目次

  1. はじめに
  2. 概要
    1. 試験日
    2. 試験範囲・試験時間・解答形式
    3. 配点
    4. 出題の傾向と特徴(概要)
  3. 出題の傾向と特徴(詳細)
    1. 頻出分野と出題傾向
    2. 大問1は比較的易しい
    3. 大問2~3は後半が難問
  4. 試験対策・勉強法とおすすめ参考書紹介
    1. 教科書の内容をしっかり身に付ける
    2. 標準レベルの入試問題をマスターする
    3. 難関国立大レベルの入試典型問題へ
    4. 過去問で日本医科大学ならではの融合問題対策を!

admin-ajax
看護学部を卒業後、医学部受験に挑戦。卒業後わずか1年で合格を勝ち取った「教科書レベル」からの挑戦
人気記事

1. はじめに

日本医科大学は、日本最古の私立医科大学として知られており、その前身である済生学舎からは、野口英世をはじめとした著名な医師が輩出されています。慶應大学医学部や東京慈恵会医科大学と並び、俗に「私立医学部御三家」と言われている通り、入試問題は各科目、私立医学部の中でも難関の部類に入り、合格するためにはかなり時間をかけた綿密な対策が必要です。
数学は有名問題や典型問題だけでなく、その場で考えて解くような思考力を試す問題の出題も多いのが大きな特徴です。以下、合格するまでのプロセスを詳しく解説していきます。

2. 概要

2.1. 試験日
一般入試
(前期日程)
1次試験:平成29年 1月23日(月)
1限:英語、2限:数学、3限:理科
2次試験:平成29年 2月1日(水) または 2月2日(木)
小論文、面接

(後期日程)
1次試験:平成29年 2月27日(月)
1限:英語、2限:数学、3限:理科
2次試験:平成29年 3月8日(水)
小論文、面接

2.2. 試験範囲・試験時間・解答形式
(試験範囲)
英語:コミュニケーション英語Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ、英語表現Ⅰ・Ⅱ
数学:数学Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・A・B(ベクトル、数列)
理科:物理、化学、生物の3科目から2科目選択

(試験時間 (1次試験、前期・後期共通))
英語:9:00-10:30
数学:11:25-12:55
理科:14:10-16:10

(解答形式)
大問3題の出題で、全問記述形式です。
例年、大問1は空所補充か答えのみを記述し、大問2~3は途中経過も記述します。
各大問につきB4版の解答用紙が与えられますが、実際の解答スペースはA4版ほどで設問ごとに解答欄が区切られています。解答スペースにはあまり余裕がないため、解答をコンパクトにまとめることが必要です。

2.3. 配点
英語:300点
数学:300点
理科:400点(200点×2)

2.4.出題の傾向と特徴(概要)
日本医科大学の数学は、試験時間90分で大問3題です。
どの大問も様々な分野の入試標準レベル~難関国公立大学レベルの典型問題を組み合わせて構成されています。また日本医科大学の特徴として、計算が重い上にきれいな答えが期待できない問題や、一見すると定型解法が通用しなさそうな問題が出題されることが挙げられます。しかしそういった問題でも、よく観察すると教科書の知識や入試頻出の解法を上手く使えば完答できることがあります。
日本医科大学の数学で高得点を狙うためには確かな計算力に加え、入試典型問題の解法を深く理解していることが必要不可欠です。

3. 出題の傾向と特徴(詳細)

3.1 頻出分野と出題傾向
頻出分野は確率、三角関数、図形と方程式、数列、ベクトル、極限、微分積分です。
例年これらの分野は単体での出題はほとんどなく、融合問題として出題されます。
また次に述べるように、例年大問ごとに出題傾向・難易度が異なります。

3.2 大問1は比較的易しい
大問1は例年、空所補充か答えのみを記述する形式です。
出題内容の多くは小問集合か、大問がいくつかの小問に分かれた誘導問題です。
難易度は入試標準レベルで、日本医科大学の大問のなかでは比較的易しいと言えます。
大問2以降に難問が出題されることを考えると、大問1では高得点を取っておきたいところです。

ここでは特に平面・空間図形にベクトルを絡めた問題や曲線の通過領域、確率漸化式などの入試頻出問題が多く見られます。また新課程に入り、整数問題も復活しています。年度の古い過去問を使って対策をしておくと良いでしょう。

3.3 大問2~3は後半が難問
大問2~3は例年、答えだけでなく途中経過も答案に記述する形式です。
出題内容は、大問がいくつかの小問に分かれた誘導問題です。
次のように各小問の難易度には傾斜がついており、小問を解き進めるにつれて難易度が上がっていく構成になっています。

