目次

  1. はじめに
  2. 概要
    1. 試験日
    2. 試験範囲・試験時間・解答形式
    3. 配点
    4. 出題の傾向と特徴(概要)
  3. 出題の傾向と特徴(詳細)
    1. 序盤(教科書例題レベル)
    2. 平面図形・空間図形
    3. 微分・積分
    4. データの分析
  4. 試験対策・勉強法とおすすめ参考書紹介
    1. 教科書内容の振り返り:公式や定理の総復習
    2. 典型的で定番の問題をおさえる
    3. 数Ⅲは計算トレーニングが命
    4. 応用レベルの演習:数学的な思考力を鍛える
    5. 過去問・模擬試験を用いた演習

tonaki-mjtp-ec
受験にこそパーソナルトレーナーを。4年間、一次試験すら通過できなかった僕が『医学部合格』を勝ち取れた理由
人気記事

1. はじめに

東邦大学医学部は、東京医科大学や日本大学医学部、杏林大学医学部と並び、私大医学部の中堅校です。数学・理科はすべて小問集合として出題される点が特徴の一つですが、かなり量が多いため上位校対策をして初めて、スピード勝負に乗れるというものです。瞬時に適切な解法を見抜く実力と強靭な計算力を身に付けることが合格への何よりも近道となるでしょう。

2. 概要

2.1. 試験日
一般入試
1次試験:2017年1月25日(水)
2次試験:2017年2月2日(木)・2月3日(金)のうち大学が指定する1日
(特別の事情で変更希望可)
※2017年度の入学試験は終了しました。

2.2. 試験範囲・試験時間・解答形式
(試験範囲)
・英語:コミュニケーション英語I・コミュニケーション英語II・コミュニケーション英語III・英語表現I・英語表現II
・数学:数学I・数学II・数学III・数学A・数学B(数式、ベクトル)
・理科:『物理基礎・物理』、『化学基礎・化学』、『生物基礎・生物』の3科目から2科目選択。
・小論文
・面接

(試験時間)
1次試験
・数学(70分)
・英語(70分)
・理科(120分)※2科目選択
・小論文(60分)

2次試験
・面接

2.3. 配点
1次試験
・英語(100点)
・数学(100点)
・理科(200点)
・小論文(小論文の評価は、一次試験合格者選抜では使用せず、二次試験合格者選抜の時に使用する。)

2次試験
・面接

2.4.出題の傾向と特徴(概要)
2016年度は90分15問で解答はマークシート形式でした。小問集合のような形式ですが、序盤は教科書の例題レベルの設問から始まり、後半に行くに連れてレベルが高くなります。さらには最後の数問は相当高いレベルのものになりますので、上位校対策として高いレベルの問題集を用いてしっかり対策しておくことが望ましいですね。
小問の数が多い分、出題テーマは幅広く、高校数学ⅠAⅡBⅢの中から毎年満遍なく出題されます。
合格最低得点率は7割程度ですので、15問中11問程度が取れれば合格ラインに乗れると思われます。ただし、傾斜配点がある場合には、後半の大問でどれほど取れるかということが鍵になるでしょう。時間制限がタイトなので、解けない問題にこだわらず解ける問題をとにかく取っていく姿勢が肝要です。

3. 出題の傾向と特徴(詳細)

15問の分野配分は様々で、私大医学部では出題の少ない剰余の定理あるいは因数定理も出題されています。新課程から登場したデータの分析も新課程開始以降毎年出題されていますので、平均・分散・標準偏差・共分散・相関係数の定義式をきちんと覚えておくなどしっかりとした対策が必要でしょう。多少センスを問われる問題も多く、90分という制限時間は決して余裕があるとはいえません。

3.1 序盤(教科書例題レベル)
2次方程式の共通解、数列の和、桁数、極限、三角関数の周期、恒等式、剰余の定理、確率、定積分など、計算問題を中心にジャンル問わず幅広く出題されています。レベルは教科書の例題程度ですから、解法に迷うことなく瞬時に手を動かすことのできるほどに熟達しておく必要があります。
ガウス記号も過去に問われたことがありますので、きちんと対策しておきましょう。

3.2 平面図形・空間図形
三角形の五心などは頻出です。過去には傍接円がテーマになったこともあります。序盤の例題レベルでの出題もあれば、センターレベルあるいはそれ以上の多少込み入った図形になることもありますので、他の私大医学部の過去問も用いながら多くのテーマに触れて、図形慣れをしておきましょう。

3.3 微分・積分
媒介変数表示された曲線や、関数方程式など幅広く出題されていますが、上位校向けの問題集ではよく見かけるテーマが多く並びます。「数学 重要問題集」(数研出版)など、定番どころで頻出テーマは確実に押さえていくようにしてください。

