目次

  1. はじめに
  2. 概要
    1. 試験日
    2. 試験範囲・試験時間・解答形式
    3. 配点
    4. 出題の傾向
  3. 出題の特徴
    1. 長文読解
    2. 文補充
    3. 会話文
    4. 自由英作文
  4. 試験対策・勉強法とおすすめ参考書紹介
    1. 基本単語、文法の定着
    2. 標準レベルの単語、文法問題に取り組む
    3. 長文問題に取り組む
    4. 自由英作文に取り組む
    5. 過去問・模擬問題を用いた演習に取り組む

admin-ajax
看護学部を卒業後、医学部受験に挑戦。卒業後わずか1年で合格を勝ち取った「教科書レベル」からの挑戦
人気記事

1. はじめに

東京女子医科大学は、東京新宿の私立医大で、女子大学かつ医科大学という世界的にも珍しい大学です。2011年には大々的な教育制度改革を行っており、先進的な教育に取り組んでいます。その改革のひとつであるMDプログラム2011には、下記のように定められています。

アウトカムと呼ぶ学生が最終的に到達すべき医師の持つべき実践する力を基に構築された知識・技能・態度の統合
高度先進医療、地域医療、外来医療、海外臨床研修(一部学生)など現代の医師が行う医療の場で医療実践力学修
医学の対象であるヒトと医療者として接する人の正常と異常の統合的学習を通じた全人的医療の実践力学修
科学的思考力・臨床的思考力の統合
医師としての素養、使命感、態度、倫理観、言語・文章作成・情報交換、専門的国際コミュニケーションなどを学年縦断的に学ぶカリキュラム

2. 概要

2.1. 試験日
一般入試
1次試験:平成29年1月26日(木)午前8時50分より(試験会場:京王プラザホテル東京 )

2次試験:平成29年2月8日(水)または2月9日(木)
第1次合格者発表の際にいずれか1日を指定します。
※日程の変更は不可
(試験会場:東京女子医科大学医学部 )

2.2. 試験範囲・試験時間・解答形式
(試験範囲)
・英語:コミュニケーション英語 I・コミュニケーション英語 II
・数学:数学 I、数学 II、数学 III、数学A、数学B(数列、ベクトル)
・理科:[物理] 物理基礎・物理
[化学] 化学基礎・化学
[生物] 生物基礎・生物
(上記の「物理基礎・物理」,「化学基礎・化学」,「生物基礎・生物」の3科目から出願時に届け出た2科目を選択する。)
・適性・小論文(評価は第1次試験合格者選抜には使用せず、第2次試験合格者選抜のときに使用します)
・第2次試験面接(第1次試験合格者に対して実施します)

(試験時間)
1次試験
・数学(60分)
・英語(60分)
・理科(120分)※2科目選択
・小論文

2次試験
・面接(10~15分)

2.3. 配点
1次試験
・英語(100点)
・数学(100点)
・理科(200点)

2.4.出題の特徴(概要)
東京女子医科大学は4題構成となっており、大問1に長文読解問題(自由英作文あり)、大問2に文補充問題、大問3に図表のついた長文空所補充問題、大問4に図表のついた会話問題という形式です。大問2は、ここ数年でかなり傾向が変化しています。2014年以降は今のところ文整序問題となっていますが、これは2010年までの傾向が復活した形です。ちなみに、2011年と2012年の大問2は空所補充と内容真偽問題、2013年は段落整序問題でした。

大問2の文補充問題や大問3、4の図表のついた形式の問題は、類似した問題を出題する大学が無いわけではありませんが、かなり珍しい問題形式と言え、対策をしないと試験本番で戸惑うことになりかねません。問題を解くための英語力をつけなければならないことは言うまでもありませんが、類似した問題を解いて試験の傾向に慣れておくことが重要です。

試験時間が60分であることを考えると、問題量は私立医学部の中でも多い部類に入ります。文補充など論理的思考力を使う問題では、つい長時間考えてしまいがちですが、あまり時間をかけていると後半が厳しくなってしまうでしょう。どうしても時間がかかってしまう人は、最後に回した方が良いかもしれません。

