目次

  1. はじめに
  2. 概要
    1. 試験日
    2. 試験範囲・試験時間・解答形式
    3. 配点
    4. 出題の傾向
  3. 出題の特徴
    1. 長文読解
    2. 英文法
  4. 試験対策・勉強法とおすすめ参考書紹介
    1. 基本単語、文法の定着
    2. 標準レベルの単語、文法問題に取り組む
    3. 長文問題に取り組む
    4. 過去問・模擬問題を用いた演習に取り組む

1. はじめに

昭和大学は、首都圏に8つもの医学附属病院を持つ歴史ある大学で、2年次からは、この付属病院と連携した教育も行われるなど、チーム医療を重視した教育プログラムが特徴だと言えます。医学部の特徴、理念として、次の項目が掲げられています。

学部の特徴・理念
先進の医学とこころの医学を学び、本当に必要とされる医師

POINT1
昭和の伝統「優れた臨床医の育成」とともに近年、研究領域もより充実

POINT2
西洋だけでなく、東洋医学も含めた「総合医学」の見地から、いま必要とされる医療を学ぶ

POINT3
最新の学習機材を備えた診察トレーニング施設「スキルス・ラボ」で臨床実習に向けた自主学習を強力にサポート

POINT4
医師としての立場と役割を他学部との合同実習を通して、チームとして実践的に学ぶ

(引用元:昭和大学|学部|医学部|学部の特徴・理念

また、2015年度の前期一般入試の倍率は12倍で、私立医学部の中では標準的ですが、私立医学部の中ではかなり学費が安い部類に入ります。英語に関しては、難易度は標準的で分量は少ないので、失点に気を付けてスピードよりも正確性を重視して取り組んでください。

烏丸学び舎
少人数制、個別指導。あなたのための”医学部・難関大専門”予備校が、四条烏丸にあります。
PR

2. 概要

2.1. 試験日
【一般入試(2017年度)】
(選抜Ⅰ期)
1次試験:1月27日
2次試験:2月4日または5日

(選抜Ⅱ期)
1次試験:3月4日
2次試験:3月11日

2.2. 試験範囲・試験時間・解答形式
(試験範囲)
・英語:コミュニケーション英語I・コミュニケーション英語II・コミュニケーション英語III・英語表現I・英語表現II
・数学:数学I・数学II・数学III・数学A・数学B(数列・ベクトルのみ)
・理科:『物理基礎・物理』、『化学基礎・化学』、『生物基礎・生物』の3科目から2科目選択。
・小論文

(試験時間)
1次試験
・英語、数学(140分)
・理科(140分)※2科目選択

2次試験
・小論文(60分)
・面接(約10分)

2.3. 配点
1次試験
・英語(100点)
・数学(100点)
・理科(200点)

2次試験
・小論文
・面接

2.4 出題の特徴(概要)
昭和大学医学部は、毎年のように細かい傾向の変化が見られます。従って、過去問だけではなく、幅広い知識と準備をしておくことが必須となります。例えば、2015年度は長文読解問題が1題減り、記述式の文法問題と会話文問題が復活しました。しかし、長文問題は医療系のものが多く、文法の単独問題が毎年出題されます。

以下、最近数年間の傾向をまとめると以下の通りになります。
2015年
発音・アクセント 2. 文法 3. 単語記述 4. 会話文 5. 長文

2014年
発音・アクセント 2. 文法 3. 整序(長文の穴埋め形式) 4. 長文

2013年
文法 2. 整序 3. 誤文訂正 4. 会話文 5. 長文

2012年
発音・アクセント 2. 文法 3. 単語記述 4. 会話文 5. 長文

2011年
発音・アクセント 2. 文法 3. 長文 4. 長文

2010年
長文 2. 発音・アクセント 3. 文法 4. 単語記述 5. 会話文

このように、毎年のように変化していますが、長文と文法、発音・アクセントは、ほぼ毎年出題されていること、会話文、整序問題、単語の記述問題のいずれかがほぼ毎年出題されていることがわかります。したがって、上記の対策が優先事項になるでしょう。

3. 出題の特徴(詳細)

3.1 英文読解
昭和大学医学部の長文問題は、問題形式が非常に多岐にわたっており、内容一致問題、説明問題(記述形式)、タイトル選択、指示語の内容、空所補充、同義語などが出題されています。年度によって問われる種類も異なるため、問題傾向を当てることは難しいでしょう。しかし、いずれにしてもどれもが標準的な問題で、他大学の過去問を解けば、どこかで見たことがあるような形式だと気づくはずです。また、長文の難易度も他の私立医学部と比べてそこまで高いわけではありません。
したがって、他の私立医学部の過去問を解くなどして、幅広い問題と形式に対応させておきましょう。

一つだけ共通点を挙げるとしたら、毎年医療系の長文が出題されるということです。注釈はありますが、医療系の英文に読み慣れておくと、試験本番でもスムーズに読めるようになるでしょう。

