目次

  1. はじめに
  2. 概要
    1. 試験日
    2. 試験範囲・試験時間・解答形式
    3. 配点
    4. 出題の傾向と特徴(概要)
  3. 出題の傾向と特徴(詳細)
    1. 長文読解
    2. 英文法
  4. 試験対策・勉強法とおすすめ参考書紹介
    1. 基本単語、文法の定着
    2. 標準レベルの単語、文法問題に取り組む
    3. 長文問題に取り組む
    4. 過去問・模擬問題を用いた演習に取り組む

admin-ajax
看護学部を卒業後、医学部受験に挑戦。卒業後わずか1年で合格を勝ち取った「教科書レベル」からの挑戦
人気記事

1. はじめに

杏林大学医学部は、三鷹と八王子にキャンパスを持つ都内の私立医学部です。新設された私立医学部の中ではトップレベルに位置し、年齢や男女に合格が左右されないと言われており、大変人気が高くなっています。
また、カリキュラムポリシーとして、以下の項目が記載されています。

教育目標が確実に達成されるよう、以下の方針に沿って教育課程を編成し、実施する。
・講義や実習、少人数教育など、さまざまな教育手法を効果的に配置する。
・学習成果の判定とフィードバックのための適正な評価を実施する。
・医師に必要とされる医学的知識の確立とその応用力を涵養する。
・医師に必要とされる基本的技能の確実な実践のための修練を行う。
・医師にふさわしい倫理観と態度、コミュニケーション能力の育成をはかる。
・課題探求能力および問題解決能力の育成をはかる。

2. 概要

2.1. 試験日
一般入試
1次試験:2017年1月20日(金) 
2次試験:2017年1月25日(水) 
※2017年度入試は終了しました。

2.2. 試験範囲・試験時間・解答形式
(試験範囲)
・英語:コミュニケーション英語I・コミュニケーション英語II・コミュニケーション英語III・英語表現I・英語表現II
・数学:数学I・数学II・数学III・数学A・数学B(確率分布と統計的な推測を除く)
・理科:『物理基礎・物理』、『化学基礎・化学』、『生物基礎・生物』の3科目から2科目選択。(試験場で問題配布後、選択)
・小論文
・面接

(試験時間)
1次試験
・数学(60分)
・英語(60分)
・理科(100分)※2科目選択
・小論文(60分)

2次試験
・面接

2.3. 配点
1次試験
・英語(100点)
・数学(100点)
・理科(150点)※各75点

2.4.出題の特徴(概要)
杏林大学医学部の英語問題は、4題構成となっており、2013年以降は大問1に文法の空所補充問題(15問)、大問2に会話問題(5問)、大問3に誤文訂正問題(10問)、大問4に長文問題が2題(20問)となっています。2012年以前も大問の順番が前後するものの、問題自体はこの4種類で、例年、問題のレベルも大きな変動はありません。そのため、過去10年分は解き、問題傾向と時間に慣れておくことが望まれます。

60分という時間を考えると、問題量は多いと言えます。また、長文も医療系の英文で難易度が決して低いものではないので、文法を正確かつ素早く解き、長文に時間を残しておくことがポイントです。

問題の難易度は、標準的なレベルの問題が多くを占めますが、長文には医療系の難易度の高い単語が出題されることもあり、読みにくい印象を与えます。英語の基礎力がついたら、医療系の英文を多読し、杏林以外の医学部の過去問を通じて、対策を立てておきましょう。

3. 出題の傾向と特徴(詳細)

3.1 英文読解
・空所補充問題
空所補充問題は、単語を入れる問題の他に句を入れる形式の問題があります。また、文脈から適切な語句を入れるタイプの問題があれば、知識が問われている問題もあり、問題形式が多岐にわたっています。

しかし、いずれも特別難しい問題というわけではなく、問題形式も一般的なものばかりです。正確に読むことができれば解答できる問題がほとんどですが、長文が読みにくいため、短時間で正確に意味をつかむ練習をしておく必要があるでしょう。

・内容真偽問題
内容真偽問題は、難易度に左右されるものの、一般的に空所補充問題に比べて解答に時間がかかる傾向があります。杏林大学医学部の問題には、この内容真偽問題が数多く出題される上、長文が合計で2題出題され、二つの長文を合わせた語数が1500語程度になることを考えるとかなりのスピードが要求されます。それと同時に、解答が絞り切れなかったり、時間がかかりそうだと分かった問題については、とりあえず飛ばしておくということも必要になると思います。

一問一問を丁寧に解くことは非常に重要なことですが、本番ではあまり一問にこだわりすぎると時間が無くなってしまう恐れがあるので、注意しましょう。

3.2 英文法
・空所補充問題(大問1)
大半の問題はセンターレベルの問題です。毎年数問、難解なイディオム問題が出題されますが、仮にここを落としたとしても、他の取るべき問題が取れていれば、十分に合格点を取ることができます。