3. 出題の特徴(詳細)

3.1 英文読解
・内容説明問題
指示語などの意味を答える問題で、問題形式自体はそこまで珍しいものではありません。正確に読めていれば問題なく答えられる問題なので、確実に得点したい問題です。

・内容真偽問題
オーソドックスな内容真偽問題は、「正しい(誤っている)選択肢を一つ選べ」という形式が多く、本文全体から探さなければならないことが多いのですが、東京女子医科大学の問題は、「○○について正しい(誤っている)選択肢を一つ選べ」という形式になっていることが多いため、キーワードを手がかりに解答の根拠となる箇所を探すことができます。前述の通り、時間が厳しい問題なので、要領よく答えを見つけていくようにしましょう。

・空所補充問題
大問1(出題されない年度もあり)および3で出題されます。特に大問3は、空所補充問題のみからなる大問になるので、配点はかなり高いとです。この単元が苦手な人の多くは、品詞に関する知識が抜けていることが多いので、品詞(特に形容詞と副詞)を重点的におさらいして、「この位置に入る語は、副詞しかない」など品詞のアプローチで選択肢を削ることができるようになると、正答率が上がると共に、解答時間も短縮されることでしょう。

繰り返しになりますが、本学の入試問題は時間に余裕が無いので、この長文をじっくりと読んでいる時間はありません。素早くおおまかな意味をとらえて読むという練習(速読力をつける練習)が必須です。

・英文和訳問題
英文和訳問題の難易度は、標準的な難易度で難単語が出題されたり、英文の構造複雑ということもほとんどありません。文法力、構文把握力、さらには日本語表現力を高めて、高得点を取りたい単元です。

・主題
例年、大問1に主題を答える問題が出題されます。主題を答える問題形式は他の大学入試問題でもしばしば出題されるので、確認して解き方を習得しておきましょう。選択肢は消去法で考えます。1つの段落にしか関係していない範囲が狭すぎる選択肢はよく出題されるダミーです。また、固有名詞が含まれている選択肢もタイトルとして適切かどうか疑った方がよいでしょう。

3.2 文補充
大問2で出題される文補充問題は、対策を立てておかないと非常に時間がかかってしまいがちなので、注意しましょう。文章の構成を考えることがコツです。英文は一般論が最初に来ることが多く、抽象的な内容の後には具体的な説明が書かれていることが多くなっています。また、よくある実験内容、引用なども文章の最初にくることはまずないでしょう。このように選択肢を限定していけば、比較的早く解けると思います。

3.3 会話文
大問4で出題される会話文は、通常のものとは異なり、図表がついているのが特徴です。通常の会話文であれば純粋に会話内容にだけ神経を集中すれば良いのですが、図表がついていると集中力が分散されてしまいます。少し難易度は下がりますが、センター試験の図表問題などを用いて、傾向に慣れておきましょう。

3.4 自由英作文
大問1の中に自由英作文が出題されるのが、東京女子医科大学の特徴の1つです。ただ、自由英作文と言っても、25語程度と指定されている年度が多く、大量に書かせる類の問題ではありませんので、段落を分ける必要も無ければ、よく言われる一般論→主張→具体例→結論の順に書く必要もありません。正しい構文、単語を用いて自分の考えを書ければ十分で、問題はいかに早く正確に書けるかという点につきます。

4. 勉強法

■Step.1:基本単語・文法の定着
東京女子医科大学の問題は、時間が厳しいため、長文を素早く的確に読めるようにれならなければなりません。速読力をつけるための方法はいろいろとありますが、まずは基本単語を身につけることが必要です。よく知らない単語は推測することができるから大丈夫という人もいますが、推測するにしても時間がかかるため、最初から知っているに越したことはありません。下記に挙げた2冊はすべて瞬間的に意味が言える状態にしておきたいところです。

『キクタンBasic4000』(アルク)