3.2 英文法
・発音・アクセント
発音・アクセント問題は、センター試験と同等のレベルです。特に難問、奇問の類は出題されないので、発音記号を覚え、単語帳(CDを聞くと、なお効果的)を利用して発音・アクセントを正しく覚えてください。

・空所補充問題
一部イディオムや動詞の語法問題で難問が出ますが、ほとんどはセンターからGMARCHレベルの問題が占めるので、標準的な文法問題を落とさないように対策を練っておけば十分合格点は狙えるでしょう。

・整序問題
整序問題は毎年出題されるわけではありませんが、近年では2013年と2014年に出題されました。2015年には出題されませんでしたが、また復活する可能性は十分ありますので、対策を取っておくに越したことはないでしょう。選択肢は7択から10択で、他の私立医学部で出題される整序問題と同等のレベルです。

・単語記述問題
この問題も年度によっては出題されませんが、よく出題される形式です。このタイプの問題が出る以上、単語力に関しては、正確に綴りを書けるようにしておく必要があります。多くの単語帳は、赤シートで日本語を隠すようになっていますが、逆に日本語を見て英語で答えることもしなければなりません。

また、多くの単語帳に記載されている派生語の知識も重要です。特に、不規則な形やextend, extent, extensionなどといった似た単語には注意しましょう。

4.勉強法

■Step.1:基本単語・文法の定着
昭和大学医学部では、単語の記述問題が出題されるので、日本語から英語を正確に書けるような対策を立てておきましょう。

『キクタンBasic4000』
『システム英単語 Basic 改訂新版』

また、文法は、通常の空所補充問題が出題されるので、基本的な用法に抜けが無いようにしておきましょう。入試レベルはもう少しレベルが高いですが、まずはこのレベルができるようにしなければなりません。

『英文法・語法 SPEED攻略10日間』

文法問題集を解いても意味が理解できないという場合は、下記に紹介するような文法参考書を活用しましょう。もっと分厚いものもありますが、そこまで細かい文法知識を覚えることに時間を割くことは効果的ではないので、とりあえずは、1冊オーソドックスなものに取り組むくらいで十分です。

『総合英語Forest』
『チャート式 基礎からの新総合英語』

■Step.2:標準レベルの単語、文法問題に取り組む
昭和大学医学部に合格するためには、Step1の単語力だけでは不十分なので、下記に記載するレベルの単語まで押さえおきましょう。

『英単語ターゲット1900』
『システム英単語』

学校で扱っている単語帳があれば、それでも構いませんが、難易度が上記のものと同じくらいかどうか把握しておきましょう。

文法はStep1の問題集からさらに、センター全般を網羅したものに取り組んでください。以下に挙げる問題集と同等のレベルであれば何でも構いません。また、整序問題もよく出題されるので必ず対策を立てておきましょう。

『改訂版 アップグレード 英文法・語法問題』
『NEXT STAGE 英文法・語法問題 3rd Edition』
『3ステップで解く!英語整序問題の必勝テクニック』

『改訂版 アップグレード 英文法・語法問題』と『NEXT STAGE 英文法・語法問題 3rd Edition』には、会話文問題と発音・アクセント問題が掲載されています。毎年ではありませんが、よく出題される単元なので、4択問題だけやって終わりということがないようにしましょう。

■Step.3:長文問題に取り組む
昭和大学医学部の長文問題は、記述式から選択式まで傾向が幅広く、また医療系の英文が出てくるので、読み慣れていないと難しく感じるかもしれません。問題の形式はオーソドックスなものばかりなので、様々な長文問題集を通じて、多くの経験を得てください。長文問題集は、自分の実力にあったものを選びましょう。5割に大幅に満たなかったり、8割以上取れてしまうものに関しては、レベルの変更を検討してください。

『英語長文レベル別問題集 (3) 標準編』
『やっておきたい 英語長文500』

上記の2冊はレベル別に分かれています。そのため、レベルを変えても解説のレイアウトなどが同じなので、要領良く学習できるというメリットがあります。

■Step.4:過去問・模擬問題を用いた演習に取り組む
最後に、過去問を解いてみましょう。過去問は最低でも3回は繰り返し、傾向を定着させましょう。また、昭和大学の場合、直近の数年間で傾向がかなり変化しているので、最低でも5年分、できれば10年分解いておきたいところです。ただ、今まで見てきた通り、決して大きな変化はありませんし、問題自体も難問奇問の類が出題されることはありません。この大学を受験する人は、他にも併願校があると思いますが、是非様々な大学の過去問にチャレンジし、多少の傾向変化に左右されることのない力をつけてください。
他大学の医学部がまとまった問題集は、以下の本をおすすめします。昭和大学は記述式も出題されるので、余裕があれば国公立編も解いてみると良いでしょう。

『私大医学部への英語』

(参考)
昭和大学|学部|医学部|学部の特徴・理念