目次

  1. はじめに
  2. 概要
    1. 試験日
    2. 試験範囲・試験時間・解答形式
    3. 配点
    4. 出題の傾向と特徴(概要)
  3. 出題の傾向と特徴(詳細)
  4. 試験対策・勉強法とおすすめ参考書紹介
    1. 単語と文法の基礎を固める
    2. 長文問題に取り組む
    3. 会話文問題に取り組む
    4. 英作文に取り組む
    5. 過去問・模擬試験を用いた演習

1. はじめに

京都府立医科大学は医療系の公立単科大学です。学部は医学部のみとなっており、その中で医学科と看護学科に分かれています。学習カリキュラムは、少人数制を活かしたシステムとなっており、1年次から医療施設見学を行うなど、様々な工夫が凝らされています。

同レベルの偏差値の大学は神戸大学がありますが、本学は2次試験の配点が高く、問題の難易度も神戸大学と比べると難しくなります。センター試験よりも2次試験が得意だという人は、本学の受験を検討するべきかもしれません。

次章以降では、京都府立医科大学の入試問題について、特に問題の傾向と対策、勉強法についても解説していくので、参考にしてください。

admin-ajax
看護学部を卒業後、医学部受験に挑戦。卒業後わずか1年で合格を勝ち取った「教科書レベル」からの挑戦
人気記事

2. 概要

2.1 試験日

2月25日
9:00-11:30 理科
12:50-14:50 数学
15:30-17:30 英語

2月26日
面接試験

※2018年度入試は終了しました。

2.2 試験範囲・試験時間・解答形式

(試験範囲)
・英語
『コミュニケーション英語Ⅰ』, 『コミュニケーション英語Ⅱ』,『コミュニケーション英語Ⅲ』, 『英語表現Ⅰ』,『英語表現Ⅱ』

(試験時間)
120分

(解答形式)
全問記述式

2.3 配点

医学科:200/600点

2.4 出題の傾向と特徴(概要)

京都府立医科大学の大問1が1000語を超える長文、大問2と大問3が700~900語程度の長文問題、大問4が自由英作文です。時間が120分あるとは言え、3つの長文問題は難易度、長さともに最高水準となっており、簡単に解くことはできません。さらに、最後の自由英作文は150語程度という長さを書かなければならないので、そちらの対策も必要となります。

英文のジャンルは必ずしも医療系のものとは限りません。むしろ、文化や哲学といったどちらかと言うと文系に属する英文が出題されることが多くあります。理系学生には慣れない分野の抽象的な内容の文章が多いため、120分あるとは言ってもあまり時間的余裕があるわけではありません。合格するには高度な速読力、および精読力を必要とします。

長文問題は、英文和訳、内容説明の他に、英問英答形式の問題が出題される記述問題中心の構成となっています。最後には自由英作文が控えていることもあり、基本的な英文を正確に書けるようにしておくことが合否を分ける大きなポイントとなりそうです。

3. 出題の傾向と特徴(詳細)

3.1 英文和訳問題

英文和訳問題は、大問1で出題されます。和訳部分の英文構造はあまり複雑ではありません。しかし、長文そのものが抽象的で意味をつかみにくい文なので、文章全体の意味を把握していなければ適切に訳すことが困難になります。

3.2 選択式問題

大問3は例年、選択式問題が出題されます。長文を読み、7つの選択肢に対してそれぞれ正しい場合はT、誤っている場合はF、記載が無い場合はNと答えます。設問のそれぞれに答えるため、消去法は使えませんし、Nという選択肢があることによって簡単に答えを出すことができません。最も、例年の傾向を見るとNの選択肢は1問しか出ないため、あまり深く考える必要は無いかと思います。

3.3 内容説明問題

内容一致問題は、多くの国公立大学の傾向と変わりません。問題なのは、長文自体が難しいため、内容が理解できていないと記述問題も当然答えられないということです。逆に長文が正確に読めていれば、得点源となりやすい問題になります。

3.4 自由英作文問題

最後の大問4では自由英作文問題が出題されます。150語程度で書くように指示が書かれており、一部の大学で出題されるような200語を超えるレベルではないものの、やや長めの自由英作文となります。

この語数から、ただ単に意見を書くだけでなく、きちんと意見+理由+具体例など説得力のある論理的な英文展開で書かなければなりません。語数が近い英検準1級が参考になるでしょう。

4. 勉強法とおすすめ参考書の紹介

4.1 単語と文法の基礎を固める

本学では長文が非常に多いため、ある程度の速さで英文を読めるようにしておく必要があり、そのためにも単語力は欠かせません。まずは、下記のような標準的なレベルの単語帳を完成させましょう。

『システム英単語』

・『ターゲット1900』
『ターゲット1900』

上記の単語帳が身についてきたら、下記の単語帳にも挑戦してみましょう。

・『キクタン リーディングAdvanced6000』
『キクタン リーディングAdvanced6000』

・『単語王2202』
『単語王2202』

・『速読英単語2 上級編』
『速読英単語2 上級編』

本学では必ずしも理系の長文が出題されるわけではありませんが、以下の単語帳もおすすめです。

・『話題別英単語リンガメタリカ』
『話題別英単語リンガメタリカ』

一方、熟語帳は下記のものが一般的です。英文和訳をはじめ、長文の中に出てくることがあるので、一通り覚えておくことをお勧めします。

・『速読英熟語』
『速読英熟語』

・『解体英熟語 改訂第2版』(Z会出版)

次に、文法対策です。2次試験では文法の4択問題などが出題されることはありませんが、センター試験では出題されますし、英作文や英文和訳などでも英文法力は必要とされるので、しっかりと文法を学習しておきましょう。まずは、一般的な文法学習をこなしておきましょう。

