目次

  1. はじめに
  2. 概要
    1. 試験日
    2. 試験範囲・試験時間・解答形式
    3. 配点
    4. 出題の傾向と特徴(概要)
  3. 出題の傾向と特徴(詳細)
  4. 試験対策・勉強法とおすすめ参考書紹介
    1. 教科書内容の振り返り
    2. 知識の補強
    3. 解法パターンの習得と計算力の増強
    4. 定番問題の習得
    5. 過去問・模擬試験を用いた演習

1. はじめに

大阪大学は旧帝大にルーツを持つ国立大学である。化学の問題レベルは高めで、考察問題が多い。ただし、対象となるのは教科書に登場する分子や現象であることが多いため、教科書をベースに力をつけていくべきである。

大阪大学のアドミッションポリシーより引用:

大阪大学は、教育目標に定める人材を育成するため、高等学校等における学修を通して、確かな基礎学力及び主体的に学ぶ態度を身につけ、自ら課題を発見し探求しようとする意欲に溢れる人を受け入れます。

(出典:大阪大学|入学情報|学部学科入試|各学部・研究科のアドミッション・ポリシー(入学者受け入れ方針)

以上の内容からわかるように、まず求められるのは各学問分野への意欲であり、次いで求められるのは応用力である。知識を使うためには知識の正しい理解が必須である。教科書によりベースを築き、考えて応用する力を養っていきたい。この記事では大阪大学化学の入試問題から、傾向や特徴、勉強法、対策、おすすめの参考書について解説していく。

mtp-ec
苦手だった英語でほぼ満点を取って国立千葉大学医学部に現役合格した話。
人気記事

2. 概要

2.1 試験日

(前期)
2月25日 1限:数学、2限:外国語、3限:理科
2月26日 面接(歯学部、医学部医学科)

2.2 試験範囲・試験時間

(試験範囲)
『物理基礎・物理』、『化学基礎・化学』、『生物基礎・生物』の3科目から2科目選択。
(試験時間)
150分で2科目

2.3 配点

(前期日程、理科必須学部のみ記載)
理学部: 250点(合計700点、学科により科目指定あり)
歯学部: 200点(合計800点)
薬学部: 250点(合計650点)
基礎工学部: 250点(合計700点)
医学部医学科: 200点(合計600点)

医学部保健学科
看護学専攻: 100点(合計400点、1科目)
放射線技術科学専攻: 100点(合計400点)
検査技術科学専攻: 200点(合計600点)

工学部(詳細は大阪大学HPを参照してください)
配点A: 250点(合計650点)
配点B: 300点(合計1000点) or 450点(合計1000点)

なお、平成31年度入試から、出願はWebのみになるので注意されたい。

2.4 出題の傾向と特徴(概要)

大問4題が出題される。近年では理論から大問1題、理論+無機から1題、有機から1題、高分子から1題出題されている。どの分野も満遍なく出題されているが、対象となるのは教科書に登場する分子であることが多い。教科書理解を皮切りに、類題、過去問と手を伸ばしていきたい。理科2科目で計150分の試験となるので、150分で解く練習をしておこう。1科目75分とすると、大問1つを17-18分が目安である。

3. 出題の傾向と特徴(詳細)

3.1 理論化学

例年大問1.5題程度出題されている。近年では、凝固点降下、酢酸-酢酸ナトリウム緩衝液、酸化還元滴定、溶解度積、ヘンリーの法則、超臨界流体、2段階反応の反応速度、NaOH水溶液の電気分解、気体の圧力、ヨウ素滴定、コロイドの沸点上昇が出題されている。満遍なく出題されている印象だが、教科書でみられるようなメジャーな物質を対象とした問題が多い。教科書の理解を進め、発展内容までしっかりと理解したい。

