目次

  1. はじめに
  2. 概要
    1. 試験日
    2. 試験範囲・試験時間・解答形式
    3. 配点
    4. 出題の傾向と特徴(概要)
  3. 出題の傾向と特徴(詳細)
  4. 試験対策・勉強法とおすすめ参考書紹介
    1. 用語・定義の確認
    2. 実験、考察問題への取り組み
    3. 計算問題への取り組み
    4. 過去問・模擬問題を用いた演習

1. はじめに

東北医科薬科大学は、宮城県仙台市青葉区に本部を置く日本の私立大学である。現東北医科薬科大学の前身となる東北薬科大学は1939年に設置された東北薬学専門学校を前身とし、1949年に設置された。1959年に私立薬科大学では唯一となる附属癌研究所を設立(現在は発展的に解消)、1962年にはこれも私立薬科大学では最初となる大学院を設置する。

平成28年には、医学部を併設し、東北医科薬科大学と名称を変え、震災復興と東北地方への地域医療への貢献を掲げている。総合診療医を育成する方向性も明確であり、地域医療や総合診療内科を目指す受験生が多く受験する傾向にある。医師不足の加速する地域医療を必要とする東北地方では非常に人気の高い大学であり、関東、北海道からの受験者も多いことを考えると全国区の大学といえるだろう。

試験の難易度自体は

mtp-ec
苦手だった英語でほぼ満点を取って国立千葉大学医学部に現役合格した話。
人気記事

2. 概要

2.1 試験日
一般入試
1次試験:2017年2月1日(水)
2次試験:2017年2月18日(土)
※2017年度の一般入試は終了しました。

2.2 試験範囲・試験時間・解答形式
(試験範囲)
・英語:コミュニケーション英語I・コミュニケーション英語II・コミュニケーション英語III・英語表現I・英語表現II
・数学:数学I・数学II・数学III・数学A・数学B(数式、ベクトル)
・理科:『物理基礎・物理』、『化学基礎・化学』、『生物基礎・生物』の3科目から2科目選択。
・小論文
・面接

(試験時間)
1次試験
・数学(70分)
・英語(70分)
・理科(120分)※2科目選択
・小論文(60分)
2次試験
・面接

2.3 配点
1次試験
・英語(100点)
・数学(100点)
・理科(200点)※各100点
・小論文(小論文の評価は、一次試験合格者選抜では使用せず、二次試験合格者選抜の時に使用する。)
2次試験
・面接

2.4 出題の傾向と特徴(概要)
東北医科薬科大学医学部の入試問題の特徴は、一般的な問題集に掲載されていないような珍しいタイプの問題が出題されているということである。また、2教科120分であるため時間的な制約が非常に厳しいと言える。得点率は高く、7割程度の得点が確保できれば生物は合格水準に達するほどである。ここ2年で難易度が上がっており、考察実験問題の難易度が上がってきている。加えて、考察問題に関してはリード文が長く計算問題も多いため、考察問題に慣れていない受験生は大問ごとおとしかねない状況になってしまう。一方、標準問題を素早く処理できる受験生にとっては有利な試験問題といえる。また、時間の使い方と問題の取捨選択ができれば、かなり得点率は上がるため、過去問題の対策が非常に重要になってくる。

出題形式は全問マークシート方式になっており、問題の数は年によって変動があり、35~40問(小問)となっている。過去問に関しても何年度以上も掲載されているわけではないため、今後も出題傾向は変動する可能性があるため注意が必要である。出題形式は、主に用語の選択問題や正誤問題、計算問題など多様な出題形式をとっている。

2016年度に中心となったのは、代謝、遺伝子の発現、循環系に関する出題である。その他、タンパク質、遺伝などが出題されている。レベルは基礎~標準であり、実験データの読み取りや思考力が必要とされる問題も混在している。大問ごとに独立した単元が出題されており、小問集合のような形式をとっている。植物に関する問題はあまり見かけてはいないが、今後の対策としては漏れの内容に準備しておきたい。

小問の30問以降は考察問題で構成され、それ以外は語句の適語補充であることが多い。考察問題に関しては典型問題が出題されることはほとんどなく、難易度は高い。リード文の長さは1~2ページに及ぶため、文章の理解力と処理能力も同時に問われていると推察される。適語補充問題に関しては基本問題が多く、1つも取りこぼしができないレベルである。後半の考察問題でどれだけ得点できるかが合否の分かれ目となるだろう。なお、生物は点差がつきにくいので、数学や英語への点数の補填はあまり現実的ではないように思える。

3. 出題の傾向と特徴(詳細)

3.1 代謝
代謝経路に関する問題と酵素、タンパク質に関する問題がほとんどである。一部、脂肪酸の合成や分解、アミノ基転移に関する問題、酸化的リン酸化など高度な内容を含んだものも少数であるが散見される。しかし、これらの分野も教科書のコラムや注に書かれている知識なので基本に戻って教科書中心の学習を怠らないようにしたい。

