目次

  1. はじめに
  2. 概要
    1. 試験日
    2. 試験範囲・試験時間・解答形式
    3. 配点
    4. 出題の特徴(概要)
  3. 出題の特徴(詳細))
    1. 長文読解
    2. 英文法・語法
  4. 試験対策・勉強法とおすすめ参考書紹介
    1. 基本単語、文法の定着
    2. 標準レベルの単語、文法問題に取り組む
    3. 長文問題に取り組む
    4. 英文和訳問題に取り組む
    5. 和文英訳問題に取り組む
    6. 過去問・模擬問題を用いた演習に取り組む

mtp-ec
苦手だった英語でほぼ満点を取って国立千葉大学医学部に現役合格した話。
人気記事

1. はじめに

東海大学医学部は、神奈川県伊勢原市にある私立大学医学部です。東海大学はあちこちにキャンパスがあるので、医学部があるのは伊勢原キャンパス(健康科学部や工学部もある)と確認しておきましょう。難易度は医学部の中では入りやすい部類に属しますが、それでも綿密な対策なしに合格できるレベルではありません。

伊勢原市は神奈川県のほぼ中央に位置し、大学ホームページには下記のメリットが書かれています。

緑あふれる伊勢原キャンパスには、さまざまな機能の整った学舎に最先端医療を駆使した付属病院が隣接しています。将来、医療に関わるスペシャリストを養成していく上で、理想的な「現場密着型キャンパス」といえるでしょう。
また、同じキャンパス内に健康科学部(看護学科・社会福祉学科)や、工学部(医用生体工学科/ 3・4 年次)も設置されているので学部間の交流も盛んに行われています。

2. 概要

2.1. 試験日
一般入試
一般入試
1次試験:2017年2月2日(木)、2月3日(金)
2次試験:2017年2月11日(土・祝日)、2月12日(日)
※試験日が複数日あり、受験日を自由に選択することができます。
・2日受験した場合は、合計点が高得点となる日の結果が合否判定に採用されます。
・採点は「標準化採点(偏差値採点)方式」で実施されます。
※2017年度の一般入試は終了しました。

2.2. 試験範囲・試験時間・解答形式
(試験範囲)
・英語:コミュニケーション英語I・コミュニケーション英語II・コミュニケーション英語III・英語表現I・英語表現II
・数学:数学I・数学II・数学III・数学A・数学B(数列、ベクトル)
・理科:「物理基礎・物理」、「化学基礎・化学」、「生物基礎・生物」から1科目選択
・小論文(500字以内)
・面接

(試験時間)
1次試験
・数学(70分)
・英語(70分)
・理科(70分)※2科目選択
・小論文(30分)

2次試験
・面接(10~20分)

2.3. 配点
1次試験
・英語(100点)
・数学(100点)
・理科(100点)

2.4.出題の特徴(概要)
東海大学医学部は出題されるジャンルが幅広く、1.長文読解問題、2.文法の空所補充問題、3.同義語問題、4.会話文問題、5.文整序問題、6.グラフ読み取り問題、7.英文和訳問題、8.和文英訳問題の大問8題の構成となっています。

問題の難易度は、私立医学部の中ではかなり平易な部類に属し、時間もそこまで厳しいわけではありません。そのため、かなりの高得点での争いになることが予想されます。最も差が出やすいのは、やはり大問7,8の記述式問題となることが考えられるので、対策を万全にしておく必要があるでしょう。また、基礎力不足、注意力不足による取りこぼしが命取りになりますので、センターレベルの問題がブレることなく取れるようにしておいてください。

3. 出題の特徴(詳細)

3.1 英文読解
・空所補充問題(大問1)
一般的な空所補充問題となっており、前後の文から関係を読み解く問題がほとんどです。難易度は高くないので、落ち着いて考えれば解答できるはずです。問題数は少なく、長文読解問題のメインは内容真偽問題となっています。

・内容真偽問題(大問1)
各段落の内容に合致するものを選択する問題が数問、さらに全体的な正誤を選択する問題が最後にあります。最後の問題は選択肢一つ一つについて、正しいものにT、誤っているものにFをつける形式になっているので、勘違いをするとそのままミスをしてしまうでしょう。(「次のうちから正しいものを3つ選べ」のような形式であれば、すべて選択肢を検証したときに数が合わなくなることが多いので、気づくことが多い)

