしっかりと学習しておく必要がある。論述問題に関しては先生に添削してもらうなどすると学力も上がりやすいだろう。

3. 出題の傾向と特徴(詳細)

3.1 細胞と分子
近畿大学の中では頻出率の高い単元であり、細胞周期の計算や細胞膜の働き、細胞小器官に関する出題が多い。いずれも知識問題なので教科書傍用のテキストで演習をすれば問題なく対応できるであろう。動物の組織、ゾウリムシの収縮胞など、見落としがちな問題も出題されるため、隅々まで基礎的な知識を身に着けておくようにしよう。

3.2 代謝
代謝経路に関する問題と酵素、タンパク質に関する問題がほとんどである。酵素は遺伝子の発言と関連させて出題されることが多いので、総合的な問題として出題されることを念頭に入れておこう。

3.3 遺伝情報の発現
頻出の多い単元の一つであり、しっかりとした対策が必要となる。とはいっても、他の単元と絡めた出題が多く、単体として出題されることは少ない。細胞、遺伝や代謝と関連させられることが多い。DNA 複製や転写、翻訳に関する問いやバイオテクノロジーの分野の出題が多数。

3.4 生殖と発生
種子形成や重複受精など、植物からの出題も目立っている。減数分裂やヒトの受精も出題されているが、核相やゲノムなど曖昧にされがちな用語をついてくるような出題であるため、定義の根本的な理解を優先させてほしい。

3.5 遺伝
近畿大学の遺伝は、テキストに掲載されているような問題は少なく、問題を読んで戸惑う受験生が多いかもしれない。しかし、聞いていることは基本的なことばかりなので問題文を落ち着いて読んでいけば簡単に解けることも多い。計算力も大切だが、問題文を把握する理解力が試される問題となっている。センター試験の遺伝などを演習教材に使ってみると効果があるだろう。

3.6 動物の反応と行動
毎年出題のある分野である。ホルモン、受容器、免疫、循環系、排出、神経系、筋肉、全ての分野を満遍なく抑えて、本番に臨もう。筋肉や神経、腎臓の計算問題なども出題されるため、あらゆる角度から典型問題を攻略しておく必要がある。

3.7 植物の環境応答
組織系や気孔の開閉に関しての出題が多い。今後は植物ホルモンや花芽形成などの出題の増えてくるだろうと予測される。しかし、全体的に見てもあまり頻出の単元とはいえない。

3.8 生物の多様性と生態系
ここ10年を通して出題が少ない分野である。時間に余裕のない受験生は学習を後回しにしてもよいが、余裕のある受験生はしっかり対策しておくようにしよう。

3.9 生命の起源と進化、生物の系統
動物の分類が一番多く出題される傾向にある分野であるが、生物の多様性同様、あまり出題率の高い分野ではない。

4. 試験対策・勉強法とおすすめ参考書紹介

■Step.1 用語・定義の確認
近畿大学の生物は、まず用語の定着が必須であるが、それ以上に様々な単元との関連性を意識した学習が大切になってくる。細胞小器官と転写、翻訳のつながり、遺伝と突然変異など全体を横断的に理解していくことに努めよう。

参考書
・『チャート式 新生物、生物基礎(数研出版)』
・『大森徹の最強講義(文英堂)』
・『大学入試の得点源(要点) (文英堂)』
・『生物 知識の焦点(Z会)』
・『理解しやすい生物、生物基礎(文英堂)』
・『田部の生物基礎をはじめからていねいに(東進ブックス)』
・『生物基礎が面白いほどわかる本 (中経出版)』

初学者は、いきなり問題を解き始めるよりも参考書や教科書を使って生物現象や用語の定着に努めるほうが効率的である。用語が定着した後は、問題集でアウトプットしていこう。リードやセミナーを使う際の注意点としては、いきなり発展問題などはやらずに、セミナーのプロセスやリードにあるリードBなど基礎問題の反復練習に努めるほうが効率がよい。

問題集
・『基礎問題精講(旺文社)』
・『らくらくマスター 生物・生物基礎(河合出版)』
・『生物用語の完全制覇(河合出版)』
・『セミナー 生物』
・『リードα 生物』
・『リード light 生物 生物基礎』

■Step.2 実験、考察問題への取り組み
近畿大学では総合的な問題が出題されるといっても、実験結果が予測できるようなものばかりである。しかしながら、厳しい時間制約の中で問題文を一字一句理解して読んでいくのは厳しいため、実験概要と結果をしっかり記憶しておくことが大切である。時間の短縮につながるだけでなく、予測しながら解答をしていくことができるようになるため精神的にも安定する。普段から考察問題をこなしていく上で、ノートなどに実験結果をストックしていくとよいだろう。1周目の取り組み方としては、しっかりリード文を読んで自分で考えて答えを導き出しで見ることである。この時点で完璧な答案を作る必要は全くなく、わからなかった問題は解答解説を理解することを心がけよう。

また、重要問題集や標準問題集は考察問題がメインであるが、この問題集は国立大学の問題を多く掲載しており、近畿大学にとってはオーバーワークな側面もあるため、時間がない人は手を出す必要はないだろう。

・『セミナー 生物』
・『リードα 生物』
・『生物の良問問題集 (旺文社)』
・『基礎問題精講 (旺文社)』
・『生物重要問題集(数研出版)』
・『生物標準問題精講(旺文社)』

■Step.3 計算問題への取り組み
計算問題は、個別に対策しておく必要がある。セミナーやリードαなどの網羅系問題集にも計算問題は含まれているが、計算問題に対する網羅性はあまりよくない。

『大森徹の生物 計算・グラフ問題の解法』(旺文社)
『大森徹の生物 遺伝問題の解法』(旺文社)

近畿大学は基本的であるが毎年、計算問題が数問出題されるため、必ず個別に対策しよう。 公式を暗記することも大切であるが、公式の導出過程を理解し、忘れないような学習をしていくことが重要である。また、計算問題に関する注意点であるが、計算問題のみが記述であることが多いため、選択肢に頼ることができず、自力での完答が求められる点に注意しておこう。

■Step.4 過去問・模擬問題を用いた演習
Step1~3が終了したら、過去問を解き始めよう。過去問は、できれば夏明け辺りから始めたいところである。もちろん、もっと早い段階で実力がついていれば、過去問に着手してもよい。よく直前期になるまで過去問を解かずに取っておくという話を聞くが、Step1を終えたころに一度過去問を解いてみるといいかもしれない。どういった単元が頻出しているのか、難易度はどのくらいか、ということがイメージしやすくなるだろう。
また、過去問を解くときには時間を計るようにしよう。いくら正答率が高くても時間内に解ききれなければ意味がないからである。

(参考)
行くぞ!近大 近畿大学入試情報サイト|入試情報・学費|入試かんたん検索|医学部|一般入試・前期
行くぞ!近大 近畿大学入試情報サイト|入試情報・学費|入試かんたん検索|医学部|一般入試・後期