目次

  1. はじめに
  2. 概要
    1. 試験日
    2. 試験範囲・試験時間
    3. 配点
    4. 出題の傾向と特徴(概要)
  3. 出題の傾向と特徴(詳細)
    1. 力学
    2. 電磁気学
    3. 熱力学
    4. 波動
    5. 原子
  4. 試験対策・勉強法とおすすめ参考書紹介
    1. 教科書内容の確認
    2. 基礎問題で解法をインプット
    3. 標準問題でアウトプットの練習
    4. 過去問を用いた演習

1. はじめに

東京慈恵会医科大学(慈恵医大)は、難関私立医科大学の一つ(慶應義塾大学医学部、日本医科大学と並び、俗にいう私立医学部御三家に挙げられることがよくある。)であり、私立医学部の中でもトップクラスの難易度の問題が出題されることで知られています。特に近年は問題集や他大学で見かけないような設定の問題が出題されているので、物理現象の本質的な理解と様々な状況に適応できるような応用力が必要となります。

mtp-ec
苦手だった英語でほぼ満点を取って国立千葉大学医学部に現役合格した話。
人気記事

2. 概要

2.1 試験日
1次試験
平成29年2月5日(日)

2次試験
平成29年2月17日(金)、18日(土)、19日(日)の3日間のうちの1日
※東京都地域枠入学試験の志願者は2月19日(日)
※平成29年度の試験は終了しました。

2.2 試験範囲・試験時間・解答形式
(試験範囲)
・理科
物理(物理基礎・物理)、化学(化学基礎・化学)、生物(生物基礎・生物)の組み合わせのうちから2つを選択。
・数学
数学I、数学II、数学III、数学A、数学B
ただし、数学Bは「数列」、「ベクトル」を、出題範囲とする。
・英語
コミュニケーション英語I、コミュニケーション英語II、コミュニケーション英語III、英語表現I、英語表現II

(試験時間)
・1次試験
理科:午前 10:00~12:00
数学:午後 13:00~14:30
英語:午後 15:00~16:00

・2次試験
面接:約 40 分
小論文:60 分以上 120 分以内(1,200 字以上 2,400 字以内)
※試験時間の詳細は1次試験合格発表時に指定

2.3 配点
理科:200点
数学:100点
英語:100点

2.4 出題の傾向と特徴(概要)
理科2科目で120分、大問3題で構成されています。旧課程の2014年度入試までは力学、電磁気学から各1問ずつ、熱力学、波動のどちらかから1問という出題でしたが、新課程に入った2015年度は熱力学と力学の融合問題、電磁気、波動、2016年度は力学、波動、原子という出題内容でした。

特に近年は独自性の高い設定の問題が出題されているので、

3. 出題の傾向と特徴(詳細)

3.1 力学
近年出題されたテーマは、「走り幅跳び」、熱力学との融合問題で「紙玉鉄砲」、「らせん状の針金に沿って落下する小球」、「鉄球の金属円柱への落下と金属円柱の変形」、「物体の落下と力積」、「雨粒の落下」、「机の角においた曲がりやすいロープ」、「2物体の衝突」などです。テーマを見ても分かるように、問題集では見かけない設定の問題が多く出題されています。また、熱力学との融合問題ではありますが「紙玉鉄砲」に関する問題では、紙玉をより遠くに飛ばすために摩擦係数、竹筒の半径、球の詰め方、ピストンの押し方の4点について論述される設問が出題されました。設定が見慣れないだけでなく、計算量も多く複雑な問題が出題されています。このように、設定・計算も含めて非常に難易度の高い問題が出題されているので、難度の高い問題だけでなく、様々なタイプの問題に対応できるだけの応用力を身に付けている必要があります。

3.2 電磁気学
近年出題されたテーマは、波動との融合問題で「マイクの原理」、「円筒形コンデンサー」、「コンデンサーとしての細胞膜、血管網と電気回路の類似性」、「金属中の電子運動論」、「電流が作る磁場」、「変圧器」、「磁場中を運動する導体棒」などです。2015年度に出題された「円筒形コンデンサー」もそうですが、2014年度に出題された「コンデンサーとしての細胞膜、血管網と電気回路の類似性」などは設定が非常に珍しく、また生体現象を電気回路にモデル化する段階で理解力と応用力が試されました。医学部入試ということから考えても生体現象と関連が深い電気分野は応用的な問題の出題が予想されます。

3.3 熱力学
出題されない年度もありますが、近年出題されたテーマは力学との融合問題で「紙玉鉄砲」、「気体の状態変化」などです。「気体の状態変化」は微小近似を含む計算をしなければなりませんが典型的な問題が多く出題されてきました。しかし、2016年度に出題された「紙玉鉄砲」のモデルは力学との融合問題であることに加え、正しく現象を追って立式するのは難易度の高い問題となっていました。

3.4 波動
出題されない年度もありましたが、近年出題されたテーマは「マイクの原理」、「構造色」、「ドップラー効果」、「レンズ」などです。2010年度に出題されたレンズ、2013年度に出題されたドップラー効果に関する問題は、計算量が多いものの設定自体はオーソドックスなもので、慈恵会医科大学の問題の中では比較的解きやすいものでした。しかし、2015年度に出題された構造色に関する問題は、誘導に従っていけば特に問題なく解けるものの設定自体は珍しいものでした。また、2016年度に出題されたマイクの原理は電磁気学との融合問題で、最後の設問はマイクの構造の力学的特徴から高音域に使用するのに向いているマイクに関する論述をするという問題でした。近年の独自性の高い設定の問題が出題されている傾向から考えて、光の分野は生命現象と関連付けて出題されることが予想されます。