3.2 無機化学

理論化学と併せて大問1題程度出題されている。近年では、錯イオン、金の結晶、水素化合物の沸点、共有結合の結晶の構造と性質が出題されている。教科書内容をしっかりと理解しておこう。結晶であれば密度や結合エネルギーに関連する計算問題もともに出題される。類題により解きなれておこう。

3.3 有機化学

例年大問1題が出題されている。近年では、不飽和度2の炭化水素、アセトアミノフェンの合成、アルケンへの付加反応後の 立体構造、ナフタレンの誘導体、アゾ染料、光学異性体の判別が出題されている。構造推定(構造決定)がよく出題されているので、教科書の有機化学全範囲について基本反応をおさえ、構造推定(構造決定)の問題に慣れておこう。不斉炭素周りの構造については分子模型などで視覚的に把握したい。未知の反応が出てくる場合もあるが、問題文に必ず説明が書いてあるのであせらずにじっくり読もう。

3.4 高分子

近年では大問1題出題されるようになってきた。天然有機、天然高分子の範囲が多く、アミノ酸の性質、アミノ酸の合成、ペプチドの推定、糖類の構造と性質、ペプチド-脂肪酸複合体の推定が出題されている。この範囲は出題される問題が限られているので、アミノ酸の性質、ペプチドの推定を中心に教科書を網羅的に学習してしまおう。

4. 勉強法とおすすめ参考書の紹介

4.1 教科書内容の振り返り

教科書を用意し、一章ずつ読み込む。入試問題は、原則として教科書から出題される。特に各教科書の参考・発展・コラム・実験などは、入試問題の格好の材料になり、出題頻度も高い。大阪大で出題される問題のテーマや物質は、おおむね教科書に登場しているようなものが多い。中には見慣れないようなテーマも出題されているが、グラフや表を活用したり、教科書の本文をうまく活用することで解けるようになっており、うまく誘導に乗れるような前提知識さえあれば特に問題はない。その場で考える力を身に付けるためには、教科書に書かれていることをただ覚えるのではなく、なぜその公式が導けるのか、化学現象を自分の言葉で説明できるかなど、理解することを中心とした学習姿勢が求められる。化学平衡に関する問題はよく出題されているので、教科書内容を単元の導出部分からしっかりと理解しておきたい。近年は有機の立体異性に関する問題や高分子をテーマとしたものも多いので、単純暗記というよりはしっかりと官能基の反応や構造の理解を深めるように教科書の学習を進めてほしい。

ただし、教科書の表現は初学者には少し難しいこともあるので、4.1では全てを理解する必要はない。この段階では、各教科書の発展やコラムには触れなくても良い。ざっとどんなことが書かれているか整理していくと良い。読んでもすぐには理解出来ないという人は、下記の紹介されている参考書などを教科書の対応する箇所を合わせて読み込むと良い。また、実験装置や沈殿の色など目で見た方が記憶に残りやすいので、資料集も一冊用意しておくと良い。得た知識をどう使っていくのかについては下記の問題集を利用して、確認していくと良い。

○参考書
『岡野の化学が初歩から身につく-理論化学1-』(東進ブックス)
『岡野の化学が初歩から身につく-無機化学+有機化学1-』(東進ブックス)
『岡野の化学が初歩から身につく-理論化学2+有機化学2-』(東進ブックス)
『フォトサイエンス化学図録』(数研出版)

○問題集
『セミナー化学』(第一学習社)
『リードα』(数研出版)

4.2 知識の補強

教科書の読解と対応する傍用問題集による演習を一通り行ったら、足りない知識を補強して行こう。模試や問題集で出会う難しい問題を見ると、もっと難しい問題を演習しないとと思うかもしれない、化学の学習では難問の理解よりも「満遍なく知識を身に付ける」ことの方が大事である。問題集を解き進める中で、覚えていなかったり忘れてしまったりして解けなかった問題もたくさんあるはずだろう。こういった知識問題を解きっぱなしにせずに、自分のノートに整理してまとめて、定期的に思い出せるように工夫して学習したい。
『鎌田の理論化学の講義』(大学受験Doシリーズ)
『鎌田の理論化学の講義』(大学受験Doシリーズ)
『福間の無機化学の講義』(大学受験Doシリーズ)
『福間の無機化学の講義』(大学受験Doシリーズ)
『鎌田の有機化学の講義』(大学受験Doシリーズ)
『鎌田の有機化学の講義』(大学受験Doシリーズ)

