目次

  1. はじめに
  2. 概要
    1. 試験日
    2. 試験範囲・試験時間・解答形式
    3. 配点
    4. 出題の傾向
  3. 出題の特徴
    1. 長文読解
    2. 英文法
  4. 試験対策・勉強法とおすすめ参考書紹介
    1. 基本単語、文法の定着
    2. 標準レベルの単語、文法問題に取り組む
    3. 長文問題に取り組む
    4. 過去問・模擬問題を用いた演習に取り組む

tonaki-mjtp-ec
受験にこそパーソナルトレーナーを。4年間、一次試験すら通過できなかった僕が『医学部合格』を勝ち取れた理由
人気記事

1. はじめに

東京医科大学は、東京都の西新宿に位置する私立医科大学で、私立医学部の中ではかなり上位に位置します。また、留学プログラムが充実しており、国外における医療現場に参加して学ぶこともできるのです。カリキュラムポリシーには、次のように記載されています。

1. 6年間の教育到達目標を定め、学習成果をきめ細かく形成的に評価する。
2. 質の高い教養教育とともに、基礎医学と臨床医学を連携した教育を実践する。
3. 能動的学修を促すアクティブ・ラーニングを実施する。
4. 入学早期から、現場やシミュレーション実習により多くの医療を体験しながら学ぶ。
5. 臨床実習に充分な期間を確保し、診療参加型臨床実習を実践する。
6. 行動科学・患者学、医療プロフェッショナリズム、医療倫理、緩和医療など学年を横断して深く学修する。
7. チーム医療教育のため、看護学科や他大学との多職種連携教育を実践する。
8. 知識や技術の評価に加え、コミュニケーション能力や礼儀・礼節も重んじる。
9. ICT を活用した教育を行う。
10. 海外留学の機会も設け、単位として認定する。

(引用元:東京医科大学|入試・入学案内|医学科|ポリシー

2. 概要

2.1. 試験日
一般入試
1次試験:2017年2月4日(土)
2次試験:2017年2月12日(日)

2.2. 試験範囲・試験時間・解答形式
(試験範囲)
・英語:コミュニケーション英語I・コミュニケーション英語II
・数学:数学I・数学II・数学III・数学A・数学B(「数列」及び「ベクトル」)
・理科:『物理基礎・物理』、『化学基礎・化学』、『生物基礎・生物』の3科目から1科目選択。(試験場で問題配布後、選択)
・小論文
・面接
・適性検査
※小論文、面接、適性検査は第1次試験合格者に対してのみ実施します。

(試験時間)
1次試験
・数学(60分)
・英語(60分)
・理科(120分)※2科目選択

2次試験
・小論文(60分)
・面接
・適性検査(50分)

2.3. 配点
1次試験
・英語(100点)
・数学(100点)
・理科(200点)※各100点

2.4.出題の傾向と特徴(概要)
東京医科大学の英語問題は、例年形式は一定しており、文法と長文が中心なので対策も立てやすいのですが、分量が年々増加傾向にあります。試験時間が60分であることを考えると、問題量は医学部の中でもかなり多めで、要領良く解く必要があるでしょう。

近年は、大問1に発音問題、大問2に文法の空所補充問題、大問3に整序問題、大問4と大問5に長文読解問題という構成になっています。長文問題は、近年語数が増加傾向にあるばかりでなく、選択肢の数も増え、2015年には大問5の選択肢が30個になりました。(30個の選択肢から正しいものを8つ選ぶ形式)うまく解かなければ、30個の選択肢を吟味するだけでも時間があっという間に過ぎてしまうことでしょう。また、仮に素早く解ける実力をつけたとしても、長文に40~45分程度は残しておきたいので、それ以外の問題を素早く解答できる文法力も不可欠な要素です。

問題のレベルは、全体的に標準レベルで、特に文法問題は医学部の問題の中では易しい部類に入ると思います。したがって、対策としては標準レベルの長文を速読し、文法問題を即答できる力を養うことが優先されると考えられるでしょう。

3. 出題の傾向と特徴(詳細)

3.1 発音
発音問題はセンターレベルの問題で構成されており、少し対策をすれば高得点が狙えるでしょう。不安な人は発音の問題集を解いても良いでしょうし、単語を覚える際に発音も意識して覚えることによって、正答率を伸ばすことが可能になると思います。