・グラフ読み取り問題(大問6)
グラフ読み取り長文はセンター試験の大問4と難易度が類似しています。時々、この読み取り形式の問題が苦手だという声を聞きますので、事前に解き方のコツをつかんでおくことが重要です。本学の入試問題は高得点争いになるので、苦手単元が一つでもあると、大きく足を引っ張ってしまうことになります。

3.2 英文法・語法
・空所補充問題(大問2)
センターレベルの文法空所補充問題です。内容は時制から準動詞、接続詞、前置詞、関係詞など幅広くオーソドックスな問題が出題されます。一般的な文法参考書や問題集を通じて、センターレベルの問題が確実に取れるようにすることが望ましいでしょう。私立医学部の中には難易度の高い文法問題が出題されることもありますが、東海大学の場合、そのような問題は出題されることはないと考えて良いです。

・同義語問題(大問3)
基本単語と類似した意味の単語を答える問題です。片方は基本単語でもう一方はやや難しめの単語が出ることもありますが、このレベルの単語は医学部受験生として知っておきたいレベルといえます。単語を覚える際に、ノートなどに類語をまとめて覚えると効果的です。

・会話文問題(大問4)
会話文も平易で読みやすい内容となっています。一部の問題に、口語表現の意味を問う問題も出題されますが、センター対策用の問題集に出てくるレベルの口語表現であったり、会話の流れから推察できる問題ばかりなので、基礎力をしっかりつけていれば問題ありません。

・文整序問題(大問5)
4つの短文を正しい順番に並び替える問題です。この手の問題は、解き方をしっかりと身につけないと時間がかかる割に正答率が低くなってしまいます。代名詞(he, she, it, theyなど)が含まれていたり、ディスコースマーカー(論理的関係を示すキーワードのこと。接続詞・副詞(句)・前置詞句などがある。)に注目すると、1番目の選択肢が限られてきます。代名詞は前の文の名詞を指していることが多いですし、For exampleやHoweverから始まる文というのも考えにくいでしょう。このようにして、一番目に来るものが分かれば、あとは組み合わせで解ける場合がほとんどです。

・英文和訳問題(大問7)
一部の大学では、難しい単語が含まれていたり、文構造が複雑な文を訳さなければならないこともありますが、本学の場合、そのようなことはありません。基本的な構文が理解できており、単語を正確に訳出できるようにすれば満点を取ることも難しいことではないでしょう。一部日本語にしにくい単語(例えば、平成27年度の問題ではsanitationという単語が訳しにくかったと思われる)も出題されるので、日頃から長文読解演習をした後に単語をまとめて覚えるなど地道な努力が差を産むことになると思います。

・和文英訳問題(大問8)
和文英訳問題も、一部の難関大学で出題されるような抽象的な日本語を英訳させたり、日本語をまず英訳しやすい日本語に変換してから英訳しなければならなかったり(俗に言う、和文和訳)といったことはなく、平易な日本語を英訳する問題となっています。しかし、一見簡単そうに見えて、意外と英語で表現しにくい単語や表現が含まれているので、この大問は一番差がつくところではないでしょうか。例えば、「名誉ある」、「○○業界」など、英語で表現することができますか? 出てこないという人は、英語のアウトプット力が不足しているので、単語帳の例文を暗唱したり、文法問題集の和訳を見て、英訳してみることをオススメします。

4. 勉強法

■Step.1:基本単語・文法の定着
東海大学医学部の問題は、基本的な問題が多くを占めるため、高得点での争いとなることが必至です。したがって、基本単語が抜けていて、2,3問落としてしまうという状況は非常に危険だと言えます。学習が進めば進むほど基礎が疎かになるがちなので、気を引き締めて取り組んでください。

まだ学習が全然進んでいない人や、ある程度はできているつもりでも、単語力に不安がある人は迷わずに基本単語から始めることをおすすめします。この部分で手を抜くと、後々成績が伸びてこないという状況に陥る可能性が高まりますよ。
・『キクタンBasic4000』(アルク)
http://studyhacker.net/students/books/category/english/words-idiomatic/kikutan_basic_4000

