目次

  1. はじめに
  2. 概要
    1. 試験日
    2. 試験範囲・試験時間・解答形式
    3. 配点
    4. 出題の傾向と特徴(概要)
  3. 出題の傾向と特徴(詳細)
  4. 試験対策・勉強法とおすすめ参考書紹介
    1. 用語・定義の確認
    2. 実験、考察問題への取り組み
    3. 計算問題への取り組み
    4. 過去問・模擬問題を用いた演習

1. はじめに

東邦大学は医学部、薬学部、理学部、看護学部の4学部を有する自然科学系総合大学であり、医学部は大田キャンパスに所属している。1952年に設置された旧設医大として、私立医学部の中では歴史もあり、学費の安さも加わって、非常に人気の高い大学となっている。入試難易度としては中堅クラスである。再受験生や多浪生に関しては、入試情報が圧倒的に少なく、なかなか判断できないところである。また、補欠順位の公開はない。
 2014年度~2016年度の医師国家試験合格率は89.9%~94.8%であり、概ね良好な数字となっている。東邦大学は、医学部の中でも時間の割に問題数が多く、典型的な問題が少ない傾向にある。問題難易度の取捨選択をしっかり行い、日頃からマーク式問題の演習をしっかり行う必要がある。

admin-ajax
看護学部を卒業後、医学部受験に挑戦。卒業後わずか1年で合格を勝ち取った「教科書レベル」からの挑戦
人気記事

2. 概要

2.1 試験日
一般入試
1次試験:2017年1月25日(水)
2次試験:2017年2月2日(木)・2月3日(金)のうち大学が指定する1日(特別の事情で変更希望可)
※2017年度の一般入試は終了しました。

2.2 試験範囲・試験時間
(試験範囲)
英語:コミュニケーション英語I・コミュニケーション英語II・英語表現I
数学:数学I・数学II・数学III・数学A・数学B(数列・ベクトルのみ)
理科:物理(物理基礎・物理)、化学(化学基礎・化学)、生物(生物基礎・生物)のうち2科目選択
基礎学力:論理的思考能力・数理解析能力等
(試験時間)
1次試験
・英語(90分)
・数学(90分)
・理科(120分)※2科目選択
・基礎学力(60分)

2次試験
面接(40分)

2.3 配点
1次試験
・英語(150点)
・数学(100点)
・理科(150点)

2.4 出題の傾向と特徴(概要)
東邦大学医学部の入試問題は2014年から小問集合がなくなり、大問6題の小問38、2015年は大問7題の小問38、2016年は大問6題で小問30から構成されている。このように、各年度によって出題形式にバラつきがあり、予想することが難しい。試験時間は2科目120分、全てマークシート方式であり、計算問題も多く出題される傾向にある。

医学部という学部の性質を反映しており、生体系統からの出題が圧倒的に多い。体内環境、代謝、動物の反応などは題材としてよく扱われており、目や耳などの構造や機能を追求する問題も出題されている。また、知識問題のみならず考察問題も頻出であるため、グラフや表の読み方に慣れておくようにしたい。

3. 出題の傾向と特徴(詳細)

3.1 細胞と分子
体細胞分裂からの出題が多く、ゲノムや核相、染色体1本あたりのDNA 量などの表現にも慣れ親しんでおくことが大切である。受験が近づいてきたら細胞小器官の大きさなど細かいところまでチェックしておくとよい。加えて、界面活性剤やGFPを用いたタンパク質の挙動を問う実験系が出題されているため、考察実験の対策も欠かせない単元である。

3.2 代謝
水素伝達系、呼吸商や光合成の二酸化炭素吸収量、アルコール発酵の計算問題は過去何度も出題されている。また、補酵素のmol数が典型問題と異なる条件で出題されたり、丸暗記では対応できない構成になっている。全単元の中では遺伝と並んで計算問題が多い単元である。

3.3 遺伝情報の発現
考察問題が多く、他の分野より難易度が高くなっている。DNA 複製や転写、翻訳に関する問いやバイオテクノロジーの分野が毎年のように出題される。バイオテクノロジーなど新しい分野だけでなく、オペロン説など比較的古い分野まで幅広く出題されている。

3.4 生殖と発生
最も頻出する単元であり、2015年には大問3つとも全てこの単元から出題されている。眼の誘導や中胚葉誘導が何度か出題されており、ニワトリの翼の発生など難度の高い単元も出題されている。

3.5 遺伝
二遺伝子雑種の独立、連鎖型(不完全連鎖)の問題が出題されることがほとんどである。年度によっては家系図を使って、遺伝病の様式を特定させたり、親族の遺伝子型を決定させるような問題も出題されているが、特段難しいわけではなく、セミナーやリードαの問題をこなしておけば十分対応できる。

3.6 動物の反応と行動
筋肉生理と神経生理、反射、ホルモン、免疫のうちいずれかは毎年出題されており、用語の難易度が高めである。そのため、時間に余裕のある受験生は資料集まで読んでおくとよいだろう。白血球の細かい名称や大きさ、数値を覚えていることが前提の出題があったりするため、数値に関しては常に暗記する姿勢でいることが大切である。