3.2 遺伝情報の発現
考察問題として出題されることが多く、この単元は難易度が高い。コドン表を用いた酵母の出芽に関する問題が出題されている。聞いたことのない薬剤や株がたくさん登場し、多くの受験生が困惑したと思われる。また、シストロンや翻訳因子などあまり聞いたことのない用語も登場している。

3.3 生殖と発生
基底細胞やセルトリ細胞など絶対に聞いたことのない選択肢は解答から外しても構わないが、核相やゲノムの問題が紛らわしかったりなど、基本となる用語の定義をしっかり把握していないと解答に辿り着くことが難しい。2016年の問題は、有性生殖と無性生殖に関するゲノムの問題で構成されていたため、大問ごと落としてしまった受験生も多いのではないだろうか。また、減数分裂により変化する常染色体の組み合わせを選ばせたりと、紛らわしい問題が多い。

3.4 遺伝
生殖と発生や遺伝子の発現と関連させて出題されている。計算が出題されたことはなく、染色体の乗換えや独立などの用語が聞かれただけであった。

4. 試験対策・勉強法とおすすめ参考書紹介

■Step.1 用語・定義の確認
東北医科薬科大学の生物は、用語の適語補充がメインとなるため、教科書レベルの単語を確実に理解していくことが重要である。余裕のある受験生は図説を用いてグラフや表を隅々まで見て学習してほしい。また、遺伝子や染色体、ゲノムなどの曖昧にされがちな用語は教科書を利用しつつ一つ一つの定義を明文化して理解しておかないといけない。

参考書
・『チャート式 新生物、生物基礎』(数研出版)
・『大森徹の最強講義』(文英堂)
・『大学入試の得点源(要点)』(文英堂)
・『生物 知識の焦点』(Z会出版)
・『理解しやすい生物、生物基礎』(文英堂)
・『田部の生物基礎をはじめからていねいに』(東進ブックス)
・『生物基礎が面白いほどわかる本』(中経出版)

初学者は、いきなり問題を解き始めるよりも参考書や教科書を使って生物現象や用語の定着に努めるほうが効率的である。用語が定着した後は、問題集でアウトプットしていこう。リードやセミナーを使う際の注意点としては、いきなり発展問題などはやらずに、セミナーのプロセスやリードにあるリードBなど基礎問題の反復練習に努めるほうが効率がよい。

問題集
・『基礎問題精講』(旺文社)
・『らくらくマスター 生物・生物基礎』(河合出版)
・『生物用語の完全制覇』(河合出版)
・『セミナー 生物』
・『リードα 生物』
・『リード light 生物 生物基礎』

■Step.2 実験、考察問題への取り組み
ここからは、標準問題を軸に実際の考察問題を解いていくことになる。東北医科薬科大学の考察問題は、その割合こそ少ないものの、適語補充問題では点差がつきにくいため、この数問が合否の分かれ目となる。考察問題のレベルは高いものの、まずは標準的な問題を数多くこなし、実験概要と結果をしっかり記憶しておくことである。時間の短縮につながるだけでなく、予測しながら解答をしていくことができるようになるため精神的にも安定する。普段から考察問題をこなしていく上で、ノートなどに実験結果をストックしていくとよいだろう。1周目の取り組み方としては、しっかりリード文を読んで自分で考えて答えを導き出しで見ることである。この時点で完璧な答案を作る必要は全くなく、わからなかった問題は解答解説を理解することを心がけよう。

また、重要問題集や標準問題集は考察問題がメインであるが、この問題集は国立大学の問題を多く掲載しており、東北医科薬科大学にとっては論述問題が傾向として不要な側面もある。しかし、レベルとしては本試験と同程度なので是非とも取り組んでおきたい一冊である。

・『セミナー 生物』
・『リードα 生物』
・『生物の良問問題集』(旺文社)
・『基礎問題精講』(旺文社)
・『生物重要問題集』(数研出版)
・『生物標準問題精講』(旺文社)

■Step.3 計算問題への取り組み
計算問題は、個別に対策しておく必要がある。セミナーやリードαなどの網羅系問題集にも計算問題は含まれているが、計算問題に対する網羅性はあまりよくない。しかし、東北医科薬科大学では計算問題のウエイトが多くないため、時間のない受験生は教科書傍用に掲載されている計算問題で十分であろう。

『大森徹の生物 計算・グラフ問題の解法』(旺文社)
『大森徹の生物 遺伝問題の解法』(旺文社)

■Step.4 過去問・模擬問題を用いた演習
Step1~3が終了したら、過去問を解き始めよう。過去問は、できれば夏明け辺りから始めたいところである。もちろん、もっと早い段階で実力がついていれば、過去問に着手してもよい。よく直前期になるまで過去問を解かずに取っておくという話を聞くが、Step1を終えたころに一度過去問を解いてみるといいかもしれない。どういった単元が頻出しているのか、難易度はどのくらいか、ということがイメージしやすくなるだろう。

また、過去問を解くときには時間を計るようにしよう。いくら正答率が高くても時間内に解ききれなければ意味がないからである。
東北医科薬科大学は過去問題が充実していないため、類似の出題形式をとる日本大学や北里大学、東邦大学を練習問題として使用してみるとよいだろう。

(参考)
東北医科薬科大学|入試情報