・『アップグレード 英文法・語法問題』
『アップグレード 英文法・語法問題』

・『NEXT STAGE 英文法・語法問題 3rd Edition』
『NEXT STAGE 英文法・語法問題 3rd Edition』

さらに余裕があれば、応用レベルの問題集にも挑戦してみましょう。ただし、前述の通り、そこまで高い文法力を要求する問題が出題されるわけではないので、張り切って全て解き切る必要はありません。

・『全解説頻出英文法・語法問題1000 』
上記と似た形式ですが、応用レベルです。

・『全解説実力判定英文法ファイナル問題集―文法・語法・イディオム・会話表現の総仕上げ (標準編)』
ランダム形式の問題集なので、単元別に慣れてしまった人は、こちらに取り組んでみましょう。また、より難易度の高い「難関大学編」もあります。

一部始終まで読まなくても構いませんが、文法の参考書も適宜利用すると良いでしょう。単元別の問題を解いていて、苦手だと感じた部分を読んでみると良いと思います。

・『総合英語Forest』
『総合英語Forest』

4.2 長文問題に取り組む

次に、長文問題に取り組みましょう。センター試験、2次試験ともに長文問題は最も配点が高い分野なので、得点源にしたいところです。まずは下記に挙げるようなレベル別の問題集からスタートし、徐々にレベルアップを図りましょう。

・『やっておきたい英語長文』(河合出版)
『やっておきたい英語長文』

・『レベル別長文問題集』(東進ブックス)
『レベル別長文問題集』

下記の問題集はリスニングCDがついており、長文問題集でありながら、リスニング対策としても有効です。センター試験のリスニングは、つい後回しにしてしまう人が多いようです。できるだけ長文対策と同時に行い、習得してしまいましょう。

・『大学入試英語長文ハイパートレーニング (レベル3)』(桐原書店)
・『大学入試 全レベル問題集 英語長文 6国公立大レベル』(旺文社)

本学の長文は必ずしも理系の分野というわけではありませんが、理系・医学部に特化した長文問題集としては以下のものがあります。

・『完全理系専用 英語長文スペクトル』(技術評論社)
・『医学部受験の読解演習』(河合出版)
・『[国公立大]医学部の英語[改訂版]』(教学社)
・『医学部の英語』(旺文社)

4.3 英文和訳に取り組む

次に、英文和訳問題に取り組みましょう。本学の英文和訳は英文構造の複雑さに関しては旧帝国大学レベルほどではないので、あまりに複雑な構文を含む和訳問題は飛ばしても良いと思います。構文の知識があやふやな人は、まずは構文集から取り組むことをおすすめします。

・『英語の構文150』
『英語の構文150』

・『解体英語構文 改訂版』(Z会)

次に、英文和訳の演習に入りましょう。実力に不安のある人は、まず入門編から始めてみてください。

・『入門英文解釈の技術70』
『入門英文解釈の技術70』

・『英文読解入門基本はここだ!―代々木ゼミ方式 改訂版』

それが終わったら、次はいよいよ入試レベルの問題に取り組んでください。

・『ポレポレ英文読解プロセス50』
『ポレポレ英文読解プロセス50』

・『英文解釈の技術100』
『英文解釈の技術100』

これ以上の難関レベルの英文和訳問題は、英文構造が複雑になりすぎる傾向があるので、本学の入試問題とは当てはまりません。それよりは長文問題演習に当てた方が有効だと思われます。

4.4 英作文に取り組む

本学では、最後に自由英作文が出題されます。自由英作文を解く前に、まずは基本的な英文をミスなく書けるようにすることが重要です。まずは、下記のような基本例文集に取り組みましょう。

・『ドラゴン・イングリッシュ基本例文100』
『ドラゴン・イングリッシュ基本例文100』

このほか、先ほど挙げた『アップグレード 英文法・語法問題』などは和訳を見て英文を書けるようにする学習法も有効です。英作文では文法や構文が適切に使えているかどうかが重要なポイントとなるためです。

文法の詳しい解説が書かれた英作文の参考書もあります。以下の参考書が特におすすめです。

・『大矢英作文講義の実況中継』
『大矢英作文講義の実況中継』

・『竹岡広信の英作文が面白いほど書ける本』
『竹岡広信の英作文が面白いほど書ける本』

一通り基本的な英文が書けるようになったら、自由英作文の対策に入りましょう。

・『[自由英作文編]英作文のトレーニング』
『[自由英作文編]英作文のトレーニング』

・『大学入試英作文ハイパートレーニング 自由英作文編』(桐原書店)

4.5 過去問・模擬試験を用いた演習

最後に過去問、模擬試験を用いて演習を行っておきましょう。本学の問題は全国有数の難易度を誇るので、初めのうちはあまり点数が期待できないと思います。そのような場合は難易度を下げて、他の国公立大学の過去問を解いてみても良いと思います。

力がついてきたら、過去問に取り組んでいただきたいのですが、1度だけ解くのではなく、最低でも3回は繰り返すようにしましょう。本学の形式と難易度に類似した他大学の過去問を探すのは容易ではないと思いますが、東京医科歯科大学などが比較的近いと思うので、取り組んでみると良いでしょう。また、自分の苦手とする単元が見えてきたら、その都度、前のセクションで紹介した参考書や勉強法を参照しながら演習を行うようにしてください。

国公立大学の医学部が収録された問題集は、下記のものがおすすめです。参考にしてみてください。

・『[国公立大]医学部の英語』(教学社)

(参考)
京都府立医科大学|入試案内|アドミッションポリシー|医学科