目次

  1. はじめに
  2. 概要
    1. 試験日
    2. 試験範囲・試験時間・解答形式
    3. 配点
    4. 出題の傾向と特徴(概要)
  3. 出題の傾向と特徴(詳細)
    1. 力学
    2. 電磁気
    3. 熱力学
    4. 波動
    5. 原子
  4. 試験対策・勉強法とおすすめ参考書紹介
    1. 教科書内容の確認
    2. 基礎問題で解法をインプット
    3. 標準問題でアウトプットの練習
    4. 過去問・模擬試験を用いた演習

1. はじめに

東京医科大学は、東京都の西新宿に位置する私立医科大学で、私立医学部の中ではかなり上位に位置します。また、留学プログラムが充実しており、国外における医療現場に参加して学ぶこともできるのです。カリキュラムポリシーには、次のように記載されています。

1. 6年間の教育到達目標を定め、学習成果をきめ細かく形成的に評価する。
2. 質の高い教養教育とともに、基礎医学と臨床医学を連携した教育を実践する。
3. 能動的学修を促すアクティブ・ラーニングを実施する。
4. 入学早期から、現場やシミュレーション実習により多くの医療を体験しながら学ぶ。
5. 臨床実習に充分な期間を確保し、診療参加型臨床実習を実践する。
6. 行動科学・患者学、医療プロフェッショナリズム、医療倫理、緩和医療など学年を横断して深く学修する。
7. チーム医療教育のため、看護学科や他大学との多職種連携教育を実践する。
8. 知識や技術の評価に加え、コミュニケーション能力や礼儀・礼節も重んじる。
9. ICT を活用した教育を行う。
10. 海外留学の機会も設け、単位として認定する。

(引用元:東京医科大学|入試・入学案内|医学科|ポリシー

烏丸学び舎
少人数制、個別指導。あなたのための”医学部・難関大専門”予備校が、四条烏丸にあります。
PR

2. 概要

2.1. 試験日
一般入試
1次試験:2017年2月4日(土)
2次試験:2017年2月12日(日)

2.2. 試験範囲・試験時間・解答形式
(試験範囲)
・英語:コミュニケーション英語I・コミュニケーション英語II
・数学:数学I・数学II・数学III・数学A・数学B(「数列」及び「ベクトル」)
・理科:『物理基礎・物理』、『化学基礎・化学』、『生物基礎・生物』の3科目から1科目選択。(試験場で問題配布後、選択)
・小論文
・面接
・適性検査
※小論文、面接、適性検査は第1次試験合格者に対してのみ実施します。

(試験時間)
1次試験
・数学(60分)
・英語(60分)
・理科(120分)※2科目選択

2次試験
・小論文(60分)
・面接
・適性検査(50分)

2.3. 配点
1次試験
・英語(100点)
・数学(100点)
・理科(200点)※各100点

2.4.出題の傾向と特徴(概要)
問題の難易度は基本~標準ですが、試験時間に対して問題数が多いことと細かい数値計算があるということが特徴です。問題の最後に物理定数表や三角関数表が掲載されており、その数値を用いて計算したりもします。以前は厳密な数値計算に特化した出題形式( イ ロ . ハ ×10― ニ の各数字を答えさせる)でしたが、ここ3年は選択肢から選ぶ(センター試験と同じ)形式になり、問題数が増えました。

試験時間に対して問題数が多いので、数値計算においては正確さ同様に速さも求められます。√2、√3などは言うまでもなく、√5、√6、√7、√10、π2、1/π2などの数値は暗記しておいて損はありません。√9.8=7/√5など計算を効率よく行うテクニックは知っておく必要があります。余裕があるのであれば、開平計算もマスターしておくとよいでしょう(教科書の巻末に乗っているものもあります)。時間短縮のために選択肢の数字を見てどれぐらいの精度で計算をしなければならないかを把握する練習なども必要でしょう。

選択肢から選ぶ形式になったことにより、文字式で解答する問題も出題されるようになりました。その際には、解答を求めるだけでなく、似たような10個程度の選択肢から解答を選ぶというところにも神経を使わなくてはいけません。正解を求めることができたのに、選択肢を選ぶところで間違えたというミスは起こりがちです。

出題される分野に関して、選択肢から選ぶ形式になった2014年度以降は力学が3問、電磁気学が3問、熱力学、波動、原子が各1問ずつという形がほぼ固定されています。それ以前は各分野1問ずつという出題でした。