3.7 植物の環境応答
植物ホルモンや花芽形成の2大分野を筆頭に出題が続いている。光条件の考察実験や植物ホルモンの作用は試験前にしっかり確認しておく必要がある。発生の単元同様、青色光受容タンパク質やオーキシン輸送タンパクなど新出単語が多く注意すべき単元である。

3.8 生物の多様性と生態系
生態系、環境破壊、植物群落、個体群など、進化の分野と合わせて、必ず出題がある分野である。他の医学部と異なり、バイオームまでしっかり出題されているため注意が必要である。

3.9 生命の起源と進化
地質時代や動物界の分類、系統樹の計算、ハーディーワインベルグの計算は頻出である。非生体系中では圧倒的に出題頻度が高く、計算問題が多い傾向にある。

4. 試験対策・勉強法とおすすめ参考書紹介

■Step.1 用語・定義の確認
東邦大学は試験時間が少なく、瞬間的なアウトプットが試される。そのため、基本単語であれば瞬間的に答えられるようにしなければいけない。中には聞いたことも無い単語も出題されるが、そのような単語に本番で出会っても落ち着いて消去法で対処できればよい。

参考書
・『チャート式 新生物、生物基礎(数研出版)』
・『大森徹の最強講義(文英堂)』
・『大学入試の得点源(要点) (文英堂)』
・『生物 知識の焦点(Z会)』
・『理解しやすい生物、生物基礎(文英堂)』
・『田部の生物基礎をはじめからていねいに(東進ブックス)』
・『生物基礎が面白いほどわかる本 (中経出版)』

初学者は、いきなり問題を解き始めるよりも参考書や教科書を使って生物現象や用語の定着に努めるほうが効率的である。用語が定着した後は、問題集でアウトプットしていこう。リードやセミナーを使う際の注意点としては、いきなり発展問題などはやらずに、セミナーのプロセスやリードにあるリードBなど基礎問題の反復練習に努めるほうが効率がよい。

問題集
・『基礎問題精講(旺文社)』
・『らくらくマスター 生物・生物基礎(河合出版)』
・『生物用語の完全制覇(河合出版)』
・『セミナー 生物』
・『リードα 生物』
・『リード light 生物 生物基礎』

■Step.2 実験、考察問題への取り組み
東邦大学では独立した小問で考察問題が出題されることが多く、加えて実験結果が予測できるようなものばかりである。したがって、対策としては難しい考察問題を闇雲に解くのではなく、標準的な問題を数多くこなし、実験概要と結果をしっかり記憶しておくことである。時間の短縮につながるだけでなく、予測しながら解答をしていくことができるようになるため精神的にも安定する。ニワトリの真皮の誘導や、中胚葉誘導の実験結果など、普段から考察問題をこなしていく上で、ノートなどに実験結果をストックしていくとよいだろう。1周目の取り組み方としては、しっかりリード文を読んで自分で考えて答えを導き出しで見ることである。この時点で完璧な答案を作る必要は全くなく、わからなかった問題は解答解説を理解することを心がけよう。
また、重要問題集や標準問題集は考察問題がメインであるが、この問題集は国立大学の問題を多く掲載しており、東邦大学にとってはオーバーワークな側面もあるため、時間がない人は手を出す必要はないだろう。

・『セミナー 生物』
・『リードα 生物』
・『生物の良問問題集 (旺文社)』
・『基礎問題精講 (旺文社)』
・『生物重要問題集(数研出版)』
・『生物標準問題精講(旺文社)』

■Step.3 計算問題への取り組み
計算問題は、個別に対策しておく必要がある。セミナーやリードαなどの網羅系問題集にも計算問題は含まれているが、計算問題に対する網羅性はあまりよくない。

・『大森徹の生物 計算・グラフ問題の解法(旺文社)』
・『大森徹の生物 遺伝問題の解法(旺文社)』

東邦大学は基本的であるが毎年、計算問題が数問出題されるため、必ず個別に対策しよう。特に、遺伝、神経の伝導速度、ミクロメーター、浸透圧、塩基対数の計算、ハーディー・ワインバベルグの法則、系統樹、生体系に関する計算などは頻出である。 公式を暗記することも大切であるが、公式の導出過程を理解し、忘れないような学習をしていくことが重要である。

■Step.4 過去問・模擬問題を用いた演習

Step1~3が終了したら、過去問を解き始めよう。過去問はできれば夏明け辺りから始めたいところである。もちろん、もっと早い段階で実力がついていれば、過去問に着手してもよい。よく直前期になるまで過去問を解かずに取っておくという話を聞くが、Step.1を終えたころに一度過去問を解いてみるといいかもしれない。どういった単元が頻出なのか、難易度はどのくらいか、ということがイメージしやすくなるだろう。
また、過去問を解く際は、必ず時間を計るようにしよう。いくら正答率が高くても時間内に解ききれなければ意味がないからである。
東邦大学医学部の過去問をすべて解き終えたら、似たような出題傾向の大学の過去問にあたってみよう。昭和大学や日本大学などはよく似ており、併願校となるであろうが、演習題材としても都合がよい。