3.2 英文読解
・空所補充問題
読解の空所補充問題は、難易度が難しいというよりも時間がかかる形式と言った方が良いかもしれません。長文そのものは読みやすいのですが、選択肢が多いため、ダミーの選択肢に引っかかってしまわないように注意しながら解かなければならないからです。最後の大問は全問長文の空所補充問題となっており、試験全体に占める割合が非常に大きくなっています。選択肢の数は年々増加傾向にあり、2015年には30択の中から正しいものを8つ選ぶ形式となり、2016年には32択に増加しました。

素早く正確に解くためには文法的アプローチを行った上で、読解的アプローチを使って攻めましょう。例えば、文法的に考えて、この箇所には過去時制が入るから、過去形ではない選択肢を排除します。その上で、各選択肢の意味を考えて解けば、全ての選択肢を熟読する必要が無くなり、各段に速く解くことができるでしょう。

この時に重要なのが、入る形を限定し過ぎないようにする経験値と注意力です。例えば、名詞の後ろにカッコがあったときに、動詞が入るのか、入るとしたらどのような形になるのか、関係詞節が続くのか分詞や不定詞で後置修飾されるのか、など様々な可能性が考えられます。他にも、stop Ving「~するのをやめる」しか覚えていないとstop to V「~するために立ち止まる」に引っかかってしまうでしょうし、場合によってはstop+O+from Ving「Oが~するのを妨げる」が入るのかもしれません。そのようなミスをしない経験と注意力をつけるには、間違えた問題をまとめておき、定期的に復習することが重要です。

・内容真偽問題
内容真偽問題は、解答の該当箇所が明示されていないうえに(例えば、「○○段落の内容に当てはまるものを答えよ。」のような類ではなく、文章全体の内容に一致するもの、もしくは一致しないものを答えなければならない。)、選択肢は2015年は5択でしたが、2016年は6択に増えました。この点も4択の問題よりも時間がかかりがちです。先ほども記述したように、時間配分を考えて解くようにしましょう。

・同義語問題
同義語問題は単語の意味がわかっていれば即答できる問題もあるのですが、あくまで文章で使われている意味に近いものを答えなければならないので、気を付けましょう。というのも、この手の問題は、文章を読まずに解くという人をたまに見かけるからです。必ず前後を読み、正解だと思った選択肢をあてはめてみて、意味が通ることを確認してください。

3.3 英文法
・空所補充問題
大問2の英文法空所補充問題は、センターレベルの典型問題から、少しひねった問題まで幅広く出題されます。選択肢は5択です。この空所補充問題の他、大問1の発音問題と大問3の整序問題を合わせて15分程度で解くことが目安になるでしょう。基本問題は絶対に落とさないように、繰り返し文法問題集を解いておきたいものです。

・整序問題
整序問題は大問3にありますが、ここをいかに速く解けるかが合否に関わると言っても過言ではありません。受験生を見ていると、文法の基礎が固まっていない人ほど、整序問題が苦手で時間がかかる傾向にあるようです。基礎が固まっていない人が整序問題を解くと、本来なら文法的に考える必要のないものまで考えることになるため、時間がかかり、またちょっとしたミスを犯してしまうでしょう。文法問題集は4択の空所補充問題が中心なので、整序問題だけが入っている問題集も解いておくことをオススメします。

4. 勉強法

■Step.1:基本単語・文法の定着
東京医科大学の問題は非常に分量が多いので、文法力を高めて文法問題を素早く解くことも重要ですが、同時に長文を速読する力も重要になります。速読するためにまず必要になるのが単語力です。単語は難易度の高いものを覚えるのではなく、標準レベルで長文でよく目にするものを完璧にしましょう。単語を目にしたときにいちいち日本語に訳しているようでは、速く読むことはできません。まずは下記の基本単語がきちんと身についているかどうか確認しましょう。

『キクタンBasic4000』(アルク)

『システム英単語 Basic 改訂新版』(駿台文庫)

さらに、基本文法のチェックも行いましょう。基本文法は文法問題を解く際に重要であることは言うまでもありませんが、正しく読解する際にも重要です。

『英文法・語法 SPEED攻略10日間』(Z会出版

問題を解いていて、もう少し解説が詳しく欲しい、問題を解いているうちに疑問点が出てきたなどということがあると思いますが、そのような場合には、文法の参考書を読んでみると良いでしょう。ただし、初めから終わりまで全て読もうとすると挫折する可能性が高いと思われるので、辞書のように疑問に感じた部分を調べたり、問題を解き終わった単元だけ読んでみる、といったように細切れに活用する方法がオススメです。文法の代表的な参考書には以下のようなものがあります。