・『システム英単語 Basic 改訂新版』(駿台文庫)
http://studyhacker.net/students/books/category/english/words-idiomatic/system_eitango_basic_kaiteisinban

また、同時に重要になるのが、基本英文法です。本学では、文法の4択問題から英文和訳までダイレクトに文法力が影響する問題が数多く出題されます。文法力に自信の無い人は、まずは下記のような薄い文法問題集を1冊仕上げることがオススメです。問題量が多いと、どうしても1周するのに時間がかかり、結果として1周終えたときにはもう前半部分はすっかり忘れているということになりかねません。
・『英文法・語法 SPEED攻略10日間』(Z会出版)
http://studyhacker.net/students/books/category/english/grammar/eibunpou-gohou-10day

文法問題集を解いていると、必ずといって良いほど質問が出てくると思います。どのようなときに、すぐに質問できる環境にあれば良いのですが、そうでない場合は、文法参考書を読んでみてはどうでしょうか。下記の2冊はいずれもカラー仕様で見やすくなっています。書店で気に入ったものを1冊購入し、手元に置いておきましょう。気合いを入れて、全て通読しようとする人もたまに見かけますが、文法力に自信が無い段階では挫折する可能性が高いので、おすすめできません。
・『総合英語Forest』(桐原書店)
http://studyhacker.net/students/books/category/english/grammar/sougoueigo_forest

・『チャート式 基礎からの新総合英語』(数研出版)
http://studyhacker.net/students/books/category/english/synthesis/chart_shiki_kisokara_shin_sogo_eigo

■Step.2:標準レベルの単語、文法問題に取り組む
基礎が固まったら、標準レベルの問題に取り組みましょう。単語は、下記に挙げる一般的な大学入試のレベルのものを完璧に仕上げれば問題ありません。一部の医学部で必要とされる難易度の高い単語を覚えるよりも、完成度を高めることを目標としてください。単語帳も2,3周した程度ではなかなか覚えられないと思います。覚えられていない単語には付箋を貼ったり、印をつけるなどして、短期間で何度も繰り返してください。
・『英単語ターゲット1900』(旺文社)
http://studyhacker.net/students/books/category/english/words-idiomatic/eitango_target1900

・『システム英単語』(駿台文庫)
http://studyhacker.net/students/books/category/english/words-idiomatic/system_eitango_kaitei

続いて文法になりますが、こちらも典型的なセンター・中堅レベルの問題が出題されます。マニアックな文法事項が問われることはないので、基礎レベルの知識に漏れがないことが目標です。単語を覚えるときと同様に、苦手な単元や問題は短期間で反復し、定着を図りましょう。下記に挙げる問題集は代表的な2冊ですが、このほかにも同様のレベルの問題集であれば何でも構いません。下記の2冊が特におすすめの理由としては、後半にイディオムや会話問題も掲載されているため、入試で問われる問題形式を幅広く解くことができることです。
・『改訂版 アップグレード 英文法・語法問題』(数研出版)
http://studyhacker.net/students/books/category/english/grammar/kaiteiban_upgrade_eibunpou_gohou_mondai

・『NEXT STAGE 英文法・語法問題 3rd Edition』(桐原書店)
http://studyhacker.net/students/books/category/english/grammar/nextstage

■Step.3:長文問題に取り組む
おおよそ入試問題というものは、長文が最も多くの配点を占める傾向があります。東海大学医学部の問題は、他の医学部と比べれば長文問題以外の配点が高い方ではないかと思いますが、それでもここをないがしろにして合格点を取ることはできません。

長文問題を解くときに1番気を付けなければならないのが、自分のレベルに合った問題を解くことではないかと思います。簡単過ぎる問題を解いていては実力があまり伸びませんし、逆に難しすぎると一題解くのに膨大な時間がかかってしまい、非効率な学習となってしまうでしょう。下記の問題集は、レベル別になっているので、自分の実力に合わせて進められます。
・『英語長文レベル別問題集 (3) 標準編』(東進出版)
http://studyhacker.net/students/books/category/english/reading/eigo_chobun_level_betsu_mondaishu

・『やっておきたい 英語長文シリーズ』(河合出版)
http://studyhacker.net/students/books/category/english/reading/yatteokitai_eigo_chobun