3.5 原子
新課程になって2016年度に出題されました。中性子波に関する問題で、光路差や干渉に関する設問などがあり波動との融合問題でした。誘導に従っていけば解ける問題ではありましたが難易度自体は決して低くはありません。東京慈恵会医科大学では過去に2005年度や2004年度などにも原子分野が出題されていますが、典型的な問題で近年の難化傾向には当てはまらないと思います。例えば、埼玉医科大学2013年度の原子分野の問題は対策として使えるでしょう。

4. 試験対策・勉強法とおすすめ参考書紹介

4.1 教科書内容の確認

教科書で扱われている現象の理解し、語句の定義を正確に覚え、公式の導出が確実にできるようになることが第一段階です。グラフや図などがある事項については、現象とグラフ、グラフと式の関係も自分のものにしましょう。公式の導出は自分でできるようになって下さい。その過程で物理現象をより深く理解でき、問題を解くうえで必ず大きな力になります。そして、自分で導出ができるようになったら答案を書くつもりで書いてみて、添削してもらうと良いでしょう。教科書以外にも例えば、

『橋元の物理をはじめからていねいに(力学編)』(東進ブックス)

『橋元の物理をはじめからていねいに 熱・波動・電磁気編』(東進ブックス)

などの参考書が、現象や公式の成り立ちについての理解を助けてくれるでしょう。
東京慈恵会医科大学では知識問題が多く出題されています。教科書の隅々までしっかりと読み、図録を持っている場合は図録もしっかりと読んでおきましょう。

4.2 基礎問題で解法をインプット

基本ができていると思う人はこの段階は飛ばしても構いません。次の段階に進みましょう。この段階は、教科書で学習した内容を実際の基礎的な問題に使う練習です。基礎的な典型問題をできるだけ短時間で解けるようになるのが目標です。この段階の問題演習には、

『物理のエッセンス 力学・波動』(河合塾)

『物理のエッセンス 熱・電磁気・原子』(河合塾) 

『入門問題精講』(旺文社)

などを用いるのが良いでしょう。この段階では自分で問題を解く必要はありません(もちろん、解けるようであれば解いても構いません)。まずは「どのような状況設定の時にどのような解法を使うのかをインプットする」というところに重点を置きましょう。

『為近の物理1・2解法の発想とルール 力学・電磁気』(Gakken)

『為近の物理1・2解法の発想とルール 波動・熱・原子』(Gakken)

などもどのように問題を解くのかを丁寧に解説しているので参考になると思います。解答・解説をしっかり読んで、別解などもしっかりインプットしましょう。問題を見た瞬間に正しい解法が思い浮かぶようになればこの段階は終了です。

4.3 標準問題でアウトプットの練習

次の段階は、大学受験における定番の問題で実際に問題が解けるかを演習していきます。この段階の問題演習には、

『良問の風』(河合塾)

『基礎問題精講』(旺文社) 

などを用いると良いでしょう。

基礎段階でインプットした解法を、入試標準レベルで正しく使うことができるようになることが目標です。もし、この段階でつまずく単元があれば、前段階に戻ってでも徹底的に問題解法の考え方を理解してください。さらに、この段階で問題を見た瞬間にどのような解法を使うのか最低1つは思い浮かべられない場合は、前段階に戻った方が良いかもしれません。自分が思い浮かべた解法で解けない場合もあるでしょう。その時には解答を見て自分の考えに何が足りなかったのかをしっかりと分析してください。学校の先生など身近にアドバイスをくれる人がいるのであれば、ぜひ聞きに行きましょう。

この段階が終われば、さらにもう一段階上の問題集に取り組みましょう。以下のような参考書がおすすめです。

『名問の森 力学・熱・波動1』(河合塾)

『名問の森 波動2・電磁気・原子』(河合塾)

『標準問題精講』(旺文社)

『難問題の系統とその解き方』(ニュートンプレス)

『体系物理』(教学社)

4.4 過去問を用いた演習

最終段階は、実際に過去問を解いてみることです。赤本などを利用して時間を測りながら実際の入試のつもりで解いてみましょう。この段階のポイントは「時間を意識すること」、「問題を解く順番を意識すること」、「問題文を適切に解釈して自分が知っている解法に当てはめること」です。

実際の入試には制限時間があるので、まずは制限時間内に解くスピードを身に付ける必要があります。また、問題を解く順番も意識しましょう。実際の入試では「解ける問題から先に解く」というのが鉄則です。実際に入試問題を解いた後に、問題の解く順番も最適だったかどうか確認してみましょう。

「問題文を適切に解釈して自分が知っている解法に当てはめること」に関してですが、特に見慣れない設定の問題の場合、問題文を解釈して自分が知っている解法に当てはめるということが問題になってきます。現象の理解、設問の意図の理解などが正しくできていたかのチェックは時間をかけて行いましょう。解答や解説に書いてあることを理解するだけでなく、問題文を読んだ時に設問の意図をどのように理解するのか、自分はどのように考えるべきだったのかをしっかりと吟味して下さい。また、見慣れない設定の問題は近年になって出題されているので、赤本を演習する際には古い年度から順にやっていくのが良いと思います。

時間がある人は、実戦力と応用力を身に付けるために他大学の入試問題にも挑戦してみましょう。慶応大学や東京医科歯科大学の過去問などにチャレンジしてみるのがいいと思います。

この記事があなたの東京慈恵会医科大学合格の手助けになれば幸いです。成功を祈っています。