目次

  1. はじめに
  2. 入試の概要
    1. 試験日
    2. 試験範囲・試験時間・解答形式
    3. 配点
    4. 出題の傾向
  3. 出題の傾向と特徴(詳細)
    1. 大問1(小問集合4問)
    2. 大問2(図形の性質・図形と式・三角関数・ベクトル)
    3. 大問3(微分・積分)
    4. 大問4(確率)
  4. 試験対策・勉強法とおすすめ参考書紹介
    1. 教科書内容の振り返り:公式や定理の総復習
    2. 典型的で定番の問題を押さえる
    3. 数Ⅲは計算トレーニングが命
    4. 応用レベルの演習:数学的な思考力を鍛える
    5. 過去問・模擬試験を用いた演習

admin-ajax
看護学部を卒業後、医学部受験に挑戦。卒業後わずか1年で合格を勝ち取った「教科書レベル」からの挑戦
人気記事

1. はじめに

埼玉医科大学は、私大医学部の中では聖マリアンナ医科大学や獨協医科大学などそこまで入試難易度の高くないレベルの大学です。しかし、数学の入試問題に目を向けると、レベルは簡単なものが並ぶわけではなく、意外に苦労する問題が多く存在します。もちろん合格点は低くなりますが、対策としては少し高いレベルまでやっておく必要があります。実は聖マリアンナ医科大学や獨協医科大学も同様に数学の試験は比較的高いレベルで設定されています。
以下でしっかり確認し、十分対策を立てられるようにしておきましょう。

2. 概要

2.1 試験日
一般入試(前期):
1次試験:平成29年1月22日(日)
2次試験:平成29年1月29日(日)

一般入試(後期):
1次試験:平成29年2月12日(日)
2次試験:平成29年2月19日(日)

2.2 試験範囲・試験時間・解答形式
(試験範囲)
英語:コミュニケーション英語I・II・III、英語表現I・II
数学:数学 I ・数学 II ・数学 III ・数学A・数学B
ただし、数学Bは「数列」、「ベクトル」を出題範囲とします。
物理:物理基礎、物理
化学:化学基礎、化学
生物:生物基礎、生物

(試験時間)
1次試験
・英語(80分)
・数学(60分)
・理科(100分)※2科目選択
・小論文(基礎学力試験)(60分)

2次試験
面接(1次合格者のみ)

2.3 配点
1次試験
・英語(150点)
・数学(100点)
・理科(200点)
・小論文(基礎学力試験)(50点)

2.4 出題の傾向
○試験時間:60分
○解答形式:マークシートのみ
○大問数:4問

例年、第1問は小問集合4問、第4問は確率というところで相場が決まっているようです。全体の量は制限時間60分に対して多めであるので、手際よく処理できる思考力と計算力を求められます。難易度も問題ごとにばらつきがあり、小問集合の中でもばらつきがあります。また、小問集合の方が後ろに配置されている第2問、第3問より難しいときがあったりします。難しいと思ったら一旦飛ばして先に進み、とにかく取れる問題を取りましょう。合格最低点もそこまで高くはありません。満点狙いでいくのではなく、どれだけ部分点を稼げるかというところに注力してください。

頻出単元は、微分・積分、図形(ベクトル、図形の性質、三角比、図形と式)、確率です。例年第2問は図形または三角関数、第3問は微分・積分、第4問は確率という区分けで出題されており、対策の方向性は明確でしょう。

3. 出題の傾向と特徴(詳細)

大問1(小問集合4問)
数学Ⅰ・A・Ⅱ・B・Ⅲのあらゆる分野から出題されています。方向性が見えやすいものの中にも、計算が煩雑で時間のかかるものも多く含まれるため、十分な計算力が試されます。また、正五角形や2変数関数の値域など込み入った内容が聞かれることもありますので、しっかりとした思考力の養成も求められるでしょう。どの分野も偏りなく標準的なレベルまで学習を進めておき、埼玉医科大学の過去問を入念に演習しましょう。他にも金沢医科大学や川崎医科大学などの問題も対策としてはちょうどよいでしょう。

大問2(図形の性質・図形と式・三角関数・ベクトル)
大問2は例年図形分野からの出題となっています。出題される内容も年によって大きく異なり、ベクトル列や図形と式、角度を求める問題と、かなり幅広く出題されています。私大医学部では、図形問題は微分・積分に次いで出題頻度が高い分野ですから、他大学の対策も兼ねて準備は必須です。

大問3(微分・積分)
医学部に限らず理系入試ではダントツの出題頻度を誇る微分・積分ですが、埼玉医科大学では、計算が煩雑になったり、空間図形と融合になったりとテーマの種類もかなり幅広くなることが多くあります。典型問題だけを押さえておくというのでは、とても心もとないので、少なくとも微分積分に関しては中堅・上位校での頻出テーマや典型問題の内容も掴んでおくようにしましょう。
また、計算手法についても合格る計算など数Ⅲの計算問題集を1冊仕上げておく必要があります。微分・積分を一番の得意単元にする意気込みを持って取り組みましょう。

大問4(確率)
公式に一発あてはめて終わりというものは少なく、典型的なテーマながら泥臭く1つずつ数え上げていかなければならない問題も多く出題されています。例えば、サイコロを2つ投げて得られた目の和や積については相当習熟しておいたほうがよさそうです。
また、整数や三角関数と融合して出題されることもあるため、過去問を徹底的に演習するだけでなく、微分・積分同様に中堅・上位校レベルまで取り組んでおくと良いでしょう。