『システム英単語 Basic 改訂新版』(駿台文庫)

英文法の単独問題は今のところ出題されませんが、文法力が完璧でなければ、英作文、英文和訳、さらには長文読解の際に大きな妨げとなってしまいます。あまりマイナーな文法事項まで覚える必要はないので、まずは、下記のような基本的な問題集を2,3冊解いておきましょう。

『英文法・語法 SPEED攻略10日間』(Z会出版

基礎レベルが身についてきたら、標準レベルのものに入りましょう。どれを選んでも構いませんが、長期にわたって使うものなので、レイアウトなどが気に入ったものを選ぶと良いですよ。東京女子医科大学では、英作文が出題されるので、英語→日本語が答えられるだけでなく、日本語→英語も答えられるようにしておくと、本番で綴りを間違えて減点、などということも少なくなるはずです。

『英単語ターゲット1900』(旺文社)

『システム英単語』(駿台文庫)

次に、センターレベルの文法問題集を紹介します。このレベルの問題集は、文法問題が出題される、されないに関わらず、一通りできるようにしておかなければなりません。特に、長文の空所補充問題は、実際のところ文法の知識が問われるというケースも少なくありません。記号の4択であればほぼ全問正解できるようにまで定着したら、是非、日本語訳を見て英訳することに挑戦してみましょう。この練習により、後に行う英作文の基礎を作ることができます。

『改訂版 アップグレード 英文法・語法問題』(数研出版)

『NEXT STAGE 英文法・語法問題 3rd Edition』(桐原書店)

『即戦ゼミ3 英語頻出問題総演習』(桐原書店)

■Step.3:長文問題に取り組む

文法と単語の知識がついてきたら、長文問題に取り掛かってください。東京女子医科大学の場合、長文そのものの難易度は高くないので、標準~MARCHレベルと書かれている長文問題集が解けるようになれば問題ありません。下記に挙げる2冊はレベル別に分かれているので、自分に合ったものを選ぶことができるでしょう。

また、図表つきの長文問題が出題されるので、その傾向には慣れておきたいものです。残念ながら図表つきの長文問題集というのはほとんどありませんが、センターの大問4に図表問題が出題されるので、過去問や模擬問題集を解いてみましょう。

『英語長文レベル別問題集 (3) 標準編』(東進出版)

『やっておきたい英語長文500』(河合出版)

■Step.4:自由英作文に取り組む

続いて、自由英作文に取り組んでみましょう。ただ、1つ断っておきたいのは、普通の自由英作文は100語程度書くタイプが多く、単に正しい英文が書けるというだけでなく、一般論→主張→具体例→結論など論理的なスタイルで書くものを言います。

ところが、東京女子医科大学の場合は25字程度と指定されている年度が多く、当然のことながら、上記のようなスタイルで書こうとすれば大幅に字数オーバーとなってしまうでしょう。すなわち、自分の考えとその理由を簡潔に1文ないしは2文で書ければ十分と言え、普通の和文英訳対策を通じてミスのない英文を書けるようにする練習が有効なのではないかと思います。まずは英作文入門のテキストから始め、徐々にレベルを上げていくと良いでしょう。

『入門33パターン はじめる!英作文』(旺文社)

自由英作文対策の教材も是非取り組んでみてください。トピックが多く掲載されており、模範解答がついているので、それを覚えておくと、すべてではなくても部分的に使えるということはあるでしょう。

『[自由英作文編]英作文のトレーニング』』(Z会出版)

■Step.5:過去問・模擬問題集を用いた演習に取り組む

最後に、過去問・模擬問題に取り組んでください。入試の時間が厳しいため、過去問は時間を計って解いた方が良いでしょう。また、東京女子医科大学には図表つきの長文問題が出題されます。他大学であれば、先述したセンター試験や東海大学、埼玉医科大学などで図表つき長文が出題されるので、参考にしてください。

他大学の医学部の長文が集まった問題集には以下のものもあるので、一度解いてみるとよいでしょう。

『私大医学部への英語』(学研教育出版)