文法は全単元が出題されます。毎年出題される前置詞や接続詞をはじめ、準動詞、仮定法、関係詞、比較などはもちろんのこと、名詞まで出題されるので、あまり出題されないマイナー単元だからと言って対策を怠ると、失点してしまいます。

・誤文訂正問題
誤文訂正問題も、大半は基本の構文や文法力がしっかりと身についていれば、解ける問題です。しかし、空所補充問題と同様に、数問は早慶上智レベルに匹敵する難易度なので、考え込んでしまうと時間がかかってしまいます。

先ほど書いた通り、本学の入試問題は時間制限が厳しいので、あまり1問にかける時間はありません。少し考えて結論が出なければ、後に回した方が得策でしょう。

・会話文問題
会話文問題は、2者による短い会話で構成された問題が5題出題されます。センター試験レベルの会話問題なので、時間をかけずに正解を選びたいところです。

4. 試験対策・勉強法とおすすめ参考書紹介

Step.1:基本単語・文法の定着

杏林大学医学部は、時間の割に量が多いのが特徴です。特に、60分間で2つの長文を解かなければならないため、基本単語が身についておらず、長文を素早く正確に読むことができないという状態では、合格は遠いと言えます。

そこで、まずは以下に挙げる基本レベルの単語帳をしっかりとマスターしてください。単語の習得度は、単語を見た瞬間に意味がわかるという状態まで高めましょう。素早く何度も繰り返すのがポイントです。

『キクタンBasic4000』(アルク)

『システム英単語 Basic 改訂新版』(駿台文庫)

また、同時に基礎文法も習得させましょう。まだ文法が十分に身についていないのであれば、あまり分厚いものから始めないことです。文法力が身についていないレベルだと、どうしても1周するのに時間がかかってしまいます。まずは軽く1周し、徐々にレベルを上げていってください。

『英文法・語法 SPEED攻略10日間』(Z会出版)

上記のような基本レベルの文法問題集を解いたときに、解説を読んでも意味がよくわからないという場合は、(少なくともその単元に関して)文法の授業を受けるか、以下のような文法の解説書を読み、文法の理解に努めておきましょう。入試で問われる知識のほとんどは、以下の参考書でカバーされている知識である一方、全単元にわたって幅広く問われるので、あまり多くのものに手を伸ばすよりも一冊を完璧にする方針で進めましょう。

『総合英語Forest』(桐原書店)

『チャート式 基礎からの新総合英語』(数研出版)

Step.2:標準レベルの単語、文法問題に取り組む

単語は、Step1で紹介したものだけでは十分ではないので、以下のに挙げる単語帳も進めてください。下記の単語帳が習得できれば、とりあえず入試問題の長文を読むのに十分な単語力がついていると言えます。

『英単語ターゲット1900』(旺文社)

『システム英単語』(駿台文庫)

Step1で紹介したレベルの基本文法が身についたら、もう少し厚めの文法問題集に取り組みましょう。こちらも同時に複数行う必要はありません。どれか1冊を完璧にしてください。完璧に習得するのに必要なことは、例えば4択問題であれば、正解の選択肢の根拠が言えるだけでなく、不正解の選択肢の根拠まで言えるようにすることです。問題集の演習も回数を重ねると、答えを覚えてしまうという人がいますが、不正解の選択肢まできちんと説明しようとすると意外と正確に理解できていないということに気づくのではないでしょうか。

『改訂版 アップグレード 英文法・語法問題』(数研出版)

『NEXT STAGE 英文法・語法問題 3rd Edition』(桐原書店)

『即戦ゼミ3英語頻出問題総演習』(桐原書店)

Step.3:長文問題に取り組む

単語と文法の基礎が身について来たら、長文に取り組みましょう。Step2が完璧になるまで待つ必要はありません。ある程度基本ができてきたら、長文に取り掛かってください。長文を始めたばかりのときは、なかなか思うように読めず、先に進めないということもあるかもしれません。そのような場合の多くは、Step1と2が身についていません。したがって、長文を解いた後、復習をするときに単語力に問題があるのか、文法力が足りないのか、など自己分析をして、弱点を補完していきましょう。

『英語長文レベル別問題集 (3) 標準編』(東進ブックス)

『やっておきたい 英語長文500』(河合出版)

上記の2冊はレベル別に分かれているので、自分のレベルに合ったものを選ぶことができます。

Step.4:過去問・模擬問題集を用いた演習に取り組む

Step3まで終了したら、過去問に取り組みましょう。特に、杏林大学では医療系の長文が出題されるので、本学の過去問以外にも他大学の過去問に積極的に取り組んでください。また、本学の問題は過去10年間にわたって、ほとんど傾向が変わっていないので、10年分は解いておきましょう。間違えた問題は、必ず確認をしてノートなどにまとめておくと、分析をするときに便利です。

医療系の英文が集まった長文問題集は、以下のものがあるので、確認してみてください。

『私大医学部への英語』(学研教育出版)

(参考)
杏林大学|医学部|教育理念