目次

  1. はじめに
  2. 概要
    1. 試験日
    2. 試験範囲・試験時間・解答形式
    3. 配点
    4. 出題の傾向と特徴(概要)
  3. 出題の傾向と特徴(詳細)
  4. 試験対策・勉強法とおすすめ参考書紹介
    1. 教科書内容の確認
    2. 基礎問題で解法をインプット
    3. 標準問題でアウトプットの練習
    4. 過去問を用いた演習

admin-ajax
看護学部を卒業後、医学部受験に挑戦。卒業後わずか1年で合格を勝ち取った「教科書レベル」からの挑戦
人気記事

1. はじめに

東北医科薬科大学は、宮城県仙台市の私立医科大学です。2016年に東北薬科大学が医学部を新設し、それに伴って大学名が東北医科薬科大学に変更しました。今まで東北地方の私立医学部は岩手医科大学のみだったのですが、新たに一校加わりました。

また、奨学金制度が充実していることでも知られており、初年度は定員100名のうち、およそ半数に奨学金が適用され、A方式の奨学金が付与されると、6年間の学費が400万円で済む(B方式でも最大で800万円)ため、経済的な理由で私立医学部をあきらめている人には朗報と言えるでしょう。

2. 概要

2.1. 試験日
一般入試
1次試験:2017年2月1日(水)
2次試験:2017年2月18日(土)

2.2. 試験範囲・試験時間・解答形式
(試験範囲)
・英語:コミュニケーション英語I・コミュニケーション英語II・コミュニケーション英語III・英語表現I・英語表現II
・数学:数学I・数学II・数学III・数学A・数学B(数式、ベクトル)
・理科:『物理基礎・物理』、『化学基礎・化学』、『生物基礎・生物』の3科目から2科目選択。
・小論文
・面接

(試験時間)
1次試験
・数学(70分)
・英語(70分)
・理科(120分)※2科目選択
・小論文(60分)
2次試験
・面接

2.3. 配点
1次試験
・英語(100点)
・数学(100点)
・理科(200点)
・小論文(小論文の評価は、一次試験合格者選抜では使用せず、二次試験合格者選抜の時に使用する。)
2次試験
・面接

2.4.出題の傾向と特徴
東北医科薬科大学の入試はまだ2016年に始まったばかりなので、あまりデータの数が多くありませんが、以下、2016年の入試問題を基本として進めていきます。理科は2科目で120分、選択肢から選ぶマーク式、大問3題の構成でした。

3. 出題の傾向と特徴(詳細)

2016年度入試では力学、電磁気学、熱力学の分野から出題されました。2016年度の入試から見えてきた東北医科薬科大学の出題の特徴としては、

1.グラフを選択する問題がある
2.各単元の事象が網羅的に問われる
3.仕事とエネルギーの関係が問われる

の3つが挙げられます。

「1.グラフを選択する問題がある」について
力学では物体の位置座標と速さの2乗との関係を表わすグラフを選択する問題が、電磁気ではコンデンサーの極板に存在する電気量の時間変化を表わすグラフを選択する問題が出題されました。グラフを選択する問題は、該当する事象を現象面だけでなく、理論面からも理解している必要があります。

「2.各単元の事象が網羅的に問われる」について
力学では円運動、2物体の衝突、単振動、単振り子について問われました。電磁気学ではソレノイドが作る磁場と自己インダクタンス、電磁誘導、コンデンサー、LC振動回路について問われました。熱力学では定積・定圧・等温・断熱変化で1サイクルのP-Vグラフを用いた気体の状態変化に関して問われただけでなく、温度に関して気体分子の2乗平均速度についても問われました。
このように、各単元とも1つの状況設定で様々な事項について問われるということは、各事項の関連性も問われるということであり総合的な理解が求められているということです。

「3.仕事とエネルギーの関係が問われる」について
力学における力学的エネルギー保存の法則はいうまでもありませんが、電磁気においてもコンデンサーの静電エネルギーと電池がした仕事の関係、LC振動回路におけるエネルギー保存が問われました。熱力学においても気体が吸収・放出した熱量と気体がした仕事・された仕事の関係を問われる問題が出題されました。
物理学において「エネルギー」という概念は非常に重要です。仕事とエネルギーの関係も含めて各単元でしっかりマスターしておきましょう。

