目次

  1. はじめに
  2. 概要
    1. 試験日
    2. 試験範囲・試験時間
    3. 配点
    4. 出題の傾向と特徴(概要)
  3. 出題の傾向と特徴(詳細)
    1. 力学
    2. 電磁気学
    3. 熱力学
    4. 波動
    5. 原子
  4. 試験対策・勉強法とおすすめ参考書紹介
    1. 教科書内容の確認
    2. 基礎問題で解法をインプット
    3. 標準問題でアウトプットの練習
    4. 過去問を用いた演習

1. はじめに

東海大学医学部は、神奈川県伊勢原市にある私立大学医学部です。東海大学はあちこちにキャンパスがあるので、医学部があるのは伊勢原キャンパス(健康科学部や工学部もある)と確認しておきましょう。難易度は医学部の中では入りやすい部類に属しますが、それでも綿密な対策なしに合格できるレベルではありません。

伊勢原市は神奈川県のほぼ中央に位置し、大学ホームページには下記のメリットが書かれています。

緑あふれる伊勢原キャンパスには、さまざまな機能の整った学舎に最先端医療を駆使した付属病院が隣接しています。将来、医療に関わるスペシャリストを養成していく上で、理想的な「現場密着型キャンパス」といえるでしょう。
また、同じキャンパス内に健康科学部(看護学科・社会福祉学科)や、工学部(医用生体工学科/ 3・4 年次)も設置されているので学部間の交流も盛んに行われています。

(引用元:東海大学医学部|キャンパスライフ

admin-ajax
看護学部を卒業後、医学部受験に挑戦。卒業後わずか1年で合格を勝ち取った「教科書レベル」からの挑戦
人気記事

2. 概要

2.1 試験日
一般入試
1次試験:2017年2月2日(木)、2月3日(金)
2次試験:2017年2月11日(土・祝日)、2月12日(日)
※試験日が複数日あり、受験日を自由に選択することができます。
・2日受験した場合には、合格点が高得点となる日の結果が合否判定に採用されます。
・採点は「標準化採点(偏差値採点)方式」で実施されます。
※2017年度の一般入試は終了しました。

2.2 試験範囲・試験時間
(試験範囲)
・英語:コミュニケーション英語I・コミュニケーション英語II・コミュニケーション英語III・英語表現I・英語表現II
・数学:数学I・数学II・数学III・数学A・数学B(数列、ベクトル)
・理科:「物理基礎・物理」、「化学基礎・化学」、「生物基礎・生物」から1科目選択
・小論文(500字以内)
・面接

(試験時間)
1次試験
・数学(70分)
・英語(70分)
・理科(70分)※2科目選択
・小論文(30分)

2次試験
・面接(10~20分)

2.3 配点
1次試験
・英語(100点)
・数学(100点)
・理科(100点)

2.4 出題の傾向と特徴(概要)
東海大学医学部入試の出題形式は、記述方式と選択肢から選ぶ方式の混合です。2014年度までの入試は大問4題の構成で、力学、電磁気学、波動、熱力学から各1題ずつ出題されていましたが、新課程になってから2015年度入試は大問3つの構成、2016年度は原子分野からも出題され、全体の難易度も極端に難化するといった大きな変化を見せています。

2015年度までの入試は典型的な問題が多いのでこれらに対応できる基礎力を身に付けてから2016年度入試のような応用問題にも対応できる実践力を身に付けていく、という流れで勉強していくのが良いでしょう。

3. 出題の傾向と特徴(詳細)

3.1 力学
ほぼ毎年出題されているテーマです。2016年度に出題されたテーマは「2物体の衝突」でしたが、円筒内部にある物体が円筒に衝突する、という問題集などで見かけない難易度の高い設定でした。2物体の衝突の場合の解法パターンである「運動量保存」と「反発係数の式」の他に図形的な考察が求められました。 それ以前の年度も「2物体の衝突」がテーマになることは多く、ばねに取り付けられた物体への衝突、糸の先に付けられた物体への衝突、斜め衝突など様々な設定がなされていますが、難易度は基礎~標準的でした。
それ以外で近年出題されたテーマは「ばねによる円すい振り子」「人工衛星」などで、問題集で見かける標準的な難易度のものでした。2015年度に出題された「大きさのある物体のつり合い」に関する問題は難易度がやや高い問題で、完答するのは難しかったと思います。

3.2 電磁気学
2016年に出題された「鏡像法」に関する問題は「4. 勉強法とおすすめ参考書の紹介」で紹介した難易度の高い参考書にも掲載されていない難解でマニアックなテーマで、解けた受験生はごく少数だったと思われます。電磁気分野においても極端な難化傾向が見られます。
2015年度以前のテーマは「磁場中を運動する導体棒」、「コンデンサーを含む直流回路」、「荷電粒子の運動」、「直流回路」、「直線電流が作る磁場」などと分野の偏りがなく出題されており、難易度は標準的なものとなっています。

3.3 熱力学
ここ2年間は出題されていません。それ以前に出題されたテーマとしては「比熱と熱容量、熱量の保存、電熱器の電力量」、「ピストン付き容器に閉じ込められた気体の状態変化」、「熱気球」などがあり標準的な問題でしたが、2008年度に出題された体積膨張率、線膨張率に関する問題はあまり出題されることがなく、戸惑った受験生も多かったと思います。近年の難化傾向に対応するには、様々なテーマに対応できるようにしておく必要があるでしょう。