4. 試験対策・勉強法とおすすめ参考書紹介

4.1 教科書内容の振り返り:公式や定理の総復習

教科書レベルの内容のおさらいと典型的な問題のパターンを知るところから始めましょう。埼玉医科大学では教科書の例題や章末問題のレベルがそのまま出ることがありますから、すでにこの教材から直接的な対策が始まっていると考えましょう。未習項目がない方(学校や塾・予備校の授業で一通り数学ⅠAⅡBⅢの範囲については習った)は、以下に挙げるような基礎レベルの問題集を使用して、事項がうまく理解できているか確認しましょう。特に解けなかった問題については、教科書のどの事項が理解できていれば解けたのかということをしっかり確認するようにしましょうね。

・教科書の章末問題

・4STEP(教科書傍用問題集)

『数学Ⅰ+A基礎問題精講』『数学Ⅱ+B基礎問題精講』『数学Ⅲ基礎問題精講』(旺文社)

『カルキュール数学I・A [基礎力・計算力アップ問題集]』(駿台文庫)

未習項目がある方は以下のような参考書でまずは「知らない内容」をなくしましょう。こういったシリーズは問題集もセットになっていることが多いので、両方合わせてしっかり手を動かしましょう。

『高校 これでわかる数学Ⅱ・B』(文英堂)

なお、この段階では、解答を見ても「こんなの思いつかない」「どうしてここをxとおくの?」と、着想自体が難しいと思うことが多々あるかもしれません。5分から10分ほど考えてもわからないときはすぐに解答を見てしまって構いません。模擬試験や学校の定期テストで、数字の変わった問題が出たら、何も見ずに解くことができるというのがこのステップのゴールです。このレベルがクリアできている方は、次に移ってください。

4.2 典型的で定番の問題を押さえる

教科書レベルがしっかりと押さえられたら、次はもう少し大学受験で定番の問題の解法を押さえていきましょう。ここではいわゆる「網羅系参考書」というものを使用します。下に挙げる『青チャート』や『フォーカスゴールド』は非常に分厚いものですので、終わらせられる自信がない……。という人は、『標準問題精講』に取り組んでみましょう。例題の解法をしっかり理解して習得できるようになることがゴールです。このレベルもクリアできている方は次に進んで構いません。

『新課程 チャート式 基礎からの数学Ⅰ+A』(数研出版)

『新課程 チャート式 基礎からの数学Ⅲ』(数研出版)

『フォーカスゴールド』(啓林館)

『数学Ⅰ・A標準問題精講』(旺文社)

『数学Ⅱ・B標準問題精講』(旺文社)

『数学Ⅲ標準問題精講』(旺文社)

4.3 数学Ⅲは計算トレーニングが命

典型的で定番の問題が理解できたら、次の教材と同時並行で計算練習を徹底的に行いましょう。極限・微分・積分については上位校での典型レベルまで引き上げておかないと、時間内に複雑な計算を処理し切ることができない可能性があります。以下の計算問題集を使用しましょう。

『合格る計算 数学Ⅰ・A・Ⅱ・B(シグマベスト)』(文英堂)

『合格る計算 数学Ⅲ』(文英堂)

かなり高いレベルまで収録していますので、入試直前まで繰り返し取り組んで、計算で躓くことのないようにしましょう。

4.4 応用レベルの演習:数学的な思考力を鍛える

4.2で一通り典型的な解法については押さえましたが、まだ実戦的な準備は整っていません。1冊、しっかりとした問題集を仕上げて準備万端の状態で過去問・本番に挑みましょう。ここで使用するのは、以下の問題集です。

『実戦 数学重要問題集 -数学Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・A・B』(数研出版)

全分野の良問が勢揃いにも関わらず、300問程度と程よい量のしっかりした良書です。本書での練習がそのまま本番の解答力に結びつきます。特に数Ⅲ微積分の分野は少し厚めに収録されていますから、ばっちり傾向に合っている問題集です。最低2周はして、1問1問すべての問題について、他人に解説できるくらいの理解度を目指しましょう。

4.5 過去問・模擬試験を用いた演習

いよいよ過去問に取り組んでみましょう。赤本であれば、5〜6年ほどは収録されていますから、演習題材の量としては十分確保できます。しかし、融合問題・総合問題対策として、受験するしないにかかわらず、川崎医科大学や金沢医科大学の問題にも取り組んでおきましょう。

ここで注意しなくてはいけないのは、過去問はただ「ひたすら解く」では、学力を伸ばせる可能性を摘んでしまう恐れがあるということ。解く際には以下の手順に則ってみるのはいかがでしょうか:

まず、制限時間60分で一通り解いてみましょう。時間の使い方も含めて実際の試験時間を味わいます。
一通り取り組んだら、答え合わせをする前に、問題を解きながらどういった点を疑問に感じたかを書き出してみましょう。次回以降気をつけなければいけないこと、直さなくてはいけないことが浮き彫りになってきます。
答え合わせをしたら、正答率を算出するとともに、間違った問題の解答をしっかり理解しましょう。
続いて、今度は合っていた問題について解答をチェックします。合ってたのだから確認しなくていいのでは?と思う方もいるかもしれません。私大医学部の入試における最大の強敵は時間です。もし正解していてもそれが非効率なやり方なのだとしたらそれは回り回って他の問題を解く時間を奪った原因となってしまいます。合っていた問題も「やり方まで効率的であったか」という観点に立って、しっかり見直していきましょう。