4. 勉強法とおすすめ参考書の紹介

4.1.教科書内容の確認

教科書で扱われている現象の理解し、語句の定義を正確に覚え、公式の導出が確実にできるようになることが第一段階です。グラフや図などがある事項については、現象とグラフ、グラフと式の関係も自分のものにしましょう。公式の導出は自分でできるようになって下さい。その過程で物理現象をより深く理解でき、問題を解くうえで必ず大きな力になります。公式についてはどの現象のときにどの公式が成り立つのかが分かっていないと問題が解けません。また、公式を正確に覚えていないと正解にたどり着けません。教科書以外にも例えば、

『橋元の物理をはじめからていねいに(力学編)』(東進ブックス)

『橋元の物理をはじめからていねいに 熱・波動・電磁気編』(東進ブックス)

などの参考書が、現象や公式の成り立ちについての理解を助けてくれるでしょう

4.2 基礎問題で解法をインプット

この段階は、教科書で学習した内容を実際の問題に使う練習です。まずは基礎的な典型問題をできるだけ短時間で解けるようになるのが目標です。この段階の問題演習には、

『物理のエッセンス 力学・波動』(河合塾)

『物理のエッセンス 熱・電磁気・原子』(河合塾)

『入門問題精講』(旺文社)

などを用いるのが良いでしょう。自力で解ける問題はもちろん自力で解いてかまいませんが、「どのような状況設定の時にどのような解法を使うのかをインプットする」というところに重点を置きましょう。

『為近の物理1・2解法の発想とルール 力学・電磁気』(Gakken)

『為近の物理1・2解法の発想とルール 波動・熱・原子』(Gakken)

などもどのように問題を解くのかを丁寧に解説しているので参考になると思います。解答・解説をしっかり読んで、別解などもしっかりインプットしましょう。問題を見た瞬間に正しい解法が思い浮かぶようになればこの段階は終了です。

4.3 標準~応用問題でアウトプットの練習

次の段階は、大学受験における定番の問題で実際に問題が解けるかを演習していきます。この段階の問題演習には、

『良問の風』(河合塾)

『基礎問題精講』(旺文社)

などを用いると良いでしょう。

基礎段階でインプットした解法を、入試標準レベルで正しく使うことができるようになることが目標です。この段階では必ず自分の手で解いてみて下さい。その時には基礎段階で身に付けた解法をどのように活用するのかを意識しながら解きましょう。問題を見た瞬間にどのような解法を使うのか最低1つは思い浮かべられない場合は前段階に戻りましょう。自分が思い浮かべた解法で解けない場合は、解答を見て自分の考えに何が足りなかったのかをしっかりと分析してください。学校の先生など身近にアドバイスをくれる人がいるのであれば、ぜひ聞きに行きましょう。

これらの問題集がきちんと身についた人はさらにステップアップして次のような問題集に挑戦しましょう。

『名問の森 力学・熱・波動1』(河合塾)

『名問の森 波動2・電磁気・原子』(河合塾)

『標準問題精講』(旺文社)

『難問題の系統とその解き方』(ニュートンプレス)

『体系物理』(教学社)

これらの問題集では東北医科薬科大学の入試問題を解き切るための実戦力・応用力を身に付けることができます。東北医科薬科大学の入試の特徴で上げた3点「グラフを選択する問題がある」「各単元の事象が網羅的に問われる」「仕事とエネルギーの関係が問われる」を特に意識しながら解いていきましょう。

4.4 過去問を用いた演習

最終段階は、実際に過去問を解いてみることです。赤本などを利用して時間を測りながら実際の入試のつもりで解いてみましょう。とはいうものの、東北医科薬科大学の過去問は1年分しかないので、2016年度の入試を解いて出題形式や問題の難易度について一通り実感した後は他大学の過去問を演習してみましょう。東北医科薬科大学の問題が解けた人は、慶應義塾大学や順天堂大学、日本医科大学などに挑戦してみると良いでしょう(東京慈恵大医科大学の入試問題は問題設定がきわめて特殊なのであまりお勧めしません)。同じような難易度の大学として北里大学、東海大学、杏林大学などを演習してみるのも良いでしょう。様々な入試問題に挑戦して応用力と実践力を身に付けてください。

この記事があなたの東北医科薬科大学合格の手助けになれば幸いです。成功を祈っています。