4.3 解法パターンの習得と計算力の増強

4.3では、計算問題の解法の習得に向けて学習を進めていく。大阪大学で出題される計算問題はやや複雑な程度である。計算自体にそれほどの時間をかけていられないので、スピーディーに計算できるようにしていきたい。下記の問題集や参考書を使い、標準的な計算問題の解法を身に付けていこう。
『化学〔化学基礎・化学〕基礎問題精講 三訂版』(旺文社)
『ゼロから始める化学計算問題』(中経出版)・・・ドリル形式になっているので、苦手な人はこちらを使って練習すると良い。
『化学計算問題の徹底整理』(数研出版)・・・入試レベルの計算問題が良いという場合は、こちらの問題集で練習すると良い。

4.4 定番問題の習得

ここからは実際の大学入試問題を使って、定番の問題の解法を押さえていく。大阪大学では教科書内容をベースとした応用的な問題が出題される。とはいえ、典型的な問題が解けなければより難しい問題は解けない。まずは典型問題に対する理解を深めていくことが重要である。ペプチドの推定は化学の新演習を用いて解きなれておきたい。
『実戦 化学重要問題集 – 化学基礎・化学』(数研出版)

『化学の良問問題集』(旺文社)

『化学〔化学基礎・化学〕標準問題精講』(旺文社)

『化学の新演習』(三省堂)

○参考書
『化学の新研究』(三省堂)

4.5 過去問演習

4.1-4.4をクリアしたら過去問演習に入りましょう。
『大阪大学(理系)』(教学社)
『阪大の化学 20カ年』(教学社)
本Stepでは以下の手順に沿って演習・復習に取り組めば、ただ普通に過去問を解くということをするよりも数段効果的であるのでぜひ参考にしてほしい:
1. まずは制限時間内で解いてみる。
2. 制限時間が終了した段階でここまでの出来を採点する。
3. 時間が足りずに解ききれなかった問題を、時間無制限で取り組み、答え合わせを行う
4. 自分に足りなかったポイントを列挙する。知識問題で間違えたなら今まで学習した項目のどの部分が抜けていたのか。考察問題で間違えたならどういった視点が足りないのか。時間があれば解けるもののスピードが足りないならどの部分の理解と練習が足りないのかといった観点を大事にしよう。
5. Step. 4に戻り、該当単元の演習を再度行った上で、周辺分野の知識をすべて整理する。
過去問をある程度進めたら、Step.4の自己分析を元に、同時並行で弱点補強を進めよう。直前期は基礎的な内容に取り組むよりも難しい問題ばかりに手を出したくなるが、大事なことは合格点を取ることである。忘れていた知識を整理したり、計算のスピードや正確性の鍛錬の方がはるかに合格への近道と言えよう。ちょっとした問題に足元をすくわれないようにしっかりと足場を固めたい。
問題の難易度や傾向を考えると他大学の問題よりも阪大の化学20カ年を解き進めていく方がいいだろう。20カ年を解き切ってしまったら、その出来に合わせて2周目に入るか、もしくは少しだけレベルの高い京大の問題を解いてみるとよい。

(参考)
大阪大学|入学情報|学部学科入試|各学部・研究科のアドミッション・ポリシー(入学者受け入れ方針)
大阪大学|入学情報|学部学科入試|一般入試|平成30年度入試【平成30年4月入学】|平成30年度 入学者選抜要項
大阪大学|入学情報|学部学科入試|一般入試|平成31年度入試【平成31年4月入学】|