3. 出題の傾向と特徴(詳細)

3.1 力学
選択肢から選ぶ出題形式に変わってから、全体の約3分の1の割合で出題されています。各単元の標準的な問題が出題されており、公式を当てはめて終わりの問題もあります。その中でも水平投射、斜方投射、等加速度直線運動の単元が比較的多く出題されています。

3.2 電磁気
力学同様、全体の約3分の1の割合で出題されています。各単元の標準的な問題が出題されていますが、コイルやコンデンサーを含む振動回路や交流回路に関する問題が他大学よりも多い割合で出題されています。

3.3 熱力学
ここ5年間、毎年必ず1題出題されています。気体の状態変化に関してP-Vグラフを用いたり、混合する問題であったりしますが、単純な状況設定なので解きやすいのが特徴です。

3.4 波動
ここ5年間で4年間、計5題出題されています。光の干渉がほとんどですが、固定端反射の波形に関する問題も出題されています。

3.5 原子
ここ5年間、毎年必ず出題されています。放射線の単位が問われたり、ライマン系列、バルマー系列、パッシェン系列という語句の意味を知っている前提の問題が出題されたりしています。数値計算だけでなく、細かな知識(例えば人物名と実験名など)も整理して覚えておきましょう。

4. 試験対策・勉強法とおすすめ参考書紹介

4.1 教科書内容の確認
教科書に太字で書いてある語句の定義や公式がきちんと頭の中に入っているか確認しましょう。特に公式についてはどの現象のときにどの公式が成り立つのかが分かっていないと問題が解けません。また、公式を正確に覚えていないと正解にたどり着けません。教科書以外にも例えば、
『橋元の物理をはじめからていねいに 力学編』(東進ブックス)
『橋元の物理をはじめからていねいに 熱・波動・電磁気編』(東進ブックス)

4.2 基礎問題で解法をインプット
教科書で学習した内容を実際の問題に使う練習です。まずは基礎的な典型問題をできるだけ短時間で解けるようになるのが目標です。この段階の問題演習には、
『物理のエッセンス』(河合出版)

『物理基礎・物理 入門問題精講』(旺文社)

などを用いるのが良いでしょう。この段階では自分で問題を解く必要はありません(もちろん、解けるようであれば解いても構いません)。
まずは「どのような状況設定の時にどのような解法を使うのかをインプットする」というところに重点を置きましょう。解答・解説をしっかり読んで、別解などもしっかりインプットしましょう。問題を見た瞬間に正しい解法が思い浮かぶようになればこの段階は終了です。

4.3 標準問題でアウトプットの練習
次の段階は、大学受験における定番の問題で実際に問題が解けるかを演習していきます。この段階の問題演習には、
『良問の風 物理 頻出・標準入試問題集』(河合出版)

『物理基礎・物理 基礎問題精講』(旺文社)

などを用いると良いでしょう。

基礎段階でインプットした解法を、入試標準レベルで正しく使うことができるようになることが目標です。この段階では必ず自分の手で解いてみましょう。1問あたり最低5~10分は時間をかけて考えてみて下さい。基礎段階で身に付けた解法をどのように活用するのかを意識しながら解きましょう。また、基礎段階では触れられなかった解法や考え方もあるので、解答・解説もしっかりと読みましょう。この段階は、問題を見た瞬間に解法が思い浮かぶようになり、模範解答が自分で作ることができるようになれば終了です。

4.4 過去問・模擬試験を用いた演習
最終段階は、実際に過去問を解いてみることです。赤本などを利用して時間を測りながら実際の入試のつもりで解いてみましょう。この段階のポイントは「数値計算のスピード」ことと「時間を意識すること」です。 前段階までがきちんとできていれば、問題の解法自体は分かるはずです。あとは東京医科大学の出題形式の中で解けるようになるかです。
数値計算は、赤本の解答には結果しか書いてありませんし、市販の問題集では割り切れる数字を扱っている問題が大部分です。数値計算に関しては過去問が良い教材となります。
時間を意識して効率よく問題を解くかということは、出題形式が変わった2014年度以降はますます重要になってきています。どの問題を先に解き、どの問題を後に回すのかという選択も重要です。複雑な数値計算が必要な問題は、捨てるということも考えなくてはならない場合があります。学校の先生など、身近にアドバイスをもらえる人がいるのであれば必ずアドバイスをもらいに行きましょう。

(参考)
東京医科大学|入試・入学案内|医学科|ポリシー