3.4 データの分析
毎年出題されていますので平均・分散・標準偏差・共分散・相関係数の定義式は最低限きっちり覚えておかなければなりません。しかし2016年度に出題された内容は領域および2次曲線(あるいは数Ⅲ微分)との融合問題でしたので、きちんと特典するためにはさらに上の対策が必要です。世に出回っている問題集では、演習問題が極端に少ないため、以下の大学の過去問に取り組んでみてください。
・2015 一橋大学 前期日程 5[Ⅰ]
・2016 一橋大学 前期日程 5[Ⅰ]
・2016 福岡大学 医学部 2(2)
・2016 信州大学 経法学部・医学部保健学科 前期日程 1(特に(1)で証明した命題は銃うような事実として頭に入れておいてください)

4. 試験対策・勉強法とおすすめ参考書紹介

4.1 教科書内容の振り返り:公式や定理の総復習

まず最初は教科書内容を振り返り、取りこぼしのある公式や定理については徹底的に復習していきましょう。未習項目がない方(学校や塾・予備校の授業で一通り数学ⅠAⅡBⅢの範囲については習った)は、以下に挙げるような基礎レベルの問題集を使用して、事項が正しく理解できているか確認しましょう。特に解けなかった問題については、教科書のどの事項が理解できていれば解けたのかということをしっかり確認してください。

・教科書の章末問題
・4STEP(教科書傍用問題集)

『数学Ⅰ+A基礎問題精講』『数学Ⅱ+B基礎問題精講』『数学Ⅲ基礎問題精講』(旺文社)

『カルキュール数学I・A [基礎力・計算力アップ問題集]』(駿台文庫)

未習項目がある方はひとまず未習項目をなくすことを目標に全分野の学習を行いましょう。
こういったシリーズは問題集もセットになっていることが多いので、そちらと合わせながら問題を解き進めてください。

『高校 これでわかる数学Ⅱ・B』(文英堂)

なお、この段階では、問題が解けなくても悲観的にならないでくださいね。1問につき数分考えてわからないときは、すぐに解答を見てかまいません。あまり時間をかけずにまず一通り内容をざっくり復習するという感覚で行くほうが精神衛生上もよいでしょう。模擬試験や学校の定期テストで、数字の変わった問題が出たら、何も見ずに解くことができるというのがこのステップのゴールです。
このレベルがクリアできたら、次に移ってください。

4.2 典型的で定番の問題を押さえる

次は大学受験で定番の問題について解法をストックしていきます。下に挙げる『青チャート』や『フォーカスゴールド』などのいわゆる「網羅系参考書」というものを使用するのもよし。網羅系問題集は分厚すぎて終わらない! 時間がない! という人は、『標準問題精講』に取り組んでみましょう。例題の解法をしっかり理解して習得できるようになることがゴールです。

『新課程 チャート式 基礎からの数学Ⅰ+A』(数研出版)

『新課程 チャート式 基礎からの数学Ⅲ』(数研出版)

『フォーカスゴールド』(啓林館)

『数学Ⅰ・A標準問題精講』(旺文社)

『数学Ⅱ・B標準問題精講』(旺文社)

『数学Ⅲ標準問題精講』(旺文社)

4.3 数Ⅲは計算トレーニングが命

典型的で定番の問題が理解できたら、次の教材(4.4)と同時並行で、数Ⅲの計算練習を行いましょう。2016年度の入試では出題されませんでしたが、今後の出題次第では、上位校での典型レベルまで引き上げておかないと、そもそも解き進められないことが起こる可能性があります。以下の計算問題集がおすすめです:

『合格る計算 数学Ⅰ・A・Ⅱ・B』(文英堂)

『合格る計算 数学Ⅲ』(文英堂)

入試直前まで徹底的に繰り返し、計算で躓くことのないようにしましょう。

4.4 応用レベルの演習:数学的な思考力を鍛える

『実戦 数学重要問題集 -数学Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・A・B』(数研出版)

300問程度と絶妙に程よい量でありながら、どの分野も精選された良問を掲載しているしっかりした良書です。最低2周はして、1問1問すべての問題について、他人に解説できるくらいの理解度を目指しましょう。

4.5 過去問・模擬試験を用いた演習

解く際には以下の手順に則ってみてください:

制限時間90分で一通り解きます。時間の使い方も含めて実際の試験時間を味わいます。
一通り取り組んだら、答え合わせをする前に、問題を解きながらどういった点を疑問に感じたかを書き出してみましょう。次回以降気をつけなければいけないこと、直さなくてはいけないことが浮き彫りになってきます。
答え合わせをしたら、正答率を算出するとともに、間違った問題の解答をしっかり理解しましょう。
続いて、今度は合っていた問題について解答をチェックします。合ってたのだから確認しなくていいのでは?と思う方もいるかもしれません。私大医学部の入試における最大の強敵は時間です。もし正解していてもそれが非効率なやり方なのだとしたらそれは回り回って他の問題を解く時間を奪った原因となってしまいます。合っていた問題も「やり方まで効率的であったか」という観点に立って、しっかり見直していきましょう。