■Step.4:英文和訳問題に取り組む
東海大学医学部では英文和訳問題も出題されるので、対策を行っておきましょう。英文和訳問題の文そのものはそこまで難易度の高いものではないので、きちんとした対策を行っておけば高得点を狙うことができます。Step3までで単語と文法力を身につけた後は、和訳のトレーニングを行いましょう。

英文和訳の第一歩として、まずは構文集を一通りこなしておくことをオススメします。英文和訳問題集にいきなり取り掛かっても、構文の知識が不十分な状態では正確に訳すことができません。その部分の穴を埋めてから英文和訳に移らなければ効率良く学習が進まないでしょう。構文の知識はStep.2で紹介した文法問題集の内容と重複すると思いますが、4択問題が解けるのと、訳まで書けるのは別問題なので、意味が無いと思わないようにしてください。
・『英語の構文150 – upgraded 99 lessons』(美誠社)
http://studyhacker.net/students/books/category/english/composition/eigo_no_kobun150

構文の知識が固まったところで、実戦的な問題演習に移りましょう。下記の英文和訳問題の中にはかなり難しいものも含まれています。本学のレベルを考えると、難問は時間を掛け過ぎず、次に進んでも良いでしょう。『ポレポレ英文読解プロセス50』は難問にライオンの絵がついているので、わかりやすいと思います。
・『大学受験のための英文熟考 上・下』(旺文社)
http://studyhacker.net/students/books/category/english/interpretation/daigakujuken-eibunjukkou

・『ポレポレ英文読解プロセス50』(代々木ライブラリー)
http://studyhacker.net/students/books/category/english/interpretation/porepore-eibun-dokkai-50

■Step.5:和文英訳問題に取り組む
東海大学医学部では、私立医学部の中では比較的珍しく和文英訳問題が出題されます。和文英訳問題というと、英作文の参考書に取り掛かる人を見かけますが、文法力が不完全な状態では上達が難しいでしょう。和文英訳問題の多くは何らかの文法的要素が絡んでいる場合がほとんどなので、それらの構文が正しく書ければ高得点が狙えます。例えば、「~して初めて…する。」という形が出てきたら、It is not until ~ that …を使うなど、適切な文法事項と後は単語が正しく書くことです。そこで、まずは、Step2で解いた文法問題集がしっかりと身につけることから始めましょう。この段階では、単に4択の問題が解けるだけにとどまらず、和訳を見て、英訳できるレベルにまで高めます。多少のミスや同じ意味で別の単語を書いてしまったなどという些細な点にこだわるのではなく、きちんと構文が正しく書けているかを中心に確認してください。

それが大体できてきたら、いよいよ英作文の問題集を解いて仕上げに入りましょう。英作文の問題集の中には難関国公立向けの非常に難しいものもありますが、そのようなものに手を出す必要はありません。基本レベルのものを確実に定着させる方針でいきましょう。『大矢英作文講義の実況中継』は、講義を受けているような感じで読み進められるので、堅いテキストが苦手だという人は取り組みやすいと思います。
・『よくばり英作文』(駿台文庫)
http://studyhacker.net/students/books/category/english/composition/yokubarieisakubun

・『大矢英作文講義の実況中継』(語学春秋社)
http://studyhacker.net/students/books/category/english/composition/ohya_eisakubunkougi_no_zikkyotyukei

・『ドラゴン・イングリッシュ基本例文100』(講談社)
http://studyhacker.net/students/books/category/english/composition/dragon_english_kihonreibun_100

■Step.6:過去問・模擬問題集を用いた演習に取り組む
Step5まで終了したら、一通り必要とされる知識はついていると思うので、過去問に取り組んでみましょう。まだ取り組むのが不安だという人は、センター試験の過去問を解いてみてください。90年代のセンター試験には文整序問題もありますし、会話問題や文法問題、整序問題など東海大学医学部の傾向に近い問題が大量にあります。赤本などを購入すれば25年分解くことができるので、基礎力をつけるには十分な演習量が得られるでしょう。

その他、他の医学部の過去問にもチャレンジしてみたいのであれば、下記がおすすめです。
・『私大医学部への英語』(学研教育出版)
http://studyhacker.net/students/books/category/english/synthesis/shidai-igakubu-eigo