『総合英語Forest』(桐原書店)

『チャート式 基礎からの新総合英語』(数研出版)

■Step.2:標準レベルの単語、文法問題に取り組む

基本レベルの単語が終了したら、次に標準レベルの単語帳に移りましょう。このレベルになってくると、すぐに覚えるのは難しいと思いますが、定着していないと長文を読む際に時間がかかり、制限時間以内に終わらせるのが困難になります。1つ1つの単語をしっかりと覚えることも重要ですが、時間がかかるようであれば、ざっと何度も繰り返し、「見たことが無い単語」を減らすようにしましょう。

『英単語ターゲット1900』(旺文社)

『システム英単語』(駿台文庫)

文法は、センターレベルの問題を完璧にしましょう。センターレベルというと基本知識ではありますが、本当に意味がわかっている状態にするのは容易なことではありません。闇雲に手を出すよりも、1冊を完璧にすることを目指してください。下記に紹介する文法問題集は、後半に発音・アクセントのセクションがあるので、東京医科大学で頻出の発音問題にも対応することができるでしょう。

『改訂版 アップグレード 英文法・語法問題』(数研出版)

『NEXT STAGE 英文法・語法問題 3rd Edition』(桐原書店)

『即戦ゼミ3 英語頻出問題総演習』(桐原書店)

■Step.3:長文問題に取り組む

文法と単語が固まってきたら、長文に入りましょう。完璧にしてから入る必要はありませんが、ある程度は文法を理解し、単語を覚えた状態で入った方が効率が良いです。長文の問題集は自分の気に入ったものを選べば良いと思いますが、下記の問題集はレベル別に分かれているので、自分のレベルに合わせることができます。あまり難しいものに手を出し過ぎると、解くのに時間がかかってしまいますし、理解できないまま問題を解き続けてもなかなか実力が伸びません。まず、平均して1つの文に3つ以上知らない単語が出てきたり、正答率が4割を下回るようなら、レベルを下げてみた方が良いでしょう。ただ、1つの問題集の中でも難しめの長文と簡単めな長文があるので、完璧に自分にマッチしたものを見つけることは難しいと思ってください。

長文問題は、復習が重要です。解いた後、単語の確認はもちろんですが、答えにたどり着くまでのプロセスが合っているかどうかも正解した問題も含め、チェックしてください。選択式の問題の場合、答えは合っているのに解答の根拠を尋ねると見当違いなことを言われることがあるでしょう。それはたまたま当たっていただけなので、正しい考え方を身につけなければ、次は間違えてしまいます。そのようなことを考慮すると、最低でも問題を解くのにかかった時間の7割は復習に使ってほしいものです。

『英語長文レベル別問題集 (3) 標準編』(東進出版)

『やっておきたい英語長文500』(河合出版)

■Step.4:過去問・模擬問題集を用いた演習に取り組む

Step3までで、一通りの対策は行ったことになるのですが、本番はこれからです。恐らく、Step3まで一通り終わった時点の実力では、過去問を解いても時間内に終わらなかったり、正答率が全然合格点に達しないという状態ではないでしょうか? 初めのうちは、過去問の正答率に一喜一憂するのではなく、自分が置かれた状態とこれから伸ばさなければならない点を分析することが重要です。例えば、正答率が低いのに、時間は間に合ったという人は、よく考えずに(答えを確信せずに)答えている可能性が高いでしょう。また、時間が全然足りないという人は、長文を返り読み(日本語の語順になるように、英文を後ろから訳し、前に戻る読み方)をしていたり、文法の知識不足で文法問題を解くのに時間がかかったり、長文を正確に読めていない可能性があります。このように、(1)自分が置かれた状況を把握し、(2)改善策を考え、(3)実行に移し、(4)経過を確認するというプロセスを忘れずに行ってください。

東京医科大学の過去問を解き終わったら、少し難易度は落ちますが、センター試験の過去問(発音問題もあり、問題数も多いのでオススメ)、他の私立医学部の過去問を解いて実力をつけていきましょう。必要だと思ったら、Step1~3のやり直しをしても構いません。私立医学部の長文は、下記の問題集に数多く掲載されているので、一度解いてみると良いでしょう。

『私大医学部への英語』(学研教育出版)

(参考)
東京医科大学|入試・入学案内|医学科|ポリシー