3.4 波動
近年は毎年出題されている分野です。テーマとしては「ハーフミラーによる光の干渉」、「レンズ」、「ドップラー効果」、「音の干渉」、「気柱の共鳴」、「ニュートンリング」など偏りなく出題されており、難易度は標準的なものでした。特に光の分野は苦手意識を持ってしまう人が多いので、抜かりない対策をしておきましょう。

3.5 原子
新課程になって2016年度に出題されました。テーマは「原子核崩壊」、「ボーアの水素原子モデル」でした。「原子核崩壊」では換算質量を考える必要があり、「ボーアの水素原子モデル」では向心力がフックの法則に従うと仮定して導出しなければならず、完答するにはかなり難易度が高くなっていました。この傾向が今後も続くのであれば、基本問題は確実にできるようになったうえで、レベルの高い問題集にも挑戦していく必要があります。

4. 試験対策・勉強法とおすすめ参考書紹介

4.1 教科書内容の確認
教科書に太字で書いてある語句の定義や公式がきちんと頭の中に入っているか確認しましょう。特に公式についてはどの現象のときにどの公式が成り立つのかが分かっていないと問題が解けません。また、公式を正確に覚えていないと正解にたどり着けません。教科書以外にも例えば、
『橋元の物理をはじめからていねいに(力学編)』(東進ブックス)
『橋元の物理をはじめからていねいに 熱・波動・電磁気編』(東進ブックス)
などの参考書が、現象や公式の成り立ちについての理解を助けてくれるでしょう。

4.2 基礎問題で解法をインプット
学校の授業や演習で問題を解くための基本が身についていると思われる人はこの段階は飛ばしてかまいません。しかし、次の段階で少しでもつまずいたときには該当する単元に必ず戻りましょう。
この段階は、教科書で学習した内容を実際の問題に使う練習です。まずは基礎的な典型問題をできるだけ短時間で解けるようになるのが目標です。この段階の問題演習には、
『物理のエッセンス 力学・波動』(河合塾)
・『物理のエッセンス 熱・電磁気・原子』(河合塾)
『入門問題精講』(旺文社)
などを用いるのが良いでしょう。この段階では自分で問題を解く必要はありません(もちろん、解けるようであれば解いても構いません)。まずは「どのような状況設定の時にどのような解法を使うのかをインプットする」というところに重点を置きましょう。
・『為近の物理1・2解法の発想とルール 力学・電磁気』(Gakken)
『為近の物理1・2解法の発想とルール 波動・熱・原子』(Gakken)
などもどのように問題を解くのかを丁寧に解説しているので参考になると思います。解答・解説をしっかり読んで、別解などもしっかりインプットしましょう。問題を見た瞬間に正しい解法が思い浮かぶようになればこの段階は終了です。

4.3 標準~応用問題でアウトプットの練習
次の段階は、大学受験における定番の問題で実際に問題が解けるかを演習していきます。この段階の問題演習には、
『良問の風』(河合塾)
・『基礎問題精講』(旺文社)
などを用いると良いでしょう。
基礎段階でインプットした解法を、入試標準レベルで正しく使うことができるようになることが目標です。この段階では必ず自分の手で解いてみて下さい。その時には基礎段階で身に付けた解法をどのように活用するのかを意識しながら解きましょう。問題を見た瞬間にどのような解法を使うのか最低1つは思い浮かべられない場合は前段階に戻りましょう。自分が思い浮かべた解法で解けない場合は、解答を見て自分の考えに何が足りなかったのかをしっかりと分析してください。学校の先生など身近にアドバイスをくれる人がいるのであれば、ぜひ聞きに行きましょう。

ここまでの問題集をきちんと出来てれば、2015年度以前の難易度の問題には十分対応できるでしょう。

さらに2016年度の難易度の問題に対応するためには以下の問題集に取り組んでください。

『名問の森 力学・熱・波動1』(河合塾)
・『名問の森 波動2・電磁気・原子』(河合塾)
『標準問題精講』(旺文社)
『難問題の系統とその解き方』(ニュートンプレス)
『新体系物理Ⅰ+Ⅱ』(教学社)

4.4 過去問を用いた演習
最終段階は、実際に過去問を解いてみることです。赤本などを利用して時間を測りながら実際の入試のつもりで解いてみましょう。この段階のポイントは「問題を解く順番を意識すること」です。自分が解ける問題を見抜き、素早く確実に解き、合否を分ける難問に時間をかけられるようにしましょう。
難問に関しては、じっくりと問題文を読むことから始めます。問題文で説明されている現象が何か、どのようなことを誘導しようとするのかをじっくりと考えましょう。解答解説を読むときも問題にどのような意図があったのか、自分がその問題を見たときにどのようなことを考えなければならなかったのかを意識しましょう。そうするとポイントとなる語句や言い回しに気付けるようになっていきます。このような問題の考え方は学校の先生など身近にアドバイスをしてくれる方がいるのであれば是非してもらって下さい。自分の考えたことと実際に考えなければならなかったことのギャップを埋めてもらいましょう。
さらに時間がある人は、実戦力と応用力を身に付けるために慶應大学や東京慈恵会医科大学、順天堂大学などの難関大学の入試問題にも挑戦してみましょう。これらの大学の問題演習を積めば、難問が出てきても慌てずに対応することができるでしょう。

この記事があなたの東海大学医学部合格の手助けになれば幸いです。成功を祈っています。

(参考)
東海大学医学部|キャンパスライフ