・前半の小問
難易度は入試標準レベルです。
計算が重い場合がありますが、ほとんどが入試典型問題の解法を当てはめれば対処できる問題です。ここは確実に解けるように対策をしておきたいところです。
しかし、稀に計算が重い微分積分の求積問題が出題されることがあります。それも計算結果が綺麗でない場合があるので、油断はできません。

・後半の小問
難易度は上位国公立大学~難関国公立大学レベルです。
ここでは日本医科大学に特徴である正確でスピーディな計算を求められる問題や、その場で解法を考える問題解決能力を求められる問題が出題されます。
具体的には、微分積分の面積・体積の重い計算問題、関数や積分の近似値、不等式の証明が挙げられます。

4. 試験対策・勉強法とおすすめ参考書紹介

先に述べたように日本医科大学では難易度の高い問題が出題されますが、それらも教科書の基本事項や標準的な入試典型問題を融合したものであることがほとんどです。
つまり受験生にとって難易度の高い大問を解くために必要なのは、よく知っている典型問題の解法をどのように組み合わせるかを考える力だと言えます。
それをどのような手順で身に付けるかを、Step.1~Step.4に分けて段階的に解説していきます。

Step.1:教科書の内容をしっかり身に付ける

この段階での目標は、基本的な知識と確かな計算力をしっかりと身に付けることです。
まずは教科書の内容を振り返り、教科書傍用問題集を解き進めましょう。忘れていた公式や定型解法をしっかりと頭に入れていきましょう。教科書傍用問題集の基本問題を教科書や参考書を見ずに一通り解けるようになったら、次のStep.2に進みます。

Step.2:標準レベルの入試頻出問題をマスターする

この段階での目標は、数学IA、IIB、III各分野の標準的な入試頻出問題の定型解法を身に付けることです。そのために、分野ごとに定型解法が整理された学習参考書を使います。

おすすめは、次に挙げるような学習参考書です。時間のある受験生は、例題数が豊富でボリュームのある『青チャート』や『フォーカスゴールド』よいでしょう。あまり時間がないという受験生は、例題数を絞ってある『標準問題精講』を使っても構いません。

どの参考書を使う場合でも、各分野の例題を何も見ずに解けるようになるまで繰り返し演習しましょう。ここまでクリア出来たら、次のStep.3に進みます。

『新課程 チャート式 基礎からの数学Ⅰ+A/Ⅱ+B/Ⅲ (通称:青チャート)』(数研出版)

『フォーカスゴールド』(啓林館)

『数学Ⅰ・A 標準問題精講』(旺文社)

『数学Ⅱ・B 標準問題精講』(旺文社)

『数学Ⅲ 標準問題精講』(旺文社)

Step.3:難関国公立大学レベルの入試典型問題へ

この段階での目標は、Step.2よりも高い水準の定型解法をマスターすることです。

次に挙げるような問題集ならば、各分野ごとに難関国公立大学レベルの入試典型問題を演習することができます。
この段階まできたら、入試本番を想定して制限時間内に記述答案を作成する練習をしましょう。
入試本番では大問1問につき25~30分程度ですから、これを目安にするとよいでしょう。

各単元の問題を何も見ずに解けるようになったら、いよいよ最後の仕上げ(Step.4)に入りましょう。

『大学への数学 1対1対応の演習』(数研出版)

『医学部攻略の数学 ⅠAⅡB/Ⅲ』(河合出版)

『数学Ⅰ・A/Ⅱ・B/Ⅲ 上級問題精講』(旺文社)

Step.4:過去問で日本医科大学ならではの融合問題対策を!

この段階の目標は、日本医科大学の特徴的な融合問題に慣れて完答できるようにすることです。

まずは本番と同様に90分計って過去問を解き、制限時間内に問題を解き終えられるかどうか確認しましょう。一通り解き終えたら、自己採点してみましょう。
もちろん正答率がどれくらいだったかを知ることは大切ですが、解説をよく読んで次の項目をチェックすることも重要です。

制限時間内にすべての問題を解き終えられたか?
(制限時間内に終わらなかった場合)時間が掛かり過ぎた問題はあったか?
(あったとしたら)どの分野の問題だったか?
その問題の入試典型問題を理解できていたか?

チェックした結果自分のやるべき課題が見つかったら、必要に応じてStep.1~3に戻って復習し、更に過去問を解き直しましょう。

『日本医科大学』(教学社)

(参考)
日本医科大学|平成29年度入学試験要項